現場ブログ

座間市の外壁塗装|低汚染塗料のナノコンポジットW

座間市の外壁塗装中の現場です。前回はクラックのVカット補修とフィラーでの下塗り作業まで紹介しました。今回はいよいよ仕上げの低汚染塗料でご希望の色に塗っていきます。


ナノコンポジットWフィラー,下塗り中塗り,ナノコンポジットW,NC-31

外壁塗装は色が褪せてしまったからやらなくてはいけない。ではありません。そもそも住宅に異常が無く、見栄えが気にならない限り塗装もする必要はないのです。ではなぜするのか、モルタル外壁はわかりやすくクラックが発生しますが、このひび割れが住宅構造部に影響を与えます。雨水が染み込めば漏水や腐食に繋がるのでクラックを補修しましょう、また塗膜の劣化によって外壁材が傷みやすくなり状態が悪化していくので塗装をするのです。

つまり左写真のクラックと凹凸埋めの下塗りで基本的な保護は完了です。あとは仕上げ塗料で色付けと下塗り材までの表面保護に行っていくのです。


低汚染塗料,ナノコンポジットW中塗り

今回は淡い淡色イエローNC-31で2回塗っていきます。ナノコンポジットWは表面保護だけでなく、雨水で汚れを落とす低汚染塗料の性能を併せ持ちます。塗料の性質上、3分艶ですが新築のようなマットな印象に仕上がります。


上塗り塗装,完了

1回目と大きく色が違って見えるのは見る角度と時間が違うためですのでサンプルの色に仕上がるのは間違いないのですが、高面積になるほど人は明るくなったような印象を持ちますので塗料によっては仕上がり色よりも1.2トーン落としてご提案させていただく事もあります。水性塗料ですのでシンナーのような臭いも無く、水性だからと言って色褪せが早い・下地が透けて見えるといったことは一切ありません。あくまで仕上げは保護ですが、塗り替えはもちろんの事、遮熱機能や低汚染の付加価値をもった塗料での塗装もご検討されてみてはいかがでしょうか?

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る