現場ブログ

ナノテクノロジーにラジカル制御のフッ素塗料、ナノコンポジットF

未だに車は空を飛んでいませんが、科学の進歩は恐ろしいものです。21世紀はITの他にナノテクノロジーの時代とも言われています。外壁塗装の分野でナノテクノロジーが応用されている塗料がナノコンポジットWです。ナノコンポジットWはシリコンをベースとしていましたが、2016年にフッ素をベースとしたナノコンポジットFが登場しました。

 

ナノコンポジットにフッ素登場 ラジカル制御型ハイブリッド

ベースとなる樹脂を変えてシリーズ展開するというのはよくある販売戦略ですが、ナノコンポジットFはその他にもとんでもない変更が加えられていました。ベースとなる樹脂をシリコンからフッ素に変えればそれだけで耐用年数が3~5年以上、伸びます。ナノコンポジットFはそれだけにとどまらず外壁塗装塗料のトレンド、ラジカル制御型のハイブリッドの機能も付加されていたのです。

 

イオンの外壁にナノコンポジットが採用されたマックの外壁にナノコンポジットが採用された

ナノテクノロジーによって作り上げられたナノコンポジットは耐用年数が長めの塗料です。それに紫外線による塗膜の劣化を抑える紫外線吸収剤、劣化の原因となる物質が発生した場合、それを閉じ込める安定剤、これら2つが加わってしまったらどうなるのでしょうか。とんでもなく耐用年数が長い、長寿命の塗料になることは間違いありません。

 

ナノコンポジットFの工程は専用の下塗り材を用い、専用の中塗り材、そして仕上げにナノコンポジットFの上塗りとなります。

 

ちなみにナノコンポジットWはこれまでに小売を営んでいる数々の企業に採用されてきた実績もあります。具体的な企業名は出せませんが、きっと各企業様は味なことやる塗り替えだったり、最高の価値がある外壁塗装だったり、お値段以上の工事になったと思います。



貴方のお住まいにマッチする塗料とは?の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

コメントは停止中です。

貴方のお住まいにマッチする塗料とは?の一覧

錆止め塗装

お住まいの外周りの錆の補修に「ラスゴン補修用スプレー」

   最近は錆に強い建材が多くなり、お住まいの外周りで錆に困るということは少なくなりました。しかし、それでもさまざまな部分の錆に悩まされているという方も多いのではないでしょうか。金属製の物置や収納ボックス、金属製の塀や門扉、郵便ポストやその支柱、カーポートなど、錆が出てきて困る部分はたくさんあります。 ...続きを読む

プレミアムシリコン

エスケー化研のハイブリッド塗料「エスケープレミアムシリコン」

   日本の三大塗料メーカーと言えば、日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研です。このうち、建築仕上げ塗材のトップシェアを誇るのがエスケー化研です。2015年度のシェアは約53%ですから、半分以上をエスケー化研が占める状態です。そのエスケー化研のハイブリッド塗料が「エスケープレミアムシリコン」です。製品...続きを読む

関西ペイント「アレスダイナミックTOP」

お客様からハルスハイブリッド塗料についてご質問がありました

   本日、お客様から「ハルスハイブリッド塗料について教えてほしい」とご質問を受けました。ご質問の骨子は「下塗り、中塗り、上塗り、どの工程で使うものなのか」、「どの程度の寿命があるものなのか」です。ハルスハイブリッド塗料は劣化の原因となる『紫外線を吸収する』、『劣化の原因となる物質(ラジカル)が発生したら...続きを読む

ナノコンポジットにフッ素登場

ナノテクノロジーにラジカル制御のフッ素塗料、ナノコンポジットF【現在閲覧中!】

   未だに車は空を飛んでいませんが、科学の進歩は恐ろしいものです。21世紀はITの他にナノテクノロジーの時代とも言われています。外壁塗装の分野でナノテクノロジーが応用されている塗料がナノコンポジットWです。ナノコンポジットWはシリコンをベースとしていましたが、2016年にフッ素をベースとしたナノコンポジ...続きを読む

杖を持ったご老人

床、階段、スロープ、滑りやすいところに滑り止め塗料

   湿気が多い日や雨の日、ご自宅の玄関の床、外の階段やスロープ、ウッドデッキ、溝に掛けられたグレーチングで滑って転んでしまったり、滑りそうになってヒヤッとしたことはありませんか。痛かった程度の転倒やヒヤリで済めばよいですけども、打ち所が悪ければ大怪我をしますし、命に関わることもございます。私は滑った際、...続きを読む

研究室

伝染病の予防に効果あり!アレスシックイ

   その昔から使われている塗り壁材の「漆喰」。消臭機能やホルムアルデヒドの吸収、湿度の調整、二酸化炭素を吸収することから健康に良い、人に優しい建材として知られています。その漆喰になんとウィルスを不活性化させるはたらきがあることが分かりました。HIVのほか、エボラウイルス、鳥インフルエンザウイルスを不活性...続きを読む

トリプル遮熱効果

トリプル遮熱にラジカル制御、「パーフェクトクーラーベスト」

   日本ペイントで人気の外壁塗装用塗料と言えば「パーフェクトトップ」。好評なので「パーフェクトシリーズ」として展開されており、外壁用塗料の他、防水材として「パーフェクトプルーフ」が存在します。そして、この度「パーフェクトシリーズ」に屋根用遮熱塗料の「パーフェクトクーラーベスト」が加わりました。日本ペイン...続きを読む

ナノコンポジットWの親水性

ナノコンポジットWの親水性を調べてみました

   外壁塗装で使う塗料の分類にはさまざまなものがあります。水性と溶剤、シリコン・フッ素といったバインダーでの区分、その中でも今回は親水性と疎水性(撥水)で分けてみました。ナノコンポジットWは親水性の塗膜であり、外壁が汚れてしまっても雨水が汚れの下に入りこむので、セルフクリーニングできるという優れものです...続きを読む

色名はウエザーケーブ

ちょっと複雑?アイジー工業の製品名について

   ガルバリウム鋼板を使用した屋根材や外壁材を販売しているアイジー工業、弊社でも外壁カバー工事などでお世話になっております。製品の名称はその建材の機能や特徴を表しているのですが、慣れない方にはちょっと複雑なのではないでしょうか。今回はその見方をご説明いたします。     こち...続きを読む

アレスダイナミックTOP

関西ペイントのハルス塗料「アレスダイナミックTOP」

   外壁塗装に使われる塗料には様々なものがございますが現在、各メーカーが熾烈な競争を繰り広げているのがハルスハイブリッド塗料と呼ばれる分野です。価格は一般的なシリコン塗料とほぼ同じながらも耐用年数が長く、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。日本三大塗料メーカーの関西ペイントからもついにハルス系の塗料...続きを読む

陸屋根の防水

遮熱効果のある屋上防水をしてみませんか

   建物への蓄熱を防ぎ、夏の暑さを緩和してくれる遮熱塗料。普通は屋根塗装に使われることが多いのですが、外壁用に開発されたものもあります。さらに現在ではウレタン防水に遮熱効果を持たせることができるのです。     クールタイトHI工法は専用のプライマーを塗布し、その後、クールタ...続きを読む

鉄の扉の錆

除去しきれない錆の進行を止める「ハイポンサビスタ」

   どんな建築物でも年月を経るとお手入れが必要になってきます。その中でも金属部の錆は厄介なものです。建物の改修時や塗り替え時にはその錆を完全に除去してあげることが理想ですが、様々な理由から不可能なことがあります。形状が複雑だったり、狭かったりして完全にケレンできないような部位、粉塵や騒音、火花を出せない...続きを読む

一階外壁がタイルのお住まい

陶磁器タイルの目地を劣化から守る塗料「グラシィガード」

   お住まいの建材の中で非常に耐久性が高いものとしてあげられるのが陶磁器がベースとなっているものです。陶器瓦は色褪せもほとんどしませんし、寿命は50年とも言われています。また同じ原料から作られる外壁材の陶磁器タイルは外壁塗装の必要がないともいわれています。どんなに頑健で劣化の心配のない建材は頼もしいので...続きを読む

サーモアイ

外壁塗装・屋根塗装に使われる1液反応硬化形塗料の特徴

   ほとんどの場合、お住まいの塗り替えは十数年に一度ですよね。現在、外壁塗装を検討している方は2000年代にお住まいを建てた方や塗り替えをした方だと思います。2002年、塗料に革命的なことが起こりました。それまで2液型塗料が主流でしたが、その性能に迫る1液型塗料が登場したのです。   ...続きを読む

楽セツ塗料

大変な屋根の雪下ろしを楽にする「楽セツ塗料」

   「所変われば品変わる」ということわざのように、同じ「雪」に関しても地方によって全然事情が違います。比較的温暖な南関東では雪が降ることが少なく、もし積もってしまった場合、屋根からの落雪でご近隣に迷惑をかけないよう雪止めをつけることがほとんどです(2014年の大雪以来、屋根塗装の際に「雪止めをつけてほし...続きを読む

水系ナノシリコンで屋根塗装 竣工

屋根塗装で汚れにくい屋根にしたいという方に「水系ナノシリコン」

   外壁の汚れを気にされる方はたくさんいらっしゃいますが、屋根の汚れを気にされる方はあまりいらっしゃいません。これは屋根が見えづらいからではないでしょうか。お住まいの立地によっては屋根がよく見えるという方もいらっしゃいます。そのような方はやはり屋根の汚れを気にされているようです。   ...続きを読む

石材調仕上げエントランス

石材調仕上げでオシャレな外壁に「ジキトーンセラアートSi」

   建物のエントランスやお住まいの玄関周りに施工されることが多い石材調仕上げ、重厚で高級感のあるところが素敵ですよね。外壁塗装によって天然石の風合いを再現するのですが、普通の塗装に較べると工程が多くなり、その分費用の方も高くなってしまいます。一般的な外壁塗装の場合、下塗り・中塗り・上塗りの3工程です。 ...続きを読む

横浜ワールドポーターズ屋上

遮熱塗料「ミラクール」の住宅用ブランド『絶対遮熱王』

   皆様は屋根塗装・外壁塗装で使われる遮熱塗料「ミラクール」をご存知でしょうか。「ミラクール」はどちらかというと工場やショッピングセンターなど主に法人向けで、これまで個人の住宅への施工はあまりありませんでした。そのミラクールが昨年から展開している個人のお客様向けた戸建て住宅用の遮熱塗料ブランドが『絶対遮...続きを読む

エアコンのリモコンと設定温度

外壁塗装で使われる断熱塗料の共通点

   ちょっとお値段は高いけども、暑さ・寒さを防ぎ、一年に渡って光熱費を削減してくれる断熱塗料。外壁塗装にも屋根塗装にも検討してみたい塗料ですよね。その断熱塗料で一番の知名度を誇るのはガイナですが、他のメーカーからも発売されており、メジャーからマイナーなものを含めるとかなりの数になります。それら断熱塗料に...続きを読む

キシラデコールで塗装されたウッドデッキ

ウッドデッキ・ラティスなど木部の塗装に「キシラデコール」

   ウッドデッキがあるお住まい、素敵ですよね。ウッドデッキなどの木部は外壁よりも耐候性が低く、使用環境にもよりますが数年おきのメンテナンスが必要です。風雨による風化はもちろんこと、カビや腐食、害虫による食害にも気をつけなくてはなりません。そのような木部の塗り替えにピッタリなのが「キシラデコール」です。 ...続きを読む

桜島

シラス台地から作られた断熱塗料「シラスバルーンペイント」

   九州南部に分布するシラス台地をご存知でしょうか。2万5000年前に堆積した火砕流であるこの大地は水捌けが非常によく、水田には向いておりません。また水を含むと土砂崩れを引き起こしやすいことから、住宅地には不向きでした(現在は住宅地として利用されています)。     そんなシ...続きを読む

こぼれたカクテル

内壁塗装で汚れが落としやすい壁にする「セラミフレッシュIN」

   いつのまにかついてしまう室内の壁の汚れ、嫌ですよね。スイッチの周りには手垢汚れが付きますし、うっかりコーヒーや料理をこぼしてしまったそれが染み込んでしまうこともあります。また、タバコの煙も室内を汚します。そんな汚れをさっと一拭きで落とせたら、お掃除も楽ですよね。   「セラミフ...続きを読む

1液ハイポンファインデクロ

金属部分の塗装には錆止め塗料の下塗りが必要です

   お住まいによってほとんどないところとたくさんあるところが分かれるのが鉄部などの金属部分じゃないでしょうか。門塀、フェンスなどの柵、外の階段などが金属のお住まいもあれば、そうでないお住まいもあります。鉄などの金属部分の塗装には金属部分の塗装には錆止め塗料を下塗りし、それから中塗り・上塗りと重ね塗りして...続きを読む

壁紙の上からでも塗れるエコフラット100

有害物質を吸着する室内用塗料「エコフラット100」

   建材に含まれるVOC(揮発性有機化合物)がシックハウス症候群の原因と言われています。VOCは建材に含まれる接着剤、外壁塗装用塗料に少なからず含まれていましたが、現在ではその含有率を下げようとどのメーカーも頑張っています。日本ペイントの「エコフラット100」は超低VOCなだけでなく、大気汚染物質のホル...続きを読む

JR博多シティ入り口

蓄熱しやすい外壁材への塗装なら遮熱塗料の「クールテクト」

   近年、都市部で問題なっているのがヒートアイランド現象です。暑い夏の昼間、コンクリートのビルやアスファルト道路には容赦なく日光が注ぎ、高温になります。コンクリートやアスファルトは蓄熱しやすい建材です。昼間に熱を貯めこみ、夜になると放出するので熱帯夜の原因とされています。熱帯夜になればエアコンの稼働率も...続きを読む

塗料のペットへの影響が心配

ホルムアルデヒトを吸着・分解する屋内用塗料「エコフレッシュクリーン」

   室内の壁を塗り替えたいという方は以外に多いのですが、ネックとなっているのが臭いと塗料から出る化学物質です。特にホルムアルデヒトは人体に悪影響を及ぼし、シックハウス症候群の原因のひとつであるとされています。赤ちゃんや小さなお子さん、ご老人、ペットがいるご家庭では特に心配ですよね。   ...続きを読む

サーモアイウォール

外壁塗装用の遮熱塗料「サーモアイウォール」

   屋根塗装には遮熱塗料というのが最近の人気です。世の中には様々な屋根塗装用の遮熱塗料がありますが、弊社で人気なのがサーモアイシリーズです。サーモアイシリーズの中で外壁塗装用の塗料が「サーモアイウォール」です。太陽が出ている間はずっと日に当っている、都市部でヒートアイランド現象に悩んでいるお客様にお薦め...続きを読む

スプレーで塗装中

透明ガラスをくもりガラスにする塗料「ウインドカラー」

   外壁塗装を行ったり、お部屋の模様替えをしたりした時、透明な窓ガラスをくもりガラスに変えたいと思ったことはないでしょうか。隣の空き地に家がたってしまい、これまでの透明な窓ガラスだとプライバシーが確保できなく嫌だなと思ったことはないでしょうか。   透明なガラスをDIYでお手軽にく...続きを読む

暗めの部屋

室内塗装で暗いお部屋に明るさを「高拡散反射塗料アカルクス」

   弊社は外壁塗装センターですが、塀や門、擁壁の塗装も承っております。雨漏りでお部屋に雨染みができてしまった場合、塗装して綺麗にすることもできますのでお悩みの方はご相談ください。   お部屋内部を塗装をご検討している方にぜひお薦めしたいのが「高拡散反射塗料アカルクス」です。こちらは...続きを読む

セメント瓦 塗装中

屋根塗装には遮熱塗料がお薦めとは限りません

   11月も下旬、そろそろ夏の暑さが恋しくなってくる季節ではないでしょうか。夏の暑さ対策として有効なのが屋根塗装に遮熱塗料を使うことですが、私たちは全てのお客様に薦めているわけではありません。お住まいによっては向いていないものもあるからです。     ●屋根に使われている建材...続きを読む

カーコーティングされた高級車

外壁塗装後のさらなる重ね塗り、超低汚染を長続きさせるコーティング材

   コーティング剤と言いますと、一般的にお車のものを思い浮かべるのではないでしょうか。実は外壁塗装にも同じものがあるのです。日本ペイントから発売されているにコーティング材の「クリスタコート」は仕上げの上塗りをした後に塗布することによって、外壁の綺麗を長続きさせることができます。   ...続きを読む

ホースと水

クリア塗装か塗り替えか、サイディングの外壁塗装に迷ったら

   現在、お住まいの外壁材として最も多く使用されているサイディング、タイル調のものがあったり、表面に美しい模様があしらわれていたりとデザインが優れているものが多数、存在します。サイディングの外壁塗装を考えた時、クリア塗装で新築時のようにするのか、思い切って塗り替えてしまうのか、大変悩むと思います。今回は...続きを読む

青空の下で喫煙中

タバコの汚れに強い塗料「ケンエースG-2」

   マンションなどの室内でタバコが吸えずにベランダで喫煙する方々を一時期は蛍族と呼んでいましたが、現在は受動喫煙や火災などの危険性からほとんどで禁煙になっているそうです。戸建てにお住まいの方でも奥さんなどから「喫煙は外でするように」と言われている方も多いのではないでしょうか。   ...続きを読む

バラの花

外壁塗装時の臭いが気になる方、バラの香りの塗料はいかがですか

   「外壁塗装時の臭いが気になる」、「外壁塗装時の臭いでご近所に迷惑をかけないか心配」という方はたくさんおられます。塗料には油性(溶剤)と水性があり、水性の方が臭いは少ないので、そのようなお客様には水性での塗り替えをお勧めしています。ただ、臭いが少ないといっても、良い香りではありません。敏感な方には辛い...続きを読む

雨の日の交差点

雨の日でも外壁塗装できる塗料が発売されていた

   今年の8月後半、9月は天候が不順な日が続きましたね。そんな中、驚くべき塗料が発売されていました。タイトルを見ればお分かりになるとおり、何と雨の日でも屋根塗装や外壁塗装できる塗料が発売されていたのです。関西ペイントから発売された「アレスダイナミックフィラー」は濡れた面にも塗装できるのという従来の常識を...続きを読む

住宅地に並ぶ屋根

勾配によって屋根塗装の寿命が変わるかも

   先日、新築住宅の折込み広告を見ながら、最近の外壁の色の流行をチェックしていた時、ふと気付いたことがありました。最近の新築のお住まいは太陽光発電の設置をウリにしています。その折り込み広告のお住まいの屋根の上には勾配にあわせた角度で太陽光発電が設置されていたのです。太陽光発電というのは発電効率を最大限に...続きを読む

サンプル塗料 色見本

外壁塗装・屋根塗装用のサンプル塗料が届きました

   弊社ではお客様に良い工事をご提供するのが使命だと考えています。良い工事の中には「良い塗料で外壁塗装・屋根塗装を行う」ことも含まれています。そのために弊社では様々な塗料メーカーからサンプルを取り寄せて、テストを行っています。本日はそのサンプル塗料が届きました。     2液...続きを読む

DIYで外壁塗装

DIYで外壁塗装って難しいの?

   愛着のあるお住まい、できるだけ自分で手を入れて長く大切に住みたいと思っている方がほとんどでしょう。「自分でお住まいを塗り替えたい」と検討になっている方も多いのではないでしょうか。DIYや日曜大工を趣味にしていれば、「いつかは我が家という大物を…」と血が騒ぐ方もおられるでしょう。では、実際にDIYで外...続きを読む

外壁塗装・屋根塗装、塗料の試験器具

外壁塗装と屋根塗装用塗料の「化学的な試験」

   普段はあまり意識しませんが、モルタルやコンクリートなどの外壁、スレートなどの屋根材はアルカリ性です。なので、モルタルやコンクリート、スレートなどに外壁塗装や屋根塗装する際、塗料はアルカリ性に耐えるものでなくてはなりません。JISの定める試験には塗料の耐アルカリ性や耐酸性を調べる試験もあります。モルタ...続きを読む

開封したばかりの塗料

外壁塗装と屋根塗装用塗料の「塗料液に関する試験」

   お住まいの外壁塗装や屋根塗装に使う塗料は液体です。それが缶などの容器に詰められて、流通しています。JISが定めた規格は厳しいもので、この液体の性質に関しても試験項目が存在します。     ●保存性に関する試験~保管した際の性能の維持~ 塗料は使用されるまで容器に密閉...続きを読む

鉛筆

外壁塗装と屋根塗装用塗料の「引っかき傷試験」

   外壁塗装や屋根塗装の塗料は様々な試験を受けてから、市場に出回ります。それぞれの試験はJIS(日本工業規格)よって形式と規格が定められており、同一の条件下でテストが行われるのです。その中でも今回は引っかき傷や曲げなどの物理的な試験をご紹介します。     ●塗膜の硬さを測る...続きを読む

ゲリラ豪雨

外壁塗装と屋根塗装用塗料の過酷な「耐湿潤性冷熱繰返し性試験」

   外壁塗装や屋根塗装に使われる塗料は耐久性と品質を満たすため、JIS(日本工業規格)よって定められた試験が行われています。促進耐候性試験にも明確な規定があり、それに沿って行われているのです。今回は塗り替え後の塗膜の耐久性を測る試験である「耐湿潤性冷熱繰返し性試験」をご紹介したいと思います。 &n...続きを読む

パーフェクトフィラー

外壁塗装のお見積もり時の疑問点「塗料の量が多過ぎでは…」

   お隣の家とほぼ同じ大きさなのに見積りに記載されている塗料の量が数倍も多いとしたら、皆様はどう感じるでしょうか。不安に感じますよね。   外壁塗装では同じ面積を同じ塗料で塗った場合でも、必要量が同じとは限りません。サイディングやモルタルなど外壁材の違いによって大きく異なることが普...続きを読む

パーフェクトフィラー

外壁塗装・屋根塗装の素朴な疑問「塗料の可撓性って何?」

   外壁塗装・屋根塗装といった工事の専門用語は難しいですよね。一般の方には分からないことも多いのではないでしょうか。普通の生活を送る上ではほぼ聴くことのない『可撓性』についてご説明します。   『可撓性』、「かとうせい」と読みます。読み方からして難しいですね。そして、読み方が分かっ...続きを読む

桜島、火山を利用した屋外暴露試験

外壁塗装・屋根塗装の素朴な疑問「塗料の耐候性試験って何?」

   外壁塗装や屋根塗装に使われる塗料はその耐久性を測るために耐候性試験を行います。長期的に見て、どのように劣化していくのか、どのように変質していくのかをテストし、記録するのです。その耐候性試験には2つの方法があります。促進耐候性試験と屋外曝露試験です。     ●促進耐候性試...続きを読む

屋根下塗り

プライマー、シーラー、フィラー、外壁塗装の下塗り材は実に多種

   断熱や遮熱、低汚染や防汚、外壁塗装の塗料に様々な機能が付加された現在、そればかりに目がいってしまいがちです。確かに塗り替えの主役は塗料ですが、私たちは最も重要な工程は下地処理と下塗りにあると考えています。外壁塗装の下塗りに使う塗料はプライマー、シーラー、フィラーなどがありますが、なぜ複数も種類がある...続きを読む

サーモアイ専用シーラー

屋根塗装の気になる点「遮熱塗料の日射反射率の経年変化」

   黒は日光をよく吸収する色として知られています。反対に白は日光を反射する色として知られています。遮熱塗料も白に近い色の方が日射反射率が高く、効率が良いことが分かっています。屋根や外壁は経年で汚れていき、黒くなっていくわけですが、日射反射率はどの程度、落ちてしまうのでしょうか。   ...続きを読む

塗料の乾燥時間表

外壁塗装の様々な制限時間~乾燥、可使、中塗り、使用期限~

   外壁塗装や屋根塗装には守らなくてはいけない様々な時間が存在します。今回はそれらをまとめてみました。     ●塗料を乾かすための乾燥時間 外壁塗装には塗るという工程だけでも、シーラーやフィラーを使う下塗り、ご依頼いただいた塗料で塗る中塗り、再びご依頼いただいた塗料で...続きを読む

ルーフマイルドSi

屋根塗装の塗料、1缶で塗れる面積は?

   先日は外壁塗装に使われる塗料1缶で塗れる面積をお伝えしたので、今回は屋根塗装の塗料について同様のことをお話したいと思います。屋根塗装の塗料も一斗缶に詰められて流通しています(ペール缶と言われる円筒形の容器に入れられているものもあります)。入っている量は外壁塗装の塗料と同様15kgです。この量でどの程...続きを読む

中性洗剤とブラシ

外壁塗装、塗り替え後のお手入れは?

   外壁塗装をしてすっかり綺麗になったお住まい、いつまでもピカピカを保ちたいですよね。そこで今回は塗り替えをした後のお手入れについてご説明したいと思います。     ●基本は優しく水洗い、汚れが目立つようなら中性洗剤を薄めて使用 お手入れが必要かどうかは環境によって大き...続きを読む

一斗缶

外壁塗装の塗料、1缶で塗れる面積は?

   外壁塗装に使われる塗料は下の画像のような一斗缶に詰められて流通しています(ペール缶と言われる円筒形の容器に入れられているものもあります)。入っている量は15kgです。この量でどの程度の面積が塗れるのでしょうか。     平均的な大きさと言われる30坪のお住まいの外壁の総面...続きを読む

合成樹脂ペイント

外壁塗装の衝撃の真実、ペンキと塗料は違うものだった

   外壁塗装に使われる塗料は「ペンキ」であると認識している人は今でも多いと思います。正確にいうと、外壁塗装などにペンキが使われていたのは過去であって、現在はほぼ使われていないそうです。     いわゆるペンキはオイルペイント(OP)と呼ばれるもので、植物油(ボイル油)などで稀...続きを読む

賞味期限

外壁塗装の塗料にも使用期限があります

   毎日、暑いですね。暑い季節は食中毒にも気をつけなくてはなりませんから、食べ物の賞味期限や消費期限にも敏感になりますよね。     実は外壁塗装に使う塗料にも使用期限があることをご存知ですか。塗料によっては5ヶ月以内に使用しなければならないのです。現在、カップめんの賞味期限...続きを読む

ベランダ・バルコニー

ベランダ・バルコニーにもメンテナンスが必要です

   お住まいの外装リフォームというと外壁塗装や屋根塗装が一般的ですが、他にも必ずメンテナンスしないといけない部分があります。ベランダやバルコニーです。2階建てや3階建てのお住まいの場合、ほとんどがベランダやバルコニーを備えているでしょう。実はこの部分、お住まいの中でも特に傷みやすい部分なのです。 ...続きを読む

ベランダと猫

外壁塗装の塗料の安全性を示すF☆☆☆☆

   外壁塗装に用いられる塗料の中には「シックハウス症候群」の原因物質のうちの一つであるホルムアルデヒドが含まれています。「F☆」はそのホルムアルデヒドの放散量を判別するために設けられた指標で、塗料だけでなくJIS認定を受けた建材に表示することが義務付けられています。健康被害は人間だけでなく、ペットにも深...続きを読む

外壁塗装中

窯業系サイディングの外壁塗装に不向きな塗料とは

   現在、お住まいの外壁材として最も使われているのがサイディングです。サイディングも窯業系、金属系、木質系、樹脂系といろいろありますが、一般的なものは窯業系でしょう。この窯業系サイディングのサイディングの外壁塗装に向いていない塗料があることをご存知ですか。     ●弾性塗料...続きを読む

ポケモンジェット

航空機用塗料を応用した屋根の遮熱塗料「パラサーモSi」

   宇宙直系の断熱塗料といえば「ガイナ」が有名ですが、ロケット直系の技術を応用したお住まい用の塗料は他にもあります。日本特殊塗料の屋根塗装用塗料「パラサーモSi」です。   社名からして凄そうな会社は1929年に航空機用塗料会社として設立されました。ご存知の方も多いと思いますが、終...続きを読む

火災を消し止める消防車

外壁塗装で火災に強いお住まいへ

   火事って恐いですよね。ちょっとした不注意から起こるものですし、住宅密集地では近くで火災があれば、延焼してしまう可能性もあります。     外壁塗装に使う塗料というと、一般的に石油を原料としているだけに燃えやすいものも多いのです。今年の2月、首都高で起こった火災は塗料を希釈...続きを読む

パーフェクトトップ

外壁塗装で使われるハルスハイブリッド塗料とは?

   世の中はよりエコな方向へ。時代が進むにつれ、お住まいに使われる建材はより進化してきました。外壁塗装に用いられる塗料も例外ではなく、より長持ちするもの、長く綺麗を保つものが登場しています。今回はハルスハイブリッド塗料をご紹介します。     ●ハルスは紫外線によって発生する...続きを読む

エラストコート

20年相当の耐候性試験をクリアした塗料「エラストコート」

   お住まいのお手入れ、「できるだけ手を抜きたい」のが本音という方も多いのではないでしょうか。そのような方にとっては一度、外壁塗装をしたら、次の塗り替えまでできるだけ長い時間を取りたいですよね。現在、フッ素をはじめ耐用年数が長い塗料はいろいろありますが、弊社一押しなのが100%アクリル塗料の「エラストコ...続きを読む

ロケット

ひまわり8号運用開始記念、断熱塗料ガイナのお話

   大きく報道されていたのでご存知の方も多いと思いますが、今月7日からひまわり8号が無事に運用を開始されました。     これまでのひまわりと大きく違うところは静止気象衛星としては世界初となるカラー画像が作成できること、観測機が大幅に強化されたことによって台風や集中豪雨をもた...続きを読む

お住まいと車

駐車場を遮熱塗料で塗装してみませんか

   真夏のアスファルトやコンクリートの道路の照り返し、とても暑いですよね。この暑さ、夜になって気温が下がるとアスファルトやコンクリートに蓄えられていた熱が放出されるので、熱帯夜の一因になるとされています。ヒートアイランド現象と呼ばれ、都市部では問題になっています。     一...続きを読む

七夕 短冊

お庭の遊具や手摺り、バルコニーに遮熱塗料はいかがですか

   今日は七夕ですね。七夕というと、日本では雨が降ると天の川が荒れてしまい、織姫と彦星が会えないという残念な結果になってしまいますが、お隣の大陸ではちょっと事情が違うようです。何でも、雨が降ると分厚い雲がかかるので、偉い神様からの目隠しになって邪魔されずにゆっくりとデートを楽しむことができるのだとか。雨...続きを読む

サーモアイと専用シーラー

屋根塗装は遮熱、外壁塗装は低汚染が人気の組み合わせ

   足場の架設費用を考えると、外装リフォームはまとめて工事した方がお得です。屋根塗装をお考えなら外壁も、外壁塗装をお考えなら屋根も、ぜひご検討ください。これから外壁塗装や屋根塗装をお考えの方、最近塗り替えを行った方がどんな塗料を使ったか興味、ありますよね。そこで今回はお客様に人気の塗料をご紹介します。 ...続きを読む

サーモアイシーラー

遮熱塗料の色選び、色によって日射反射率が変わります

   同じメーカーの同じ遮熱塗料であっても、色によって性能が変わるということをご存知でしょうか。一般的に知られているように白は日光をよく反射し、黒はよく吸収します。これと同じように明るい色の遮熱塗料の方が日光をよく反射し、暗い色の方が日光を吸収するので温度が上昇しやすいのです。 では、どこまで違うの...続きを読む

色見本

色見本にない色でも外壁塗装できる!それが調色です

   外壁塗装の色選び、多いに悩むところですが、楽しい一時ではないでしょうか。塗り替えられたお住まいのことを考えるとワクワクしますよね。     さて、その色選びですが、通常は上のようなカラーサンプルを渡され、その中から選びますよね。こういったカラーサンプルは人気色が掲載されて...続きを読む

真夏の太陽

外壁と塗膜への紫外線の影響を考える

   外壁は四六時中、外部環境の様々な影響を受けています。風雨の他、雪、雹、霧、霜、直射日光に排気ガス、果ては地震などの振動と傷つけるものを挙げたらきりがありません。これだけの原因があるのだから、傷むのは当然です。定期的に外壁塗装が必要なのも分かりますよね。   さて、今回は外壁の劣...続きを読む

梅雨のカタツムリ

外壁塗装とお天気の関係

   ここ数日、パッとしない空模様で関東もそろそろ梅雨入りかなと思っていたら、昨日、入梅していました。さて、本日はお天気と外壁塗装について書きたいと思います。多くの方が思っているでしょう。「雨の多いこの時期、外壁塗装には不向きなんじゃないかしら…」   正解は「それほど不向きというわ...続きを読む

エイジング塗装中

ウェザリング?シャビー?、様々な呼び方をされるエイジング塗装

   外壁塗装の際、使用感を残し、わざと年代もののように仕上げることを弊社ではエイジング塗装と読んでいますが、様々な呼ばれる方をすることも多いようです。一般的に「アンティーク」や「ビンテージ」塗装と呼ばれたりもします。日本では混在している「アンティーク」と「ビンテージ」ですが、実は明確な区分けがアメリカの...続きを読む

セラタイトSiを塗る施工スタッフ

低帯電性と親水性で超低汚染を実現した塗料「セラタイトSi」

   先日のブログで静電気も汚れの原因となることを紹介しましたが、その帯電を防ぐ塗料もあります。超低汚染塗料の「セラタイトSi」です。その帯電性と親水性の高いセラミック、高い架橋密度(塗料の化合物を連結させた密度)で超低汚染を実現します。     促進耐候試験はもちろん耐候1種...続きを読む

外壁についた雨筋

素朴な疑問「何故、外壁が汚れるのか」

   「この前、綺麗にしたのにまた汚れてる…」、掃除を含めた毎日の家事って大変ですよね。閉め切っておいても、何故か埃がたまりますし、ピカピカにしても数日後にはまた汚れてます。外壁も同じですね。新築時はキレイだったのに、気がついたら薄汚れていたという方がほとんどだと思います。今回は外壁がなぜ汚れるのかを調べ...続きを読む

クリーンマイルドシリコン硬化剤

超低汚染・超耐久塗料「クリーンマイルドシリコン」

   「新築時と較べてかなり外壁が汚れてきた。そろそろ外壁塗装の時期かな」と考える方は多いと思います。「外壁が色褪せてきたから、外壁塗装の時期」と考える方も多いと思います。汚れにくく、色褪せにくい塗料というのは一つの理想ですよね。そんな塗料を選びたい方にお勧めなのが、クリーンマイルドシリコンです。 ...続きを読む

眩しい太陽

外壁塗装で塗り替え時期を左右する「耐候形」のお話

   先日のブログに耐候形1種について触れましたので、本日も耐候形について書きたいと思います。耐候形は耐候形1種、耐候形2種、耐候形3種と3段階に分かれており、塗膜の耐候性を表しています。1種が最高で、促進耐候性試験において、2500時間経過後、つやの保持率が80%以上であることが必要です。これを現実の時...続きを読む

2液型クリーンマイルドシリコン

塗料の説明にある「耐候形1種」って何!?

   塗料メーカーのホームページや塗料のカタログを見てみますとよく「耐候形1種の高性能」などと書かれていたりします。外壁塗装で塗り替えられた後、塗料の耐候性を示す数値だとは予測できますが、具体的に分かる方はほとんどおられないのではないでしょうか。     これはJISで定められ...続きを読む

下塗りいらずの屋根塗装塗料「ハイルーフマイルドシリコン」

   ハイルーフマイルドシリコンは名称に「ルーフ」と入っていることから分かるように屋根塗装用の塗料です。シーラーやプライマーといった下塗りが必要ありません(屋根の状態や下地によっては下塗りが必要になる場合もあります)。その分、工期を短縮でき、コストも省けます。スレート(コロニアル、カラーベスト)、プレスセ...続きを読む

顔料

塗料の豆知識、染料と顔料の違い

   突然ですが、皆様のお召しになられている服は何で染められているでしょうか。答は染料ですね。お住まいの外壁を塗装する塗料の他、絵の具などに用いられている色を決める原料はなんでしょうか。答は顔料ですね。     ものを着色するのに使われる染料と顔料は似て非なるものです。見た目は...続きを読む

ピュアライド UVプロテクト 4Fクリヤー、ラベル

2液型塗料を観察してみました

   先日、お届けしました「2液型塗料って何?」。本日、タイムリーなことに会社に2液型塗料が配送されてきましたので、いろいろと観察してみたいと思います。配送されてきたのは日本ペイントの「ピュアライド UVプロテクト 4Fクリヤー」と「サーモアイ シーラー」です。観察するといっても、この後、お客様のお住まい...続きを読む

ファインSi

2液型塗料って何?

   外壁塗装に使う塗料には1液型塗料と2つの液を混ぜて使う2液型塗料というものがあります。1液型塗料は封を開け、そのまま塗れますが、2液型はそうは行きません。2液型は塗料と硬化剤がセットになっており、これを決められた混合比率で混ぜて使うのです。2液型で塗料だけを塗っても、乾きません(固まりません)。硬化...続きを読む

苔や藻の繁殖した壁

藻・苔・カビにお悩みなら「ナノコンポジットW防藻プラス」

   5月の第三週に入ってからというもの、連日のように夏日が続いています。湿気の多い日が多く、梅雨が近づいてきているのかなとも感じます。特定の職業でない限り、梅雨の好きな方は少ないと思います。食べ物にもカビが生えやすくなりますし、食中毒も不安です。さらにカビが生えるのは食べ物だけではありません。北側など日...続きを読む

アレスアクアシリコンACⅡ

光沢と低汚染が特徴の塗料「アレスアクアシリコンACⅡ」

   外壁塗装を考えた時、色選びとともに悩むのが艶ありにするか、艶なしにするかではないでしょうか。艶ありで低汚染塗料を選びたいという人におススメなのが「アレスアクアシリコンACⅡ」です。     特徴としまして、 ●低汚染、 緻密で強靭塗膜 ●紫外線防御剤を配合して...続きを読む

パーフェクトトップ

ラジカルを抑制する塗料「パーフェクトトップ」

   ラジカル、ほとんどの方が聞きなれない言葉だと思います(ラディカルとも書きます)。「radical」は英語で、和訳すると「過激な」となります。ちなみに受験英単語では難関大クラスだそうです。   さて、そのラジカル、化学の世界では「遊離基」のことを指します。またまた聞きなれない単語...続きを読む

アレスクール

夏の訪れ前に屋根塗装するなら遮熱塗料「アレスクール」

   ゴールデンウィークも終わり、本日からお仕事という方も多いのではないてじょうか。さて、唱歌の『茶摘み』では♪夏も近づく八十八夜~と歌われていますが、この八十八夜は立春から88日目を指すそうで平年なら5月2日になります。夏が近づく梅雨前のこの季節は外壁塗装と屋根塗装のシーズンでもあります。暑い季節の前に...続きを読む

エンジェルタッチ

エイジング塗装専用塗料「エンジェルタッチ」

   建物をピカピカにする一般的な外壁塗装とは違い、年代を経たように装飾するエイジング塗装。歴史的な風格やビンテージ感の漂う素敵なお住まいとなるわけですが、このエイジング塗装にも専用の塗料が存在します。それが「エンジェルタッチ」です。       成分は水性アク...続きを読む

エイジング塗装施工後

新しくても古い?エイジング塗装でビンテージなお住まいへ

   年月を経て、深く味わいが出たお住まい。「防水などの家屋のことを考えるとそろそろ外壁塗装をしなくてはならないんだけど、いかにも塗り替えたという感じで新しくなってしまうのも、味気ないなあ」と感じる人もいます。そんな人におススメなのが、ビンテージの風格を保ったまま、建物の保護機能を復活させるエイジング塗装...続きを読む

KM45

外壁塗装の際には塗料だけじゃなくコーキング材にもこだわりを

   外壁塗装に使われる塗料などの材料は日々、進化しています。最近では高機能な塗料が数多く登場した影響からか、塗料について様々な知識を持ったお客様も少なくありません。ご自分のお住まいを守る、手入れをしてできるだけ長く使うという意味では大変良い傾向なのですが、塗料以外にも注目してほしい材料があります。それは...続きを読む

エンバイロコート

内装の塗装におススメの塗料

   弊社は外壁塗装がメインの業務になりますが、お住まいの中、内壁・天井などの塗装も承っております。外壁塗装で外周りを一新したら、お住まいの中もリフォームしたくなりますよね。さて、お住まいの中を塗装するとなりますと、気になりますのが臭いです。塗料に有害物質が含まれているかも気にしなければなりません。お部屋...続きを読む

ランダム

塗り壁材で模様をつけた外壁リフォーム

   漆喰を含めた塗り壁材で仕上げ、模様としてコテ跡をつけた外壁っていいですよね。職人の手によって模様がつけられていきますので、同じパターンでも微妙に違いますので、文字通り世界に一つだけの建築物になるわけです。和風のお住まいにも似合いますし、洋風のお住まいにも似合います。そんな外装リフォームを実現できる塗...続きを読む

エラストコート

安くて短寿命なアクリル塗料と高くて長寿命なアクリル系塗料

   外壁塗装に用いられる塗料で一番安価なものはアクリルです。安いだけに寿命も短く、3~5年後には塗り替えが必要になります。3年毎の塗り替え、衣服を替えるようにお住まいのイメージチェンジをしたい人には良い塗料でしょう。   上記のようなことから、アクリルというと「安くて短寿命」という...続きを読む

塗料の耐用年数と価格グラフ

塗料の価格と耐用年数の関係性

   現在、外壁塗装に使用される塗料は安価なものから高価なものまで様々な品が出回っています。その中から何を選ぶべきか迷ってしまいますよね。 今回はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、光触媒、無機、ピュアアクリル6種類の価格と耐用年数の関係性をグラフにしてみました(イメージ図です)。 &n...続きを読む

ジョリパッドの外壁塗装

薄い、厚い、塗膜の厚さはどちらが良いのか

   一般的に外壁塗装では下塗り(シーラー・プライマー)、中塗り、上塗りと塗料を塗り重ねて仕上げます。しっかりとした塗膜を形成し、長寿命化を図るためです。このことから考えると、塗膜が厚い方が長持ちしそうでさまざまなメリットがありそうです。しかし、塗膜が厚いと魅力が半減してしまう外壁もあります。ジョリパッド...続きを読む

外壁塗装の塗料選び、何を優先すべきなのか

   1980年代の頃から危惧されていたことなのですが、メディア、とりわけネットの普及が進んだ現在、現代人は情報過多に陥りがちです。外壁塗装の塗料一つにとっても、選択肢が多過ぎて何を選んでいいか分からない状態です。光熱費を削減する塗料がいいのか、はたまた綺麗が長続きするものがいいのか、いやいや耐久性が高い...続きを読む

弾性塗料、曲げ実験 斜め横からの画像

弾性塗料の弾力性を検証してみました

   外壁のクラックに追随する弾性塗料、何となく柔らかいイメージがあるでしょうが、触ってみても柔らかさは感じられません。手触りも普通の塗料と変わりません。見た目も手触りも変わりませんので、弾性塗料で外壁塗装をしてみても実際に効果があるのかどうか分からないのではないでしょうか。ちょうど会社にサンプルがありま...続きを読む

様々な塗料

世の中に存在するオリジナル塗料

   塗装業者が勧めてくる「自社開発のオリジナル塗料」のほとんどはOEMで他社が開発したものですが、世の中には本当にオリジナル塗料も存在します。大手ハウスメーカーが自社の新築時の物件やその後のメンテナンスで外壁塗装するために作った塗料などです。   開発は大手塗料メーカーと協力で行わ...続きを読む

様々な色の塗料

自社開発のオリジナル塗料に要注意!

   日本の三大塗料メーカーといえば、エスケー化研、関西ペイント、日本ペイントです。日々、研究を重ね、耐久性や耐汚染、遮熱といった性能を向上させています。外壁塗装を行う際、こういった大きなメーカーから発売されている塗料なら安心ですよね。 塗装業者の中には「自社開発のオリジナル塗料なので、安く...続きを読む

ピュアライドUVプロテクトクリヤー

無色のクリヤー塗装で外壁の色褪せを防ぐ

   サングラスは目を強い光や紫外線から保護するためのものです。ほとんどの方が黒いものをイメージすると思いますが、ほとんど色がついていなくても紫外線やブルーライトを防ぐものも存在します。     クリヤー塗装に使われる『ピュアライドUVプロテクトクリヤー』もこれと同じで、無色透...続きを読む

ピュアライドUVプロテクトクリヤー塗装中

無色透明を塗る!?クリヤー塗装

   経年による変化を楽しむ、耐久消費財はそんな一面も持っています。経年によって味が出てくる革製品やデニムの中には最初からエイジング加工され、売られている製品もあるほどです。   長年住んで愛着のあるお住まいの場合、これまでの経年変化を活かしつつ、リフォームしたいという方も多いのでは...続きを読む

工場の排出する煙

遮熱塗料、汚れと遮熱効果の関係性

   以前の記事で遮熱塗料の遮熱効果は色によって大きな差があると述べました。これは塗り替えてからの話なのですが、遮熱効果を左右するもう一つの原因が汚れです。汚れで何故、遮熱効果が低下しまうのかを簡単に説明します。   汚れのほとんどは煤煙や埃、砂の堆積によるものです。汚れが堆積してい...続きを読む

遮熱塗料 下塗りと中塗り

遮熱塗料、色選びの注意点

   日光を効率よく反射させることによって、屋根と室温の上昇を抑えるのが遮熱塗料です。さて、皆様もご存知かと思いますが、色には日光を良く吸収するものとしないものがございます。白は日光を吸収しにくく、黒は反対によく吸収します。夏場に白い服を着れば遮熱効果を得られます。    ...続きを読む

ナノコンポジットと専用シーラー

低汚染だけじゃない、「ナノコンポジットW」の優れた特徴

   ナノコンポジットWの優れた特徴は低汚染だけではありません。他にも 1.紫外線や雨などの影響による経年劣化と色褪せが少ない。塗膜内のシリコン化合物が色褪せなどを最小限に押えます。 2.カビ、藻などが繁殖しにくい。防カビ・防藻剤が含まれています。さらに防藻機能を強化した「ナノコンポジットW防藻+...続きを読む

ナノコンポジット

ただいま人気の低汚染塗料、「ナノコンポジットW」

   「弱くなってきた防水性を高め、お住まいを保護する」、これが外壁塗装と屋根塗装をする第一の理由です。第二の理由を挙げるとしたら「お住まいの美観を保つ」ことになるでしょう。この第二の理由にピッタリな塗料が水谷ペイントの「ナノコンポジットW」です。     ナノテクノロジーから作ら...続きを読む

サーモアイ

お客様に好評、遮熱塗料の「サーモアイ」

   外壁塗装と屋根塗装の第一の目的は「外回りの防水性を保ち、お住まいを守る」ことです。第二の目的は美観を保つことでしょう。そして第三の目的はというと… これはお客様によって様々です。ご要望がそれぞれ違いますので、私たちがお薦めする塗料も変わってきます。しかし、それでも人気の塗料が存在します。屋根塗装にお...続きを読む

ポットの保冷

断熱塗料の熱を伝えない仕組み

   遮熱塗料は太陽光を反射することによって温度上昇を防いでいます。今回は断熱塗料の断熱仕組みをお伝えします。   熱には温度が高いところから低いところへ伝わるという性質があります。「寒さが身に染みる」なんて表現がございますが、科学的な見方をすれば間違いです。寒さが伝道してくるのはな...続きを読む

サーモアイ、シーラー

暑いを夏でも涼しく過ごせる、遮熱塗料

   地球規模の温暖化の影響かどうかは分かりませんが毎年、猛暑が続いているような気がします(昨年、2014年は普通でしたが)。暑い夏、塗るだけで室温を下げてくれるのが遮熱塗料です。塗る部分の素材にもよりますが、表面温度を数十度、室温を数度さげてくれます。たかが数度と思われるかもしれませんが、室温32℃を2...続きを読む

窓枠のクラック

伸びるから雨漏りにも強い、弾性塗料

   外壁のクラック、嫌ですよね。見てると心配になってきますし、大きくなってくるとさらに不安を煽られます。このクラック、モルタルの外壁にはつきものなので、髪の毛程度の細さならば問題ないのですが、ハガキが入る程の大きさになるとになると、雨水が浸入してきます。雨水が入ってくると建物の内部を傷めたり、雨漏りの原...続きを読む

陶器瓦

有機塗料と無機塗料の違いって何?

   一般的な塗料のほとんど有機塗料ですが、世の中には無機塗料と呼ばれているものもあります。さて、皆様は「有機」と「無機」の違いをご存知でしょうか。   簡単に言いますと、 有機 炭素(c)を含む 無機 炭素(c)を含まない ということです。   ...続きを読む

光触媒ハイドロテクト

綺麗が続く上に長寿命、「光触媒塗料」

   お住まいを塗り替えるんだったら、次の塗り替えまでのスパンを長くできる塗料がいいですよね。塗膜の寿命が長い塗料というとフッ素があります。一般的な塗料に較べますと、フッ素も綺麗が長続きしますが、次の塗り替え前にはやはりくすんだ感じになってしまいます。フッ素と同等以上の寿命を誇り、他のどの塗料よりも次の塗...続きを読む

ナノコンポジットW

汚れにくく、長持ち「低汚染塗料」

   『綺麗が長く続く』、『汚れにくい』、『長寿命』、そんな塗料で外壁塗装をしてみたいと思いませんか。低汚染塗料や耐汚染塗料(メーカーによって呼び方が異なる)がそれに当たります。   低汚染塗料や耐汚染塗料はほとんどが親水性という性質を持っています。従来型の塗料は撥水性で水を弾く、水...続きを読む

雪景色

遮熱塗料と断熱塗料の違い

   『外壁塗装で光熱費を節約できる!』、家庭を預かる主婦でしたら、そんな塗料で塗り替えしてみたいですよね。この光熱費を節約できる塗料には遮熱塗料と断熱塗料があります。皆さんは遮熱と断熱の違いをご存知ですか。   簡単にいいますと、「暑い夏に効果的なのが遮熱塗料」、「暑い夏でも、寒い冬でも、快...続きを読む

外壁塗装に使う塗料、何が良いの?

   ウレタン、アクリル、シリコン、フッ素… 断熱、遮熱、低汚染、光触媒、無機… 世の中には様々な塗料がいます。正直、ご自宅の外壁塗装を行う際に何を選んだら良いか分かりませんよね?   それぞれ、耐用年数も違えば、性能も全く違います。もちろん、値段も違います。できるだけ長持ちして、自...続きを読む

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る