現場ブログ

ナノテクノロジーにラジカル制御のフッ素塗料、ナノコンポジットF

未だに車は空を飛んでいませんが、科学の進歩は恐ろしいものです。21世紀はITの他にナノテクノロジーの時代とも言われています。外壁塗装の分野でナノテクノロジーが応用されている塗料がナノコンポジットWです。ナノコンポジットWはシリコンをベースとしていましたが、2016年にフッ素をベースとしたナノコンポジットFが登場しました。  
ナノコンポジットにフッ素登場ラジカル制御型ハイブリッド
ベースとなる樹脂を変えてシリーズ展開するというのはよくある販売戦略ですが、ナノコンポジットFはその他にもとんでもない変更が加えられていました。ベースとなる樹脂をシリコンからフッ素に変えればそれだけで耐用年数が3~5年以上、伸びます。ナノコンポジットFはそれだけにとどまらず外壁塗装塗料のトレンド、ラジカル制御型のハイブリッドの機能も付加されていたのです。  
イオンの外壁にナノコンポジットが採用されたマックの外壁にナノコンポジットが採用された
ナノテクノロジーによって作り上げられたナノコンポジットは耐用年数が長めの塗料です。それに紫外線による塗膜の劣化を抑える紫外線吸収剤、劣化の原因となる物質が発生した場合、それを閉じ込める安定剤、これら2つが加わってしまったらどうなるのでしょうか。とんでもなく耐用年数が長い、長寿命の塗料になることは間違いありません。   ナノコンポジットFの工程は専用の下塗り材を用い、専用の中塗り材、そして仕上げにナノコンポジットFの上塗りとなります。   ちなみにナノコンポジットWはこれまでに小売を営んでいる数々の企業に採用されてきた実績もあります。具体的な企業名は出せませんが、きっと各企業様は味なことやる塗り替えだったり、最高の価値がある外壁塗装だったり、お値段以上の工事になったと思います。

その他のブログ一覧

2018年2月13日  屋根塗装と一緒に雹災被害に遭った箇所も修繕しました

    足立区の屋根塗装工事が完工したとのことですので、Before・after形式で見てみたいと思います。最初のお問い合わせのきっかけが、アンテナ工事をした際に棟板金の浮きを指摘されたことと、雹が降った時にベランダの波板に穴が空いてしまったとのことでした。お問い合わせいただいた箇所以外にも目に付く箇所はいくつかありました。下記画像をご覧くださいませ。 ...続きを読む

屋根塗装と一緒に雹災被害に遭った箇所も修繕しました

2018年1月26日  外壁塗装と一緒に雨樋塗装も忘れずに

    本日のブログは雨樋塗装について書いてみたいと思います。屋根や外壁に比べ軽視されがちな雨樋ではありますが、雨樋も屋根や外壁塗装と同様に定期的に塗り替えをする必要があります。 ...続きを読む

外壁塗装と一緒に雨樋塗装も忘れずに

2018年1月18日  袖ケ浦市|アパート踊り場の鉄骨材の劣化

    外壁や建物の劣化 ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る