現場ブログ

君津市でタイル外壁の塗装

君津市のお客様のお住まいに外壁塗装を致しました。一部にタイルが貼られている一軒家のお住まいです。外壁にさまざまなな素材が使用されており、どの塗料を選ぶのか正しいのか解らなくて、お困りになっていたそうです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 工事002_R

こちらのようなお住まいでなくても、現在の建築物にはさまざまな素材が使われています。窯業系サイディング、金属、磁器タイル、木材、ありとあらゆる資材から成り立っているのです。一般的な塗料は汎用性が高く、ほとんどのものに塗装できるようになってはいますが、やはり適材適所というか材料によって最適なものをお選ばなければなりません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

磁器タイルにもやはり適した塗料が存在します。タイルはもともとメンテナンスをしなくても良いと思われがちですが、落とし穴も潜んでいます。タイル自体の耐用年数はお住まい本体よりもはるかに長いことがほとんどです。しかし、タイルを張り付けられている下地はどうでしょうか。コンクリートを含むモルタルや砂を混ぜた粘着性ボンドです。タイルは割れたりしない限り大丈夫なのですが、目地自体にエフロレッセンス(白華)現象が発生することもあります。成分は炭酸カルシウムで、固まってしまうので取り除くなってしまいます。。
 

工事003_R OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は日本ペイントのファイングラシィSi、3分つやを選びました。この塗料はタイルの他、劣化しやすい目地部分をコーティングするための塗料として開発されました。エフロレッセンスの予防に最適ですし、酸性雨や凍害への予防にもなります。コーティングしておけば、防藻や防カビ効果も期待でき、タイル独自の美しさも保たれます。低汚染で環境にも優しく配慮されていますので、どのような場所でも使い勝手が良いのです。塗料自体はクリアー(透明)なので、逆に他の塗料よりも均等に塗るのには技術などが必要になってきます。弊社では信頼ある職方が間違えのない作業を致します。タイルや目地のエフロレッセンスにお悩みなら、一度、ご相談ください。

コメントは停止中です。

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る