現場ブログ

金属部分の塗装には錆止め塗料の下塗りが必要です

お住まいによってほとんどないところとたくさんあるところが分かれるのが鉄部などの金属部分じゃないでしょうか。門塀、フェンスなどの柵、外の階段などが金属のお住まいもあれば、そうでないお住まいもあります。鉄などの金属部分の塗装には金属部分の塗装には錆止め塗料を下塗りし、それから中塗り・上塗りと重ね塗りしていくことになります。その下塗りの錆止め塗料として最適なのが「1液ハイポンファインデクロ」です。  
金属製の門金属製の塀
●環境にやさいしい鉛ゼロ 以前の錆止め塗料というと鉛が含まれており、環境に厳しいものでした。各塗料メーカーの努力もあって鉛の配合量は減らされ、「1液ハイポンファインデクロ」は鉛を配合していません。  
1液ハイポンファインデクロ鉄骨階段
●鉄のほか、ステンレスやアルミニウムにも使えます 鉄はもちろんのこと、ステンレス(SUS304)、劣化溶融亜鉛めっき、電気亜鉛めっき(ボンデライト)、アルミニウム(A1050P)への下塗りとして使えます。防錆力も高いので安心です。   小さなベンチなどはともかく、鉄などの金属部分の塗装は錆や劣化の兼ね合いもあるのでDIYで行うのは案外難しいものです。お住まいの塀が錆びていると美観も損ねてしまいますよね。そのような家は建物の管理に関心がないと判断され、空き巣にも狙われやすくなるそうです。お住まいの塀やフェンスが金属製の方は定期的に点検してあげてください。    

その他のブログ一覧

2019年11月18日  木更津市請西にて軒ゼロ住宅で外壁からの雨漏り発生

    現在、築11年。築10年になる前からの外壁からの雨漏りがはじまったという木更津市請西のお客様です。雨漏りが起こるのは決まって南風の雨天の日で、1階と2階の窓枠から浸水してくるそうです。ハウ ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る