現場ブログ

袖ケ浦市奈良輪で台風の影響で、雨樋が吹き飛んでしまった

台風15強風の強さ

雨樋破損
雨戸の傷

袖ケ浦市奈良輪で大きな日本家屋にお住まいのお客様は、先日の台風15号の影響で、台風の備えで締めきってあった雨戸が吹き飛ぶと言う事態になってしまいました。子供の頃から幾度の台風があったが今回の様な、雨戸が吹き飛ばされると言う台風は、今まで経験した事のないほどの規模だったとの事でした。日に日に情報が入ってくると千葉県でこれほどの大きな被害が集中して現れるのは、今回が初めてではないでしょうか。(工事の点検や疑問のことでしたらこちらまで)

化粧鏡板(戸袋)

化粧鏡板

こんかい被害にあった戸襖は断熱効果のある、通常の雨樋よりも厚手の物となり、めったに破損するものではない雨樋となっていますが、被災物を防ぐどころか雨樋自体が飛散してしまいました。日本家屋とも在り雨戸の戸襖の造りは、手の込んだ物となります。現在ではメーカー品では木質で売られているものは無いので、特別に大工さんに作り付けをお願いすることとなります、現在では職人も少なくなりつつ、こう言ったものを作れる方も少なくなっている事が現実です。

破損個所

戸襖破損
破損場所

今回の被害は扉が破損しただけではなく、戸袋まで飛散してしまいました。少々古いとはいえ戸袋が破損するとは今回の台風の影響の大きさには驚きを隠せません、修理するには全て手作りとして作りますので、短時間では作ることが出来ず、これから台風の季節なので、今後が心配になってしまいます。

その他のブログ一覧

2019年11月18日  木更津市請西にて軒ゼロ住宅で外壁からの雨漏り発生

    現在、築11年。築10年になる前からの外壁からの雨漏りがはじまったという木更津市請西のお客様です。雨漏りが起こるのは決まって南風の雨天の日で、1階と2階の窓枠から浸水してくるそうです。ハウ ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る