現場ブログ

袖ケ浦市上泉にて台風の影響で外壁の漆喰が剥がれてしまい雨漏れが発生

台風15号の影響

漆喰の剥がれ
壊れた漆喰

袖ケ浦市上泉にお住まいのお客様は今回の台風15号の影響により、日本家屋の塗り壁である漆喰(しっくい)が剥がれてしまい、今まで無かった雨漏れが生じてしまいました。雨が降ろうが例年の台風が来ても今まで問題は起こらなかったのですが、今回の台風は例外でした。台風が去ったので屋根が心配で見た所外壁の漆喰が一面崩れ落ちていました。屋根が剥がれ雨漏れが生じたのだと思っていたのが、実は外壁の漆喰(しっくい)が原因でした。(雨漏れ原因を点検いたします)

雨漏れ跡

雨漏れの要因

今まで幾度もの台風が来ても雨漏れが生じなかった住宅でしたが、今回は異例でした。室内の天井に雨漏れが生じてしまい染みが生じてしまっていました。雨漏れの雨水は茶色くなってしまっている為、白い天井材にはくっきりと雨漏れ跡が生じてしまいました。

土壁の破損

吹き付けにより破壊
隙間が生じ雨漏れ

台風により外壁が横殴りの雨風で崩れ落ちてしまい、漆喰(しっくい)による防水が無くなってしまい室内に雨水が浸入してしまいました。漆喰の(しっくい)の下地材が土壁でしたので、雨で流れてしまい外壁に隙間が生じてしまった事が大きな原因です。流れてしまった土壁を早く修理しないと雨水が侵入し続けてしまう為、早目の対応が必要です。

その他のブログ一覧

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る