現場ブログ

横浜市鶴見区|塗膜の剥がれた屋根の塗装(事前点検)

本日ご紹介いたしますのは、横浜市鶴見区で行った屋根リフォームの事前点検です。前に屋根塗装を行ったそうですが、それから随分年数も経っているということで、今回のリフォームのご依頼となりました。

横浜市鶴見区 屋根塗装 太陽光温水器の設置跡

まずは屋根を全体的に見てみます。一番に目についたのは太陽光温水器が設置されていたと思われる跡です。錆汚れによって屋根の景観を著しく損ねています。また、部分的に屋根材が白っぽくなっていますので、さらに近くで見てみましょう。


横浜市鶴見区 屋根塗装 塗膜が傷んでいる横浜市鶴見区 屋根塗装 塗膜が剥がれている

白っぽくなっている部分を近くで見てみると、塗膜が傷んでいることが分かりました(左写真)。傷みが進行している箇所では塗膜が剥がれて下地が露出しています(右写真)。塗膜は屋根材を保護するするために必須です。これでは風雨や紫外線の影響で屋根材自体がどんどん劣化してしまうでしょう。


横浜市鶴見区 屋根塗装 釘が浮いている横浜市鶴見区 屋根塗装 棟板金が浮いている

棟板金の釘が浮いている箇所も多く見つかりました(左写真)。この状態では棟板金をしっかり固定できません。案の定、棟板金自体も浮いてしまい、隙間でできています(左写真)。ここからの雨水の浸入による雨漏りもありますが、何よりも強風時に棟板金が飛散してしまう可能性もあります。これは早急に対応が必要です。

事前点検の結果、屋根の塗膜に傷みがありましたが、屋根材自体はまだまだ持ちますので屋根塗装をご提案させていただきました。また、棟板金工事も併せてご提案いたしました。
太陽光温水器や最近主流のソーラーパネル(太陽光発電)は、設置前にしっかり点検を行ってから設置することも大事ですが、何よりもその後のメンテナンスも考えておかなければなりません。設置する業者は屋根の構造は専門外であることが多いので、まずは屋根専門業者に相談するようにしましょう。

屋根塗装のブログ一覧

富津市西大和田で外壁にコケが生えてしまうとの事で、調査致しました

2019年9月5日  四街道市鹿放ケ丘で乾式コンクリート瓦屋根の塗装色はシャインレッドで

    四街道市鹿放ケ丘で施工した屋根塗装の様子をご覧いただきます。お客様宅の屋根は乾式のセメント瓦で、メーカーによって呼び方が異なると思いますが、パラマウント瓦と呼ばれるものだと思います。 パラマウント瓦の劣化 ...続きを読む

屋根塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る