現場ブログ

袖ケ浦市代宿で台風の影響で何かがぶつかったせいで外壁にヒビが生じた

台風15号の影響

ガラスの割れ
雨戸のないサッシ

袖ケ浦市代宿にお住まいのお客様は、夜中の台風が一番強かったころ、外壁に大きな衝撃が起きたそうです。夜が明け確認することが出来た時には、窓ガラスにひびが入り外壁のサイディングにも傷がつきヒビ割れしている状態だったそうです。ガラスが割れた周辺に何かぶつかった傷はあるものの、飛来物は無く、今でも何がぶつかり破損していったのかはわからない状態だったそうです。(災害後の点検などはこちらまで)

南東による大きな風害

雨樋の破損

南東の風がお客様の住宅に大きな損害をもたらせたことがよくわかります。南東側の雨樋だけが吹き飛んでしまっている状態です。その他方角の雨樋は無傷で残っていましたが、一面のみなので、一方の風向きにより大きな力が加わったに違いありません。

飛来物の被害

ひび割れ
サイディングの割れ

東面に大きなものが飛来し衝撃でサイデングの角にひびが入っていました。サイディングはタイル調により表面は石材で出来ているのですが、角のコーナ部分は貼り合わせてあるだけである為、何か強い衝撃が当たると割れてしまう事はあります。ただ大きな衝撃がかからないと壊れない物ですので、飛来物も大きなものだったに違いはありません。

その他のブログ一覧

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る