現場ブログ

袖ケ浦市蔵波台で築年数を考えて、外壁塗装工事を検討

現地調査風景

現地調査
住宅の現状

袖ケ浦市蔵波台にお住まいのお客様は、築年数を考えてそろそろ外壁塗装をしなくてはいけないとお考えになり、二回目の外壁塗装をご検討したいとの事で、ご依頼がありました。現地調査にお伺いしてみた所、築年数が約30年経っているとは考えにくい位住宅の状態が良く、ご自宅を大切にしていることが良く解る住宅でした。外壁塗装をご検討になったきっかけは少し汚れも現れてきたことと、近隣さん達もメンテナンスをしている事が多くなって来たとの事でした。(外壁塗装の事でしたらこちらまで)

劣化しやすい資材

金属部分の劣化
コケの発生

住宅には内外部にかかわらず、様々な種類の資材が使用されています。当時は現代とは違い木材の使用も多数ありました。立地条件で劣化の変化がでやすい物ですが、中でも特に幕板や破風板などは木材の使用頻度が高く、塗料で保護しないと早い段階で目視でもわかる位劣化で朽ちているものが確認できます。

お客様の住宅では行き届いたメンテナンスにより大きな劣化部分は無く築年数から見てもまれな事です。鉄部分に関しては若干の劣化が見ることが出来ましたが、大きな破損や劣化部類には属さない程度でした。今回の塗装工事でこれ以上の劣化は食い止められる事は間違いないものでしょう。

ひび割れ(クラック)

クラックスケール

外壁はモルタル外壁でリシン調に塗料が塗られていました。モルタル外壁では地震や強風による住宅の歪のせいで、ヒビ割れ(クラック)が生じます。これは自然な事でひび割れ(クラック)が起きない住宅は無いと言ってもいい程です、ただひび割れの大きさで、ヘアークラックと構造クラックと言う部類に分かれ、幅が0.03mmまでのヒビは問題ないと判断できます。これ以上大きくなったヒビ(クラック)は、構造クラックとした部類になり、これ以上大きくならない様に補修工事が必要となります。専門知識がある業者でないとそのまま塗装してしまい、数年後に再発するケースが多々ありますので、現地調査をしてもらいましょう。(点検などの事でしたら、こちらまで)

外壁塗装のブログ一覧

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る