現場ブログ

新宿区|塗装によるリフォーム前の高圧洗浄と目地補修

前回、新宿区の外装リフォーム前調査をお伝えいたしましたが、本日はその後の工事の様子をご紹介いたします。


新宿区 外装リフォーム 足場架設 養生新宿区 外装リフォーム 足場架設後、メッシュシートを設置

屋根と外壁の塗装を行うので、高所作業になります。ですので、安全かつスピーディーな作業を行えるように足場を架設します。金属製のパイプ(足場資材)を組み合わせるのですが、通路付近で人と接触する危険がある箇所にはスポンジなどで養生します(左写真 赤い矢印)。足場の架設後、メッシュシートで全体を覆います。メッシュシートは工事による塗料や汚れで近隣に迷惑をかけないために設置します。


新宿区 外装リフォーム 屋根の高圧洗浄新宿区 外装リフォーム 外壁の高圧洗浄

続いて高圧洗浄を行います。約15Mpaもの高圧水流で屋根や壁に付着した汚れや苔を洗い流します。ちなみに高圧洗浄は屋根を行った後、外壁という順番進めます。これは屋根を洗浄して汚れた水が外壁を伝って汚してしまうからです。二度手間にならないような工程で作業を進めることはとても重要です。


新宿区 外装リフォーム 目地補修 突き出たバックアップ材新宿区 外装リフォーム バックアップ材の位置を修正

高圧洗浄後、外壁の目地補修を行います。左写真は点検時に見つかったバックアップ材がずれた箇所です。まずは古いコーキングを取り除き、バックアップ材を正規の位置に直します(右写真)。


新宿区 外装リフォーム 目地補修 養生新宿区 外装リフォーム 目地補修 プライマー塗布

目地の両側に余計なコーキングが付着しないように、マスキングテープで養生します(左写真)。
その後、刷毛を使ってプライマーを塗布します。プライマーはこの後注入するコーキングを密着させるために使います。この工程を省いてしまうと完了後すぐにはわかりませんが、数年後には簡単に剥がれてしまったりします。


新宿区 外装リフォーム 目地補修 コーキングを充填新宿区 外装リフォーム 目地補修 ヘラで成形

続いてコーキングを目地に注入し(左写真)、ヘラで形を整えます(右写真)。
そして養生を外してコーキングが固まれば目地補修は完了です。ポイントとして養生を外すのはコーキングが固まる前というところです。固まった後に養生を外すとコーキングも剥がれてしまったりします。
  
今回は塗装前の下地処理をご紹介いたしました。
塗装と言えば塗料で塗っていくだけと思われそうですが、実際は塗る前の工程がとても大事です。せっかく高性能な塗料を使っても、下処理をしっかりしなかったため、耐用年数に満たない年数で塗り替えが必要になることはよくあります。工程が短かったり、他社と比較して安い業者は、これらの工程を省いている可能性がありますので注意しましょう。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る