現場ブログ

袖ケ浦市神納で左官塗り壁外壁の劣化が原因で雨漏れ

雨漏れ発生

室内雨漏れ
鴨居雨染み

 袖ケ浦市左官脳にお住まいのお客様は、窓サッシより雨漏れが生じているとの事で、長い間お困りになっていました。長い間とは、気が付いたのが約1年前位から雨漏れが生じており色々業者さんが現地調査をいたとの事でしたが、何の解決もしてくれなく、現在に至ってしまったとの事でした。

モルタル仕上げ外壁

冊子より雨漏れ

 外壁はモルタルにより塗られている外壁で表面に骨材をまぶした塗料を吹き付けある程度コテで凹凸を抑える方式で、スタッコ調コテ押えと言う技法です。左官仕上げとなりサイディングが発売されるまでは、住宅の大半に多く使用されていたものでした。現在ではサイディングや金属(ガルバリウム)などが多くなりあまり使用されなくなってきてしまいました。

現地調査にて

塗り壁の劣化
隙間からの吹込み

 左官工事が現在では少なくなってしまう理由としては、お客様の住宅の様な雨漏れが発生してしまう事が多くあります。左官ではクラック(ひび割れ)や建材の劣化で不具合が多く出てしまう事があり、メンテナンスに結構金額がかかります。現在の建材は耐候年数が多く数十年ノンメンテナンスで、手のかからなくなってきているので、工法が変化しつつあります。

 私達、街の外壁塗装やさんでは、現地調査にてお客様のメンテナンス時期が遅れてしまっている事で、モルタル仕上げ部分の劣化により隙間が出来てしまい、風邪を伴う雨で外壁に打ち付けられた雨水により雨漏れしたと結論が出ました。(詳しい調査の事でしたらこちらまで)

外壁塗装のブログ一覧

袖ケ浦市長浦駅前で外壁にコケが発生し、外見が気になる

2020年2月13日  袖ケ浦市飯富で外壁の劣化に伴う現地調査

    塗料の劣化 袖 ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る