現場ブログ

木更津市真舟で木部の付帯部の塗料が、剥がれ出した

木部の劣化

破風板の劣化
塗料の劣化

 木更津市真舟にお住まいのお客様の住宅は、築年数が約40年を過ぎたそうです。数十年前に外壁とセメント瓦を塗装したそうですが、特に木部の塗装が剥げ出してきており気になり始めてしまったとの事でした、近年台風などの災害が大きくかつ頻繁にくるようになり、今のままで住宅は大丈夫なのかと不安になったそうです。私達、街の外壁塗装やさんのホームページを見てお問い合わせをして頂いたそうです。

付帯部の塗料

軒天の剥がれ
木部の劣化

 外壁部分の塗料はメンテナンスをしていたのもあり、モルタルリシン調でしたが、チョーキング現象や、クラックと言った不具合はほとんどありませんでした。ただ40年も経っている住宅ですので、外部にも木材がふんだんに使用されていました。メンテナンスの塗装はしてある物の、やはり木部の劣化は他の物よりも耐候年数が低いため、塗料が剥がれ出してしまっていました。

軒天の剥がれ

軒天の剥がれ

 外壁塗料と木部の付帯部塗料は全く違う塗料を使用いたします。ただ木部の付帯部は木材が劣化してから塗装するので新品になるわけではなく、木材なので時期によって伸びちじみが発生するので、硬い耐候性がある塗料は塗装出来ない為、収縮する塗料となってしまう為、どうしても耐候年数が少し低い状態になってしまいます。年数が経つと塗装してもどうしても耐候年数は他の部分と合わせられない現状があります。

 現在新型コロナウイルスの影響で、現在弊社ではマスクの着用を義務付け、お見積りなどは郵送させて頂いております、お客様のご理解とご協力をお願い致します。

外壁塗装のブログ一覧

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る