現場ブログ

劣化したセメント瓦の屋根塗装前点検で豊島区に行ってきました

本日は、豊島区で行った屋根塗装の事前調査をお伝えしたいと思います。

 


豊島区 セメント瓦の塗装前点検 塗膜の剥がれた屋根材豊島区 セメント瓦の塗装前点検 塗膜の剥がれと苔の発生

点検では、不具合箇所の洗い出しをすることとも大事ですが、屋根の形状や屋根材の種類を事前に把握しておくことも重要です。
今回の調査対象である屋根は屋根材にセメント瓦が使用されています。セメント瓦は和瓦と違って定期的に塗装を行う必要がありますので、写真のように長年メンテナンスをしていないと塗膜の剥がれを起こします。塗膜は太陽からの紫外線や風雨から保護していますので、塗膜が傷むと屋根材自体が劣化してしまいます。すでに屋根塗装が必須な状態と言えるでしょう。

 


豊島区 セメント瓦の塗装前点検 谷板金の塗膜剥がれ豊島区 セメント瓦の塗装前点検 棟板金のコーキング劣化

谷部の板金も塗膜が剥がれて下地が露出しています(左写真)。塗膜が剥がれた箇所は水分の影響を受けやすいので、放置すれば錆の発生や腐食による穴あきを引き起こします。
防水用に施されたコーキングも経年によってひび割れが出ています(右写真)。一般的にコーキングの耐用年数は10年ですが、この状態から考えるとその年数はゆうに超えているようです。

 


豊島区 セメント瓦の塗装前点検 板金部の苔豊島区 セメント瓦の塗装前点検 庇に枝葉が接触している

北側の板金部には苔も発生しています(左写真)。北側は湿気が多いので、苔が生えやすいということもありますが、塗膜の防藻性が失われている証拠ですので、こちらも塗装が必要です。
庇に庭木が接触しています(右写真)。枝葉程度で「何か問題があるの?」と思われそうですが、数年単位で当たり続けていると塗膜はどんどん削れてしまいます。工事に合わせて庭木のお手入れも検討する必要があります。

 

今回の点検から屋根塗装と棟板金のメンテナンスをご提案させていただきました。
屋根は気軽に見ることができないので状態がどうなっているのか気になる方は多いです。今回も点検後の写真をご覧いただき、塗膜の剥がれた状態や苔の付着した屋根を見てびっくりされていました。屋根をしっかり見るには梯子を使って屋根に上らなければなりません。手間もかかるし危険ですので、できるだけ専門業者に点検を依頼するようにしましょう。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る