現場ブログ

市原市五井にて屋根塗装・棟板金交換・雨樋清掃のご依頼をいただきました

市原市五井にお住いのお客様より屋根塗装を考えているので見積りをいただきたいとのお問合せをいただきました。数あるサイトの中からご連絡をいただき、誠に有難うございます。早速調査へ伺ってまいりましたのでご覧くださいませ。

屋根塗装前の調査を実施、塗膜の効果は無く苔やカビなどが発生

屋根点検
苔やカビの発生

早速、梯子をかけて屋根の上へとのぼります。既に塗膜の効果はなく、何色の屋根だったのかわからない状態です。かなり劣化が進行しており、苔や藻、カビの発生はもちろんのですが、これ以上この状態を放置しますと屋根塗装ができない恐れもあります。ということは、雨漏りの危険性も高まります。
屋根というのは二重の防水構造になっています。一つ目の防水が屋根材で、二つ目の防水がが防水シートです。一つ目の屋根材が劣化をすると多くの雨水が二次防水である防水シートに達します。防水シートが腐ると屋根裏に雨漏りしはじめ、放置をすると白アリの発生を招くなど悪循環を招く恐れがあることがわかるかと思います。
塗装工事をすることで様々な症状をくい止めることができます。屋根も外壁も塗装をすることで防水性が保たれます。適した時期にしっかり屋根塗装をするようにしましょう。

棟板金の釘浮きと雨樋の詰まり

棟板金釘浮き
雨樋つまり

棟板金も釘が浮いていることから、板金の中にある貫板が腐食している可能性があります。塗装前に新しい板金へ交換をした方が良いでしょう。
また雨樋に土が溜まりその上には苔がみっちり発生している状態です。雨が降ってもこれでは正しく排水がされません。オーバーフローをし、正しく流れない雨水は外壁に直接当たるため、外壁を傷めてしまうことにもなります。
下から見ただけではわからない屋根や棟板金・雨樋状態は点検をして初めてわかることが多くございます。
街の外壁塗装やさんでは、ご依頼いただいた工事以外にも、不具合箇所をしっかりと修繕してから塗装工事を行わせていただきます。点検した状態はお写真にてお客様に確認していただき、必要な工事のご提案をさせていただいておりますのでご安心くださいませ。

屋根の劣化と雨樋の詰まり

屋根塗装のブログ一覧

富津市西大和田で外壁にコケが生えてしまうとの事で、調査致しました

2019年9月5日  四街道市鹿放ケ丘で乾式コンクリート瓦屋根の塗装色はシャインレッドで

    四街道市鹿放ケ丘で施工した屋根塗装の様子をご覧いただきます。お客様宅の屋根は乾式のセメント瓦で、メーカーによって呼び方が異なると思いますが、パラマウント瓦と呼ばれるものだと思います。 パラマウント瓦の劣化 ...続きを読む

屋根塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る