現場ブログ

豊島区の外装リフォーム事前調査

本日ご紹介いたしますのは豊島区で行った外装リフォームの事前調査です。
外装リフォームといっても様々ですが、お施主様としては外壁塗装と屋根塗装をお考えとのことです。事前調査を行うことで塗装に限らずお住まいの状態からどんな工事が必要かを判断し、最適なご提案をしたいと思います。


豊島区 外装リフォーム事前調査 外壁の汚れ豊島区 外装リフォーム事前調査 雨樋からの雨水で外壁が汚れている

外壁を確認すると、壁面の汚れにより白い外壁が灰色がかって見えます(左写真)。また、地上に近い部分には苔の発生も見られました。
雨樋を伝って外壁から雨水が流れているようで、筋状の汚れも確認できました。外壁の汚れや苔の発生は塗膜が傷んできている証拠です。塗膜が傷むと撥水性、耐汚染性、防藻性などが失わるのでこのような状態になってしまいます。外壁塗装が必要な時期であることは間違いありません。


豊島区 外装リフォーム事前調査 雨樋の汚れ豊島区 外装リフォーム事前調査 縦樋の破損

雨樋自体も汚れています(左写真)。お住まいは白を基調としたスッキリとしたデザインですが、建物全体に汚れが目立つとそのデザイン性は失われてしまいます。外壁の塗り直しを行えばこのデザインも活き活きとしてくるでしょう。
何かがぶつかったのでしょうか? 縦樋に大きな穴が空いています(右写真)。これでは雨が降った時には、ここから雨水が漏れ出し水溜りを作ってしまうでしょう。こちらの補修も必須です。


豊島区 外装リフォーム事前調査 目地のコーキングがひび割れしている豊島区 外装リフォーム事前調査 塗膜が剥がれている

外壁の目地に施されたコーキングも経年によって硬化し、ひび割れが発生しています(左写真)。コーキングは建物の伸縮などに追従するために弾性がなければなりません。しかし、年数が経つとどうしても硬化し、ひび割れを起こしてしまいますので定期的に交換が必要になります。
破風板の塗膜も剥がれています(右写真)。剥がれた箇所は水分の影響を受け、劣化を早めてしまいますので塗装による保護が必要です。下地が傷んで腐食などしてしまうと塗装では対応できず、交換しなければなりませんので、今の段階でメンテナンスしておくほうが良いでしょう。

外壁塗装の事前調査では、やはり塗膜の傷み具合から塗装が必要と判断できました。また、目地のコーキングや雨樋、破風板のメンテナンスも合わせてご提案させていただきました。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る