現場ブログ

横浜市緑区、劣化が進んだスレートに最適な下塗り剤は何?

横浜市緑区で屋根の塗装をご検討中のお宅へ伺いました。築22年の木造住宅で、10年前に一度塗装工事をした事が有るそうです。お客様の話によると、塗装をして2年位で表面がめくれてきてしまったそうで、塗装した業者に電話しても繋がらなくなっていて諦めた、とおっしゃていました。訪問販売のように塗装工事を売りつけて後はしりません、という悪質な業者が今も沢山いますので、ご注意下さい。


緑区、傷んだ表面緑区、屋根塗装の劣化

表面の様子です。うっすらと塗装をした様子が分かりますが、色が飛んでいて白っぽくなっていました。塗ったのは『黒』ということです。あまりにも色が飛びすぎていてびっくりしました。スレートの表面に傷みが出ているので、表面がザラザラな状態です。この様に傷みが出てきたスレートはどうすれば良いのでしょうか?全体的に見たところ、スレートの反りは殆どなく、野地板の状態も問題ありません。葺替えをする程状態は酷くないので塗装工事をご提案しますが、普通に塗装をしても塗膜が直ぐに剥がれてしまいます。そこでこの様に傷みの出てきたスレートに最適な下塗り剤があります!

緑区、ベスコロフィラーHG

『ベスコロフィラーHG』という下塗り剤です。傷んだ表面を厚塗りの塗膜によって形成し直して劣化したスレートを覆います。そうする事で、仕上げ塗料がしっかりと食いついて塗料本来の持つ性能を発揮してくれます。


緑区、下塗りの様子緑区、下塗り完成

写真は他の建物で使用した時のものですが、傷んだスレートにベスコロフィラーが浸透していくのが分かります。塗り終わった後は、ザラザラだった表面がツルツルになっているんです。傷んだスレートの場合、必ずしも葺き替えやカバー工事をしなければならない訳ではありません。状態をしっかりと見極めて最適なご提案をさせて頂きます。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-349までお気軽にお問い合わせ下さい。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る