現場ブログ

葛飾区でエラストコートを使用して外壁サイディング塗装中

葛飾区のお客様の塗装工事、外壁部分の塗装です。外壁は窯業系のサイディングボードですが形状が鎧状になっているタイプです。ところどころにひび割れが発生しています。ひび割れの補修にはIPクイックガードという補修材を使用して行います。IPクイックは乾燥が早く、肉痩せを起こさないので跡が残りにくく、塗装工事の際に乾燥の為に作業を中断させる時間が少なくて済むのでいいことずくめです。メインの外壁に使う塗料は弾性率360%というピュアアクリル100%のエラストコートを使用します。防水性があるのに通気性能が高いため長期間にわたって割れや膨れ、剥がれをおこさない塗料です。また、最近のお客様のご要望で多い、つや消しのマットな仕上がりが標準となっています。
葛飾エラストコート003葛飾エラストコート005
  エラストコートはシーラーレス設計とはなっておりますが、下塗りにはダイフレックスのワイドシーラーを使用しております。エラストコートだけでは無いですが、塗装工事は下地によって塗料の使用料がかなり変わります。お客様の外壁㎡数から4缶使用すると想定し用意いたしました。エラストコートも色見本からかなり多くの色を作成することが可能です。ただし、極端に濃い色は出来ないのが残念なところです。
葛飾エラストコート010葛飾エラストコート002
    もともとのサイディングの色は黄色系です。今回の塗り替えも新築当時の状態に復旧させるイメージで行って参ります。下塗りのワイドシーラーを塗布していますが乾いてしまうと透明なためわかりにくいですね。
葛飾エラストコート008葛飾エラストコート007
  下地処理も並行して行っています。ベランダにあるオーバーフロー管の周囲も高耐久シール材オートンイクシード15+でシールします。これで長期間安心ですね。
葛飾エラストコート006葛飾エラストコート009
  外壁サイディングに発生しているヒビ割れです。ここにはIPクイックガードを使用して補修していきます。
葛飾エラストコート001葛飾エラストコート004
  下地処理が終了した後はいよいよメインのエラストコートを塗装していきます。中塗りの工程です。エラストコートは塗り方、希釈率にしっかりとした基準が設けられています。お客様に長期保証をお付けしておりますので施工基準は厳密にまもって施工を行っております。    

カラーシミュレーションでさらにわかりやすく!カラーシミュレーション 詳細はこちら

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る