現場ブログ

西東京市|外壁や屋根の塗り替えに合わせ付帯部の塗装も行います

西東京市で行った外壁、屋根の塗り替えに合わせた付帯部の塗装をご紹介いたします。


067079

こちらは雨戸の塗装です。ご覧のように凹凸がある面を塗装する場合は吹き付け塗装を使います。塗装前に表面をケレンし、塗料が飛散しないように養生しておきます。ちなみにケレンとは塗装面に付着した汚れや錆、古い塗料などを落とす作業です。これを怠ると、塗り上がりの見た目は問題ないのですが、数年で剥がれたりする弱い塗装になります。
数回の吹き付け塗装を行い、仕上がったものが右写真です。


060075

雨樋の塗装も行います。塗装前は塗膜が劣化して色褪せしていました。樹脂製なので腐食することはありませんが、塗膜が傷んだ状態で放置すると紫外線や風雨の影響で耐久性がなくなり破損しやすくなります。ですので、定期的に塗装を行って保護しておくことが大事です。破損した場合、一部であれば交換すればよいのですが、場合によってはその雨樋が廃盤になっていることもあります。そうなると全体的に交換しなければならず費用もそれだけかかりますので、メンテナンスをしっかり行っていくことを心がけましょう。


063080

塗膜がはがれてしまったバルコニーの塗装を行います(左写真)。数回の重ね塗りで、丁寧に仕上げれば、まるで新品のような美しさを取り戻しますね(右写真)!

外壁や屋根の塗り替えを行う場合、合わせて雨戸や雨樋などの付帯部も塗装しておきましょう。そうすれば次回の塗装時期までは問題なくお過ごしいただますし、何より後々そこだけの塗装工事をするとなると足場の架設費が再度かかることになります。まとめて行うことには他にもメリットがあります。次回のメンテナンス時期も分かりやすくなることです。あの部分は5年前に塗って、別のところは2年前に塗って・・・となるとちょっとやっかいです。一度の工事でお住まい全体のメンテナンスをし、その後定期的に点検を行っていくことがお住まいを長持ちさせるポイントと言えるでしょう。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る