現場ブログ

佐倉市生谷の工場で止まらない窓からの雨漏れを現地調査

室内の壁

内壁雨漏れ
雨漏れの被害

佐倉市生谷の大きな工場で長年に渡り、サッシ付近から雨漏れが止まらないとの事で、お悩みになっている法人様からのご相談をいただきました。今まで他社さんにもいろいろと見てもらったそうですが根本的な解決には、いまだ解決をしていなく、今回弊社のホームページをご覧になり、調査依頼がありました。

現地調査にて拝見したところ、雨が降っていないので実際に雨漏れしている現状は、見ることが出来ませんでしたのですが、外壁がALCでサッシも埋め込まれている状態でした。現状内壁の塗装が剥がれ出してきていましたので、外壁内側からの湿気で剥がれている様にも見受けられました。(工場などのメンテナンスはこちらまで)

サッシからの雨漏れ

外部サッシ
劣化したサッシ

工場はALC構造で、建物自体はとても古いとの事でしたが外壁のメンテナンスは定期的に行っているそうです。外部サッシ廻りのシーリングなどには不具合や劣化しているものは見当たらない状態でした。ALCなどのひび割れなどから雨漏れが生じる事も多々あるのですが、外壁塗装されていたので見つける事も出来ませんでした。通常であれば塗装をする時にクラック補修をしますが、やらない業者もいるので気を付けましょう。

サッシ自体アルミ製なので劣化しにくいのですが、サッシにはアルミ以外の資材も数多く使用されているため雨漏れが生じる要因はあります。今回のサッシは2連でしたので別々のサッシを連結している部分があり雨跡の色も変わっていたのでとても怪しく、こちらが原因の一つと思われます。ただ解体してみないと現状ではハッキリ分かりません。

散水検査の重要性

雨漏れサッシ

サッシなどの不具合は、ゴムパッキンなどの劣化以外は雨漏れする場所の特定は難しく解りずらいのが現状です。このような場合には有料となってしまいますが、散水試験をお勧めします。サッシ自体を解体すればおおよそ原因は解りますが、大きな交換金額がかかってしまいます。散水試験ではおおよそ雨漏れ個所の特定ができるので、ポイント補修で済む場合もあります。

シーリング打ち替えのブログ一覧

千葉市若葉区西都賀の外壁調査、コーキングの欠損やチョーキングの発生は外壁塗装時期のサインです

2019年7月25日  千葉市中央区にてシーリング打ち替え作業中、手順をお見せします

    千葉市中央区にて屋根外壁塗装を行っております。本日は外壁の目地、シーリング打ち替え作業を見ていただこうと思います。建物には必ず「目地」が存在します。目地とは、外壁材のサイディングとサイディングの間にある隙間・継ぎ目のことを指します。この隙間にはゴム状のシーリング材が打ち込まれおり、建物の中に雨水が入り込むことを阻止しています。紫外線などの影響を受け、シーリングは劣化をしていきます。ひび割れたり剥離をおこした ...続きを読む

シーリング打ち替えの施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る