現場ブログ

横浜市港区|ヤネフレッシュシリコンを使った屋根塗装と棟板金交換

先日は港区の屋根リフォーム事前調査をご紹介いたしましたが、本日はその後の屋根塗装と棟板金交換工事の様子をお伝えいたします。


港区 棟板金交換 貫板の交換港区 棟板金交換後

塗装を行う前に必ず行うのが下地処理です。下地処理はお化粧前の洗顔やパックのようなもので、女性であればその重要性がお分かりいただけると思います。塗装においてもこの下地処理をしっかりやることで、仕上がりの美しさや塗装の持ちが大きく変わるのです。写真は棟板金交換中の写真になりますが、屋根材が白っぽくなっているのがお分かりいただけるでしょうか? これは下地処理の一つである高圧洗浄を行ったことで、汚れや苔、古くなって浮いた塗膜が洗い流されたからです。
棟板金は貫板から交換し、新しい板金を被せてSUSビスで固定しました。


港区 棟板金に錆止めを塗布港区 屋根塗装 シーラーを使った下塗り

釘が浮いている棟板金が数箇所ありましたので、釘よりも固定力の強いSUSビスを使ってしっかり固定しておきます。また、交換しない棟板金には錆止めを塗布しておきます(左写真)。
続いて屋根塗装に入ります。縁切りを行った後、はシーラーを使って下塗り(右写真)を行います。その後、ヤネフレッシュシリコンで中塗りと上塗りを行います。


港区 屋根塗装後港区 ケラバの浮き補修後

数回の重ね塗りを経て屋根塗装が完了したものが左写真です。塗膜が薄くなった部分が目立った屋根でしたが、塗装後はすっかり綺麗な状態に戻りましたね!
浮きが見られたケラバもしっかり補修し、塗装を行っております(右写真)。

塗装工事を行えば、傷みが目立ったお住まいもご覧の様に新築並みの状態に戻すことが可能です。
汚れや色褪せ等が気になってきましたら、お気軽に外壁塗装センターまでご連絡ください。

 

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る