現場ブログ

府中市|お住まいの外装リフォーム前点検でクラックや色褪せが発覚し外壁塗装をご提案

本日ご紹介いたしますのは府中市で行ったお住まいの外装リフォームの様子です。お住まいは新築で購入した当時はピカピカですが、年数が経てばだんだん色褪せしていき壊れた箇所などもでてきます。今回のご依頼主様も壁面の汚れやクラックが気になって弊社に点検を依頼したそうです。
府中市 外装リフォームの事前調査府中市 外装リフォームの事前調査 木部の塗膜剥がれ
左写真が今回の調査対象であるお住まいです。白い外壁に瓦屋根がよくマッチしたお住まいで、一見するとそこまで問題がないように見えます。しかし近くでみるといたるところに不具合箇所が見つかりました。まず気になったのは木部の塗膜剥がれです(右写真)。木は水分を吸いやすく、それにより腐食したりします。湿気だけでなく紫外線による劣化もありますので、それからの保護として塗装をします。しかし塗装がこのように剥げてしまうと湿気や紫外線の影響で劣化が早まってしまいます。
府中市 外装リフォームの事前調査 外壁のクラック府中市 外装リフォームの事前調査 外壁のクラック2
外壁にはクラックが多数見つかりました。年数が経ったモルタルの外壁はクラックが発生しやすいので注意が必要です。比較的軽微なクラックであれば塗装をすれば問題ありませんが、大きく割れた状態ですと建物の耐久性を低下させてしまいます(これらのクラックは構造クラックと呼ばれます)。大きなクラックになると塗装だけでは回復しませんので、クラック周辺をサンダーなどを使ってVカットした後モルタルを再施工します。
府中市 外装リフォームの事前調査 雨樋に発生した苔府中市 外装リフォームの事前調査 色褪せした雨戸
左写真は雨樋です。汚れや苔(緑っぽいもの)が付着していますので、工事の時はこちらも塗装を行って綺麗にした方がよいでしょう。 雨戸もかなり色褪せしております。金属製ですので、メンテナンスとしてはケレンを行った後錆止めを塗布し、さらに塗装で仕上げます。ちなみにケレンとは塗装前に汚れを落としたり錆を研磨用スポンジで擦って下地を整える作業です。この手間をかけることで塗装の持ちも大きく変わります。 今回の点検で、外壁のクラック補修と外壁塗装、さらに雨樋や雨戸といった付帯部の塗装もご提案いたしました。外壁塗装は使用する塗料や立地条件などによっても変わって来ますが十数年周期で行っていく必要があります。塗装を長年行わずにいれば、どんどん傷みが進み塗装では対応できなくなります。その状態で現状回復させようと思えばどうしても工事の規模も大きくなり、その費用もかかってしまいます。大切なお住まいを守るためにも定期的な塗装などのメンテナンスを行うようにしましょう。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る