現場ブログ

渋谷区|外壁塗装前のクラック補修工事

渋谷区のS様の外壁塗装工事のご契約を頂きました。 外壁のクラックが酷かったので塗装工事の前にクラック補修を先行で行いました。 S様のお住まいはモルタル造です。クラックは0.2mm以上あると構造クラックを疑わなければなりません。 構造クラックとは壁面表面のクラックではなく、外壁を貫通して構造材まで割れている可能性のあるクラックを言います。 構造クラックの場合、内部の構造材や室内まで雨水が届いている可能性があり、雨漏りや建物の早期劣化の可能性があります。 モルタルのクラック補修はまず、クラックの状態を調査します。
モルタル外壁の補修工事 クラック調査モルタル外壁の補修工事 ピンホールあけ
  ひびの状態を確認し、工具を使って外壁に穴を開けます。
モルタル外壁の補修工事 モルタル注入モルタル外壁の補修工事 樹脂モルタル注入
  そしてその穴に樹脂モルタルを注入します。 これをピンニングといいます。そうしてピンニングのあとはクラック自体にモルタルを刷り込み、その上から 粘度のあるコーキングで処理をしていきます。
モルタル外壁の補修工事 注入完了モルタル外壁の補修工事 注入完了後
  これが塗装前の下処理になります。 外壁の状態によっては塗装のときにパターン(柄)付けをして補修箇所を目立たなくさせます。 こういった細かい作業が建物には重要になります。安い工事をご提供する会社にはこういった細かい作業はなかなか出来ないと思います。業者さん選びは慎重に実績を見て判断してください。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る