現場ブログ

ナノテクノロジーにラジカル制御のフッ素塗料、ナノコンポジットF

未だに車は空を飛んでいませんが、科学の進歩は恐ろしいものです。21世紀はITの他にナノテクノロジーの時代とも言われています。外壁塗装の分野でナノテクノロジーが応用されている塗料がナノコンポジットWです。ナノコンポジットWはシリコンをベースとしていましたが、2016年にフッ素をベースとしたナノコンポジットFが登場しました。  
ナノコンポジットにフッ素登場ラジカル制御型ハイブリッド
ベースとなる樹脂を変えてシリーズ展開するというのはよくある販売戦略ですが、ナノコンポジットFはその他にもとんでもない変更が加えられていました。ベースとなる樹脂をシリコンからフッ素に変えればそれだけで耐用年数が3~5年以上、伸びます。ナノコンポジットFはそれだけにとどまらず外壁塗装塗料のトレンド、ラジカル制御型のハイブリッドの機能も付加されていたのです。  
イオンの外壁にナノコンポジットが採用されたマックの外壁にナノコンポジットが採用された
ナノテクノロジーによって作り上げられたナノコンポジットは耐用年数が長めの塗料です。それに紫外線による塗膜の劣化を抑える紫外線吸収剤、劣化の原因となる物質が発生した場合、それを閉じ込める安定剤、これら2つが加わってしまったらどうなるのでしょうか。とんでもなく耐用年数が長い、長寿命の塗料になることは間違いありません。   ナノコンポジットFの工程は専用の下塗り材を用い、専用の中塗り材、そして仕上げにナノコンポジットFの上塗りとなります。   ちなみにナノコンポジットWはこれまでに小売を営んでいる数々の企業に採用されてきた実績もあります。具体的な企業名は出せませんが、きっと各企業様は味なことやる塗り替えだったり、最高の価値がある外壁塗装だったり、お値段以上の工事になったと思います。

コメントは受け付けていません。

その他塗装のブログ一覧

2017年6月16日  君津市|室内の壁、天然木の板張りでナチュラルに

   君津市のお客様の室内をリフォームしています。お客様から「内壁をクロスだけではなく、自然の物を合わせてコーディネイトしたい」とリクエストがありました。     一般的なお家の内壁というと、ほとんどがクロスです。下地に石膏ボード、仕上げにクロスの防火仕様であることがほとんどです。クロスは薄いビニル樹脂からできています。ビニール樹脂だ ...続きを読む

君津市|室内の壁、天然木の板張りでナチュラルに

2017年6月14日  江戸川区で床用塗料、フロアトップ5000でバルコニーを塗装

   江戸川区でバルコニーの床の塗装を承りました。こちらのお住まいでは屋根、外壁の塗装を行うのですが、その工事に合わせて汚れが目立っているバルコニーの床も綺麗にしたいということでした。     これから塗装をするバルコニーの床です。この時点ですでに高圧洗浄を行っておりますが、表面が黒ずんで見た目があまりよくありません。ここ ...続きを読む

江戸川区で床用塗料、フロアトップ5000でバルコニーを塗装

2017年5月26日  江戸川区でハイポンファインデクロとファインウレタンで金属部(霧除け庇)の塗装

   本日ご紹介いたしますのは霧除け庇の塗装です。使用する塗料は錆止めにハイポンファインデクロと、ファインウレタンを重ね塗りで使用いたします。外壁塗装を行う場合、ほとんどが付随する箇所も一緒に塗装を行います。例えば破風板だったり雨戸だったりと、塗る箇所によって使用する塗料も変わってきますが、今回は霧除け庇を塗装する塗料についてご紹介し ...続きを読む

その他塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る