現場ブログ

相模原市緑区大島でパミールに屋根塗装を勧められたお客様からのご相談

パミールという屋根材があります。スレートに分類される屋根材で、報道などで定期的に取り上げられることから、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。新築後10年くらいで層間剥離がはじまり、ミルフィーユのようになってしまう屋根材です。そんな屋根材に塗装を勧められた相模原市緑区大島のお客様からご相談をいただきました。

おかしなお見積り書

他者のお見積り
ことの始まりは訪問販売を行っている塗装業者がお客様邸に営業に来たことでした。お客様は築20年なので2回目の外壁塗装屋根塗装を検討し、お見積りをもらったそうです。その数日後、外に出て「この家にもう20年も住んだのか」と感慨ふけりながら、お家を見たら、屋根材に剥がれ・浮きが見えて驚いたそうです。こんな状態で屋根塗装できるのかと疑問に思い、弊社にご相談くださいました。そのお見積り書も拝見いたしました(他社様の見積もりなので一部、モザイクをかけています)。

剥離が発生していたパミール

いろいろと浮きがある屋根
剥がれてきているパミール
屋根にのぼって見ますと、お客様が言うように浮きや剥がれが発生しています。明らかにパミール特有の病状です。お見積り書には「屋根高圧洗浄」と記載されています。こんな状態の屋根を高圧洗浄したら、屋根材が全て剥がれて粉々になり、なくなってしまうのではないでしょうか。明らかに屋根を見ないで作ったお見積りです。

以前、屋根塗装された形跡あり

以前屋根塗装されたらしい
層間剥離の発生
よくよく見て見ると、塗膜が剥がれて、屋根塗装される前の状態が分かる部分もありました。どうやら以前、新築時と同じ色で屋根塗装されたようです。お客様も「10年くらい前に塗装を行った」とおっしゃっていました。パミールは1996年に販売された商品ですから2006年あたりには問題が出始めていたのてじょう。おそらく以前はこれほどまでに悪化しておらず、塗装が可能で、業者がパミールだと知らずに塗ってしまったのでしょう。築20年で剥がれてきてはいるものの、ほぼ崩れていないパミールは珍しいです。奇しくも屋根塗装によって少しは延命できたようですが、これ以上屋根塗装はしても無意味です。屋根カバー工事か屋根葺き替えをするしかないでしょう。

外壁塗装のブログ一覧

2019年11月8日  相模原市緑区大島でパミールに屋根塗装を勧められたお客様からのご相談

    パミールという屋根材があります。スレートに分類される屋根材で、報道などで定期的に取り上げられることから、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。新築後10年くらいで層間剥離がはじまり、ミルフィーユのようになってしまう屋根材です。そんな屋根材に塗装を勧められた相模原市緑区大島のお客様からご相談をいただきました。 ...続きを読む

袖ケ浦市横田で玄関の外壁にコケが生えてしまいお困りになっている

2019年10月28日  中井町井ノ口にてカラーシミュレーションで外壁塗装の色選び

    一度、塗り抱えたら10年以上はその色で過ごさなければならないとなると、絶対に失敗できないのが外壁塗装の色選びです。中には「イメージと違うから追加費用を払うので違う色で塗り直してほしい」というお客様もいらっしゃいます。そういった事態を避けるために塗り替え前にやっておきたいのがカラーシミュレーションです。今回は中井町井ノ口のお客様のカラーシミュレーションを作成いたしました。 ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る