現場ブログ

江戸川区|外壁塗装前にはサイディングの浮きや破風板補修を行います

江戸川区のお客様邸で行った外壁塗装です。外壁塗装といっても外壁を塗れば良い訳ではなく、その本当の目的は見た目の回復であったり、外壁の保護機能を維持するといったことがあります。せっかく塗装をしても、下地が傷んでしまえば下地から交換が必要になるので、塗る前に悪くなっている箇所は補修しておくことが大事です。

 

江戸川区 外壁塗装前 サイディングの浮き

 

例えば、こちらのお住まいにおいてはサイディングの浮きが目立っておりました(右写真)。このような現象の原因としては

・止め付け(ビス)の劣化
・変形
・施工不良

などが挙げられます。
特に築年数が10年を越えてくると、よく見られるのが変形です。それは外壁表面の保護機能が失われ、湿りと乾燥を繰り返すことで材が変形してしまうものです。新築から10年以内には専門業者の外壁点検を行い、塗装が必要と判断された場合は塗装をしてサイディングの状態を維持させるようにすることが大事です。

江戸川区 外壁塗装前 浮いたサイディングをビスで固定して直す 江戸川区 外壁塗装前 破風板の補修

 

今回はビスの問題で浮いておりましたので、ビスで固定して直します(左写真)。サイディングの変形や浮きが酷い場合は交換も必要になりますが、多少の変形であればビスで固定すれば問題ありません。 破風板なども同様にビスを増し打ちしておきます(右写真)。また、ビスを入れる為に穴を作る場合、ビス留めした跡がの目立たないようにタッチアップ材を使うこともあります。

 

江戸川区 外壁塗装前 コーキングの目地補修 江戸川区 外壁塗装前 コーキング注入

 

こちらは目地のコーキングです(左写真)。外壁塗装が必要な時期になっていると、コーキングも耐用年数を過ぎていることがほとんどです。写真のように変色して剥がれかかっているのは劣化が進んでいる証拠です。今回はコーキングを取り外し、新しいコーキングを打ち直します(右写真)。

このように、外壁塗装を行う場合、他にも補修が必要になってきます。最近はDIYが流行っており、ご自分で塗装をしてみよう!とお考えの方も増えておりますが、実は塗るだけではなく細かい修正もしなければならないために必要な道具や材が増えて大変です。ご自分でできる範囲を決め、それを越える工事は専門業者にお任せする。など閾値を決めると良いかもしれません。

塗装は下地の状態や他にも修理が必要な箇所などが出てくるので、ある程度参考にできる工事費用を出すにはやはり現地を見てもらうことが大事です。外壁塗装センターではお住まいの点検・お見積もりは無料ですのでお気軽にご連絡ください。

 

コメントは停止中です。

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る