現場ブログ

都筑区|雨漏り調査に伺いました

横浜市都筑区に雨漏りの調査に伺いました。

2年前に内装工事を行った時に、雨漏りしている事が発覚したそうで、

内装業者さんが色々と調べたのに原因が分からなかった、

という事でお問い合わせ頂きました。

いつまでも止まらない雨漏りは、精神的にも肉体的にも非常に負担になりますので、

原因究明のためにも早速調査を開始してみましょう。

外壁面

外壁はALCボードの上に塗装で仕上げています。

丁度、写真に写っている外壁の裏側の内装に雨漏りの跡があります。

多少の雨でも雨漏りするそうで、壁の中をポタポタと雨水が落ちてくるそうです。

3階建ての1階部分での雨漏りで、サッシ周りや階段と外壁の取り合い部分など

コーキングで防水処理がしてありました。

踊り場

階段の踊り場です。

防水工事がしてありました。

考えられる可能性は一通り潰していった様ですが、

今でも雨漏りが止まらないそうです。

排水ドレン

ここは、屋上の排水ドレンです。

丸く見えるのが排水パイプなのですが、その周囲に隙間が出ています。

雨漏りの原因はここです。この真下の壁の中を雨漏りしています。

修理方法は、改修用ドレンなどを使用する方法も有りますが、

周囲の形状が複雑なので、パイプと周囲の隙間を埋めた後防水処理を行います。

早目に工事を行って早く雨漏りを止めなければいけません。

ご質問やご不明な点など御座いましたら

フリーダイヤル0120-948-349までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

その他のブログ一覧

2019年11月18日  木更津市請西にて軒ゼロ住宅で外壁からの雨漏り発生

    現在、築11年。築10年になる前からの外壁からの雨漏りがはじまったという木更津市請西のお客様です。雨漏りが起こるのは決まって南風の雨天の日で、1階と2階の窓枠から浸水してくるそうです。ハウ ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る