現場ブログ

練馬区|経年による塗膜の傷みから外壁と屋根の塗装を検討

本日ご紹介いたしますのは練馬区で行った外装リフォームの事前点検です。 お住まいをリフォームするにあたり、現在の状態を把握しどのような工事が必要なのか判断します。お問い合わせ時に外壁塗装や屋根塗装をご希望であっても、傷みが酷い場合は別の工事が必要になることもありますので、外装リフォームを成功させるにはこの事前点検がなによるも重要になってきます。
練馬区 外壁塗装前の事前点検練馬区 外壁塗装前の事前点検 汚れの付着
まずは外観を確認します。一見すると問題がなさそうに見えるお住まいですが(左写真)、近くで見ると汚れの付着が目立ちます(右写真)。外壁を直接触ってみると塗料が粉化したチョーキングという現象も見られました。汚れが付着しやすくなったりチョーキングが見られるということは塗料が劣化している証拠ですので、外壁塗装を検討する時期と判断できます。
練馬区 屋根リフォーム前の事前点検 スレートの変色練馬区 屋根リフォーム前の事前点検 スレートの補修跡
続いて屋根の状態を確認します。以前行った屋根塗装では縁切りを行っておらず、スレートの重なり部に水分が溜まって変色していました(左写真)。縁切りとは屋根材の重なり部に適度な隙間を作ることです。塗装時に縁切りをしないと、このように内部に水分が溜まったり、さらには毛細管現象によって内部に雨水を引き込んで雨漏りを引き起こすこともあります。 前のメンテナンス時に補修したスレートですが、年数が経って補修材が剥がれかかっています。このような箇所も工事に合わせて補修する必要があります。
練馬区 屋根リフォーム前の事前点検 苔の発生練馬区 屋根リフォーム前の事前点検 棟板金の釘が浮いている
屋根の縁に苔が生えていました(左写真)。この部分は水捌けが悪いということもありますが、塗装の防藻効果が失われていることが原因です。また、苔が生えた箇所は水分が滞留しやすいのでスレートの劣化を進めることになります。この状態をから屋根の塗り替えも必須といえます。また、棟板金の固定用の釘も浮いておりました(右写真)。釘を打ち込んでみたところ、棟板金の貫板は傷んでいないようでしっかり釘は効いていました。屋根塗装時には棟板金のメンテナンスも必要です。 今回の事前点検から外壁塗装と屋根塗装をご提案いたしました。大切なお住まいで長く安心してお過ごしいただくためには、定期的にメンテナンスをしていく必要があります。その上で必須といえるのが点検になります。しかし、屋根の上などはご自分で見るのは困難な上、落下の危険もありますのであまりお奨めはできません。そんな時は点検、お見積り無料の外壁塗装センターまでお気軽にお問い合わせください。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る