現場ブログ

袖ケ浦市蔵波台で台風の強風の吹込みにより、室内に雨漏れが生じた

台風15号の影響で雨漏れ

室内の雨漏れ
障子の染み

袖ケ浦市蔵波台にお住まいのお客様は、先日の台風15号の影響で一階のお部屋に大きな雨漏れが生じてしまいました。お客様の住宅は屋根の塗装と外壁の塗装を数年前におやりになったばかりで、メンテナンスをしていたのだが、雨漏れが生じてしまいました。雨漏れと言うと屋根直下の二階のお部屋に雨漏れがしてしまう物と思われていましたが、二階の室内は雨漏れが無く、一階の天井付近から雨漏れが生じるというものとなってしまい、何が原因か解らない状態でした。

雨漏れ原因調査

点検項目

台風が去り調査を致します。現在は雨漏れが生じていないとの事ですが、室内には雨漏れが生じた大きな雨跡が生じていました。考えられる要因を調べていこうと思います。

まず初めに考えられるものは雨漏れ付近に外壁にクラックやひび割れが無いか確認しましたが、塗装工事をおやりになったばかりで、目立った外傷はありません。その他付帯部(庇)などを注意深く検証しましたが、綺麗に補修されておりましたので、雨漏れが生じるとは考えずらい物があります。建物は少々古くなってはいますが、メンテナンスをしっかりおやりになっているので、雨漏れの要因がありませんでした。(無料点検のことでしたらこちらまで)

見音がしがちの戸袋

戸袋
戸袋内部の防水

お客様の住宅は雨戸が木製によりデザインされていました。木製には問題は無いのですが、雨戸が早く乾燥するために、鏡板の部分は面格子調になっていました。上からの雨は侵入しない様になっているのですが、今回の台風の強風は下からも雨水が入り込んでしまう位の強風を伴う雨でした。

戸袋内に侵入した雨水が台風の影響で通常より多く入り込み内部に溜まってしまう事となってしまいました。通常当時の施工方法は戸袋内は、外壁の様な防水がされていない事が多く、雨漏れしやすい物となっています。雨水は入りずらくなっていますが、侵入してしまうと雨漏れとなってしまう可能性があります。

その他のブログ一覧

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る