現場ブログ

市原市能満で劣化が進んでしまった窯業系サイデングの外壁を調査

サイデングの劣化

築年数のたった外壁
塗料の剥がれ

市原市能満にお住まいのお客様は築年数が約25年程経ち、外壁サイディングの劣化が気になり始めてきたそうです。住宅も築年数を追うごとに修理箇所も多くなりたびたびご自身で出来る事はおやりになっていたとの事でしたが、先日屋根からの雨漏れが発覚し、外壁にも不安を感じるようになったそうです。一度専門業者に見てもらい、今後も住み続けるためどのようなことを行えばよいのかお聞きしたいとのことでした。

外壁の不具合

サイデングの劣化

築年数が25年と年数は経過していますが、これまで問題が起こらなかったので、外壁塗装などは一度もしたことはないそヴてした。外壁から雨水が室内に入ってくることは少なく、大きな問題でもない限り、劣化や破損を気に留めることは少なくなりがちです。しかし一度、外壁に問題が発生するとメンテナンスにかかる金額が大きくなってしまう傾向があります。外壁は垂直に設置されているので雨水は真下に流れ、浸入してくることがあっても少量になります。よって雨漏れに気が付きにくく、結果的に躯体事態に大きな腐食をもたらし、被害が大きくなることもあります。小さな穴などでも長年の年月を重ねる事で内部に大きな被害が出てしまったケースをよく見かけます。

注意するのはコーキング

補修跡
コーキングの劣化

窯業系サイディングで一番気を付けないといけないものが、コーキング・シーリーング部分になります。サイディングなどの平面では外壁サイディングの部分が重なり合っていますが、コーキング部分などは切断した断面の箇所となり、コーキングが劣化すると、雨水が外壁内部に浸入してしまい雨漏れが起きやすくなります。外壁とコーキングでは耐用年数に差があるので、注意が必要になります。(メンテナンスや外壁塗装はこちらまで)

外壁塗装のブログ一覧

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る