現場ブログ

スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

スーパーセランフレックス標準色サンプル
ブラウンの外壁 ダイヤスパーセランフレックスNO.34

ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパーセランフレックスを使用して外壁塗装を施工しました。偶然にも標準色のサンプルの中から選ばれた色はNO.34。ですが色の「濃淡」の異なるNO.34です。
これからダイヤスーパーセランフレックスのブラウン系の色で外壁塗装をご検討されておりますお客様のために濃淡の異なるNO.34をご紹介してみたいと思います。

淡色のNO.34

スーパーセランフレックスのNO34の淡色にて
NO.34淡色

まずは淡色のNO.34になります。上記画像のお客様は標準色のNO.34の色よりもう少し淡い感じが良いということで少し優しい感じに調色していただきました。本来のNO.34はもう少し黄味がかっておりますが抑え気味にすることでベージュ系に近いブラウン系の仕上がりとなっております。

標準色のNO.34

標準 NO34
標準色 NO.34

続いて標準色のサンプルにあるNO.34の色になります。サンプルよりは若干明るめにイエローが強く発色しているようにも感じます。実際に外壁に塗布しますと面積効果によりサンプルの色より明るめに発色しているように見えることを覚えておいてください。

濃色のNO.34

スーパーセランフレックスのNO34の濃色にて
濃色34

そして濃色のNO.34になります。土色のようなカラーです。
このように「ブラウン系の外壁にしたい」と考えたとき、人によって思いうかべる「ブラウン・茶色」というのは異なるということです。淡く優しいタッチにしたい、濃い目の色がいいなど様々だと思います。
そんなときは、色の濃淡を変える調色をしてみると良いでしょう。特に調色の場合、カラーシミュレーションを作成しても色の出方が違う場合もあります。(他の色もそうですが)事前にA4サイズの見本板を取り寄せ確認いただくこともできます。
簡単に外壁色を変えられないからこそ、色選びには慎重にもなりますよね。
街の外壁塗装やさんでは、屋根や外壁色選びのサポートもさせていただいております。もちろんカラーシミュレーションは無料にて対応しております。どうぞお気軽にお声がけいただければと思います。

外壁塗装のブログ一覧

千葉市稲毛区黒砂台で外装リフォーム、遮熱塗料と超低汚染塗料でのエコ塗装のご提案

2019年9月6日  横浜市磯子区中原の戸建て住宅をカラーシミュレーション、個性的な外壁デザインを塗装で活かす?塗りつぶす?

    横浜市磯子区中原で外壁塗装を考えているので見積りをお願いしますとお問合せをいただきました。数あるサイトの中からお問合せ下さいまして誠に有難うございます。デザイン性のある外壁で、今回はそのデザインを活かすか、はたまた塗りつぶしてしまうか迷われており、カラーシミュレーションをご覧いただき選んでいただいております。 ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る