現場ブログ

品川区|低汚染塗料のナノコンポジットWを使った外壁塗装

連日でご紹介させていただいております品川区の外装リフォームですが、本日は外壁塗装の様子をお伝えしたいと思います。
品川区 外壁塗装 ナノコンポジットシーラーによる下塗り品川区 外壁塗装 目地を刷毛を使って塗装
高圧洗浄にて外壁についた汚れや苔は綺麗に洗い流してありますので、さっそく塗装の工程をご紹介します(高圧洗浄の様子はこちらをご覧ください。) 外壁塗装センターでは外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回の重ね塗りが基本です。外壁材や下地の劣化具合で重ね塗りの回数は若干変わりますが、最低3回は重ね塗りをするということです。 今回使用する塗料はナノコンポジットWです。下塗りには専用のナノコンポジットシーラーを使用します(左写真)。下塗りを行うことで中塗り、上塗りの塗料を密着させ、剥がれやひび割れに強い塗膜を作ることができます。 下塗り後、中塗りに入りますが、先に目地の部分を刷毛で塗装しておきます(右写真)。
品川区 外壁塗装 ナノコンポジットWによる中塗り品川区 外壁塗装 ナノコンポジットWによる上塗り
目地部分の塗装が終わった後、ローラーを使っての下塗りを行います(左写真)。シーラーは白い塗料でしたが、中塗りからはご依頼いただいたクリーム色の塗料での塗装になります。 中塗りが終わると、仕上げとなる上塗りを行います(右写真)。中塗りと上塗りは同じ塗料であるナノコンポジットWを使っていますが、発色に違いがあるのがお分かりいただけると思います。塗装は一度に塗膜を厚くするとひび割れなどを起こしやすくなります。最適な厚さで重ね塗りを行うことで発色も良くなりますし、何より塗料のもつ性能も十分に引き出すことができるのです。
品川区 外壁塗装 塗装前品川区 外壁塗装 塗装後
最後に外壁塗装のビフォーアフターをご覧ください。左写真が塗装前です。光の当たり具合でちょっと分かりにくいかもしれませんが、汚れの付着や色褪せが目立っています。それに対して右写真の塗装後はまるで新築のような美しい景観を取り戻しました。使用した塗料であるナノコンポジットWは低汚染塗料といって、汚れが付着しにくく、また汚れが付いても降雨によって洗い流してくれるセルフクリーニング機能も有しています。その恩恵により、この塗り上がりの美しさを長期に渡って維持することができるのです。外壁塗装センターではナノコンポジットWだけでなく、遮熱や断熱などの効果をもった機能性の高い塗料を取り扱っておりますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください。  

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る