現場ブログ

小田原市羽根尾で太陽光発電が載ったスレート屋根の塗装前点検

太陽光発電を載せたスレート屋根を塗装したいとご相談くださった小田原市羽根尾のお客様です。太陽光を載せる前にその業者から「太陽光発電を載せる前に屋根塗装しておけば安心ですよ」と言われ、紹介された業者で一度屋根塗装は行ったそうです。それから十数年が経過し、太陽光業者から屋根塗装の時期を知らせるハガキが届いたそうで、「他の塗装やさんの相場はどうなんだろう」と疑問に思い、私達に連絡くれたそうです。

太陽光発電が載ったスレート屋根

太陽光発電が載せられたスレート屋根
架台がなしで取り付けられているので、太陽光の下は塗るのは無理ですね。太陽光発電を取り外して、再設置するということもできるのですが、それだと費用が掛かりすぎます。また、取り外して、再設置するとメーカー保証が変更になるメーカーもありますので、これから太陽光を載せた屋根を塗装しようとしている方はよく確認した方がいいでしょう。

前回の塗装から十数年の屋根

光沢が落ちてきた屋根
屋根材の下端の水が溜まりやすいところが変色
陽当りがよく、風通しも良いためか、藻や苔が生えていません。塗膜の傷み具合も十数年でしたらこんなものでしょう。雨水が滞留しやすい各屋根材の下端部分は変色がはじまっています。

縁切りされていない屋根

縁切り不足
浮いてきた棟板金
塗ることだけはしっかり行われたようですが、スレートの重なり部分が縁切りされていません。スレートの重なり部分は雨水や蒸気の排出のため、ある程度の隙間が必要なのです。おそらく太陽光の下も縁切りされてないでしょう。これは困りまりました。現在、雨漏りはされていないそうですが、太陽光を下ろして、再設置となると費用がかかります。現在、築二十数年ということですから、これが最後の屋根塗装となります。他の部分の縁切りでそれまで乗り切り、雨漏りが起こったら寿命と考えて、屋根葺き替えをするのが最適なような気がします。浮いている棟板金は交換してしまいましょう。

屋根塗装のブログ一覧

2019年10月29日  小田原市羽根尾で太陽光発電が載ったスレート屋根の塗装前点検

    太陽光発電を載せたスレート屋根を塗装したいとご相談くださった小田原市羽根尾のお客様です。太陽光を載せる前にその業者から「太陽光発電を載せる前に屋根塗装しておけば安心ですよ」と言われ、紹介された業者で一度屋根塗装は行ったそうです。それから十数年が経過し、太陽光業者から屋根塗装の時期を知らせるハガキが届いたそうで、「他の塗装やさんの相場はどうなんだろう」と疑問に思い、私達に連絡くれたそうです。 ...続きを読む

屋根塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る