現場ブログ

座間市|モルタル外壁Vカット補修後にフィラー下塗り塗装

座間市の外壁塗装中の現場です。モルタル外壁は施工直後には何ともなくとも、乾燥し収縮することによってクラックが発生してしまいます。そもそも砂と練り合わせて作られている外壁ですのでクラックの発生はもちろん、勝手に戻ることも無ければ完全になくすという事は不可能です。定期的に補修することが必要ですが、クラックにも2種類、問題のないものとあるものが存在します。問題のある物に関しては根本から補修をしていかないと建物自体に悪影響が出てしまいます。


モルタル外壁,クラックカッター,Vカット

危険なのはズバリ幅の広い構造クラックです。例え長くても大きな溝になっていなければ簡易補修で充分です。構造クラックは建物内部に雨水を侵入させ腐食させる恐れもあります。ではどのように補修をしていくか。まずは塗装にも大事な高圧洗浄です。大きなクラックがある場合は洗浄前に補修をする必要もありますのでここは臨機応変に!

クラック部分にカッターで切り込みを入れていきます。左右からV字になるように切り込んでいくのでVカットと呼ばれています。なぜV字にかというと構造クラックは奥のほうにまで大きな溝を作っている恐れがありますのでコーキングも同じように奥にまで充填する為です。


Vカットコーキング注入

切り込みをいれた状態です。クラックの最深部にまで達すれば大丈夫ですので浅い所で止める可能性もあります。ここにコーキングを充填していきます。


モルタル,コーキングモルタル,ナノコンポジットWフィラー

均した状態を確認するとしっかり奥まで馴染んでいるのが確認できます。吹き付け外壁の場合、狭範囲であれば目立ちませんが広範囲になればなるほど壁の仕上がりも違ってきてしまいます。気になる方は吹付塗装を致しますのでご相談ください。

ここで補修したとしてもモルタルではやはりクラックが発生してしまいますので下塗りにはクラック等細かな凹凸を埋めるフィラーを使用しました。次回は仕上げ塗装に入っていきますので塗り替えに注目です!

その他のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月2日  長生郡長南町にて倉庫兼作業場の修繕依頼、カラーシミュレーションで仕上がりイメージを見る

    長生郡長南町にお住いのお客様より倉庫兼作業場の修繕依頼をいただきました。築年数が経ち、トタンの屋根は腐食しボロボロの状態とのこと。また土台も腐食しているので直してもらいたいというご依頼です。まずは建物の状態を点検していきます。 トタンは錆、支柱の軽量鉄骨も腐食が進行し危険な状態 ...続きを読む

長生郡長南町にて倉庫兼作業場の修繕依頼、カラーシミュレーションで仕上がりイメージを見る

2019年7月19日  船橋市駿河台の外壁塗装終了間近、外壁の色はパーフェクトトップのND-281で仕上げました

    船橋市駿河台にて外壁塗装を行っております。そろそろ足場を解体して終了とのことですので、現場を覗いてみたいと思います。 外壁塗装の色はパーフェクトトップのND-281で ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る