現場ブログ

外壁と屋根の外装リフォーム事前調査|渋谷区

本日は渋谷区で行った外壁と屋根の外装リフォームをご紹介いたします。
前から外壁の色褪せが気になっていたようですが、ついメンテナンスを先延ばしにしてしまったということです。また、外壁だけでなく、お住まい全体のリフォームを考えているそうですので気合を入れて調査を行います。


渋谷区 外壁塗装と屋根塗装の事前調査 外壁の色褪せ渋谷区 外壁塗装と屋根塗装の事前調査 破風板の塗膜剥がれ

まずはお住まい全体を見てみます(左写真)。お施主様が仰っていた通り外壁は色褪せしています。比較的しっかりした色の外壁ですので、色褪せした部分が白くなって目立っています。また、破風板も塗膜が剥がれて下地が見えてしまっています。塗膜が傷んでくると太陽からの紫外線や風雨の影響からの保護機能が弱まります。これらの理由から、塗膜の傷みが見られたら早めに外壁塗装をしなければなりません。


渋谷区 外壁塗装と屋根塗装の事前調査 サッシまわりの目地の傷み渋谷区 外壁塗装と屋根塗装の事前調査 目地が裂けている

サッシまわりの目地も、経年により傷みが出ています(左写真)。このような部分から雨水が入り込み、雨漏りに発展するケースが多いので見つけたら注意が必要です。また、サイディングの目地に施されたコーキングも劣化して裂けてしまっています。外壁塗装を行う前に、目地の補修も必須です。


渋谷区 外壁塗装と屋根塗装の事前調査 屋根に生えた苔渋谷区 外壁塗装と屋根塗装の事前調査 棟板金の釘が浮いている

続いて屋根の調査を行います。屋根に上ってみると、苔が繁殖していました(左写真)。びっしりと苔が生えた屋根は大変滑りやすいので、慎重に調査を進めます。
ちなみに苔が生えた部分は水捌けが悪いです。お住まいにとって水分が大敵なのは言うまでもありません。水捌けが悪いということは、それだけ水分の悪影響を受け易くなるということですので、除去したうえで塗装を行い防藻性を回復させる必要があります。
棟板金の釘の浮きも見つかりました(右写真)。棟板金を屋根に固定している釘ですので、浮きがでているということは固定力が弱まっていることに他なりません。釘を金槌で押し込んでみると、しっかり留まるので内部の貫板は傷んでいないようです。工事に合わせて棟板金のメンテナンスも行う必要があります。

今回の調査から外壁塗装と屋根塗装、さらに棟板金の補修をご提案し、お住まいの再生を図りたいと思います。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る