現場ブログ

袖ケ浦市飯富で外壁の劣化に伴う現地調査

塗料の劣化

窯業サイディング
塗料の劣化

袖ケ浦市飯富で外壁塗装をご希望のお客様からお問い合わせを頂きました。弊社のホームページを閲覧しご自宅と似たような事例がたくさん掲載していたとの事で安心したそうです。と言いますのも築年数が約30年近く経つとの事でしたが、今までメンテナンスなどは余りやっていなかった事と、いつ頃やらないといけないかなど知らなかったとの事でした。

気が付いたら塗装の色がまだらになってきており詳しい業者に見てもらわないといけないと思ったそうです。

コケの発生

コーキングの劣化
コケの発生

現地調査にて外壁を調べます。調査してみると外壁は窯業サイディングで、表面塗装が経年劣化によりチョーキングを起こし、手にまとわりついてきてしまう物となっていました。太陽光が常に当たる場所は特に色あせがしている状況でした。チョーキングは太陽光により塗装粒子が分解してしまい粉になってしまいます。

窯業サイディングはセメント系ですが表面の塗料で雨水を流しますので、塗料が無くなるとサイディング自体に水分が吸収してしまい本体の強度が低下してしまいます。雨水が流れにくくなると、苔等も生えやすくなり湿気をおびてしまい、どんどん悪循環になってしまいます。

雨漏れ原因

経年劣化

お客様のお話ですと窓部分から雨漏れが生じてしまうとのお話がありました。劣化が進む中でサイデングより経年劣化が早いコーキングがあります。対応年数が比較的短い資材なのでひび割れなどの形跡があり雨漏れがしやすい状況になってしまっています。水垢もサッシ廻りに多く付いている状況でしたので、塗料の劣化で雨水の流れがスムーズにいかなくなっている状況です。(塗装の事でしたらこちらまで)

外壁塗装のブログ一覧

2020年2月13日  袖ケ浦市飯富で外壁の劣化に伴う現地調査

    塗料の劣化 袖 ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る