現場ブログ

木更津市で経年劣化したバルコニーの復旧工事

千葉県木更津市にお住まいのお客様は海沿いにほど近い一軒家で、2階に大きな後付けのバルコニーを備えています。経年劣化により、塗装が剥がれ落ちてくるため、物も干せないということでした。せっかく大きなバルコニーがあってもこのままでは、活用できていない状態です。  
工事002_ROLYMPUS DIGITAL CAMERA
弊社ですべて治します。まずは塗装に入る前に経年劣化により腐食してしまった屋根を直していきます。悪くなった箇所は撤去しまして新しい建材に入れ替えます。お客様は海岸が近く、大風が吹くとということで、ご自分でポリカの屋根の上を鉄板で補強していました。ポリカーボネイトは経年劣化により硬化が進み、うまく剥がれないくらいバリバリになってしまっていました。  
工事004_ROLYMPUS DIGITAL CAMERA
塗装の状態ですが、これまでに数回塗り直しをしてありました。気象条件にも左右されますが、ただ重ねて塗っただけらしく、表面の塗料が剥がれ落ちていました。「塗料が剥がれてきたから」と重ね塗りするのは正解なのですが、正しいやり方をしなくてはなりません。まずは浮いている塗料をすべてケレン(ヤスリなどで除去すること)いたします。ケレンが終わったら、塗装しますが、ここが肝心です。しっかりと重ね塗りのできる塗料を選ばなければなりません。今回は日本ペイントファインSiという塗料を選びました。下塗り用の塗料も用途に応じて選ばなければなりません。今回の場合はこれまでの塗料が残っているため、日本ペイントのパーフェクトサーフという下塗りに用いました。何にしろ下地づくりが肝心です。以前の施工者は下塗りをしっかりとやっていないため、このように仕上げ塗料が剥がれる事態になってしまいました。  
工事009_ROLYMPUS DIGITAL CAMERA
塗装が終わり、屋根材であるポリカーボネートの張替えを致します。ポリカーボネートなどはなぜ波板になっているかご存知でしょうか。この波板の形状は雨が降った時に消音効果があるのです。真っ平らな屋根ですと、雨粒が当たる面積が大きく逃がすことができないので太鼓状になり、音が大きくなります。昔からの知恵で、日本瓦などもS字になっているのです。簡易的な屋根も波板状にした方がよろしいでしょう。

その他のブログ一覧

2019年11月18日  木更津市請西にて軒ゼロ住宅で外壁からの雨漏り発生

    現在、築11年。築10年になる前からの外壁からの雨漏りがはじまったという木更津市請西のお客様です。雨漏りが起こるのは決まって南風の雨天の日で、1階と2階の窓枠から浸水してくるそうです。ハウ ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る