現場ブログ

木更津市|破風板の劣化は軒天の剥がれに繋がります

木更津市のお客様は破風板の劣化から軒天まで水がまわり、剥がれにまで発展してしまいました。次々に剥がれ出してしまう軒天に悩まれ、ご連絡をいただききました。

 


工事018_R工事020_R

木製の破風ですと、経年劣化により継ぎ目に隙間ができて、そこから軒天内部まで雨水が浸入して剥がれに発展することは珍しくありません。基本は木製の破風は塗装により防水されています。木製の破風は雨が降ると木の性質により、湿気で木が膨らみ、雨水の浸入を防ぎます。新しい時は良いのですが、年数がたつと隙間が埋まらず、雨水の浸入へと発展します。

 


工事013_R工事003_R

こうした状況の場合の修理方法としてお勧めしているのが、破風自体を外部からくるんでしまう方法で破風板金巻工事となります。経年劣化が思いのほか進んで、破風自体の原型がない場合でも施工可能で、接ぎ木をして周りを板金で包んでしまう方法です。破風補修工事が困難な時にご提案しています。メリットとしては長期に渡り、破風の保護ができます。デメリットとしては工賃が高く、雨樋の脱着も必要となります。

 

木製の破風がまだ原形が残っており、劣化の割合が少ない状況の場合は塗装による保護をお勧めしています。塗料は物にもよりますが約10年程、破風の保護ができます。メリットとして比較的お安くで施工できます。デメリットは破風自体が外部に接しているので、定期的に繰り返し塗装をしなければ、ならないところです。

 

工事007_R

木製の破風板(付帯部)はどうしても継ぎ目部分の劣化により隙間が空き、雨水が浸入してきます。軒天の劣化につながるまで放置していると、大きな工事に発展してしまいます。早目の補修工事で今後どのようなメンテナンスしていくかが決まります。不安を感じていましたら、一度ご相談してください。フリーダイアル0120-989-349にてお待ちしております。

その他のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月2日  長生郡長南町にて倉庫兼作業場の修繕依頼、カラーシミュレーションで仕上がりイメージを見る

    長生郡長南町にお住いのお客様より倉庫兼作業場の修繕依頼をいただきました。築年数が経ち、トタンの屋根は腐食しボロボロの状態とのこと。また土台も腐食しているので直してもらいたいというご依頼です。まずは建物の状態を点検していきます。 トタンは錆、支柱の軽量鉄骨も腐食が進行し危険な状態 ...続きを読む

長生郡長南町にて倉庫兼作業場の修繕依頼、カラーシミュレーションで仕上がりイメージを見る

2019年7月19日  船橋市駿河台の外壁塗装終了間近、外壁の色はパーフェクトトップのND-281で仕上げました

    船橋市駿河台にて外壁塗装を行っております。そろそろ足場を解体して終了とのことですので、現場を覗いてみたいと思います。 外壁塗装の色はパーフェクトトップのND-281で ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る