現場ブログ

大阪市で今日は屋上フェンスの錆落としをしています。

フェンス錆落とし

手摺劣化

屋上フェンスの塗装工事をおこなっています。本日はまず錆を落としています。

鉄部の塗装では下地の錆を落とし調整して行く一番大事な工程になります。

この錆落としを疎かにすると塗装の耐久性に大きく影響が出るので根気よく丁寧な作業が求められます。

鉄部の塗装は5~6年毎に塗り替えの必要が有りますがそうはいかないのが現実です。

10年毎の外壁塗り替え時に鉄部も一諸にされる方がほとんどです。

お客様には鉄部は5年で塗り替えて下さいと告知はしていますがなかなか守ってもらえません。

器用な方はDIYでホームセンターでペンキを購入し自分で塗っている方も有りますがまだ少数

ですね。足場のいらない所は自分で塗れるので試験的にやってみるのも楽しいですよ。

フェンス腐蝕部切り取り

屋上フェンス劣化

鉄部の塗装で大事な工程である錆び落としの事を専門用語でケレンと呼んでいます。

ケレンには1種~4種までに分かれています。一般住宅の場合は状態に応じて2種から4種のケレンで対応します。

2種ケレンとは全体の30%以上が錆びている状態でデイスクサンダーやワイヤーホイールなどの電動工具を

使って錆を落としていきます。3種ケレンとはカワスキやワイヤーブラシを使って錆を落とします。

4種ケレンとは錆が出ていない鉄部の塗装の際塗料の密着をよくするためにペーパーを当てます。

一言でケレンと言っても劣化状況によって多種多様に分かれます。ケレンが終わると錆止め塗料

を塗って次に上塗り塗料を塗っていきます。錆が出にくい3~4年周期で鉄部の塗装を計画するのが

理想ですが小まめな手入れが困難な場合はアルミかステンレスに交換する方法もあります。

フェンス腐蝕部切断

フェンス腐蝕部切り取り

鉄と錆は切っても切れない関係にあります、塗膜の切れ目などに水分等が進入し錆に繋がると言われています。

鉄は腐蝕してしまうと取り替えるしかありません。腐蝕部分を切り取って溶接を使って交換する作業になります。

鉄のフェンス等は小まめな手入れしか方法はないですね。年に1回位は点検をし劣化かしている部分があれば

部分的に錆止めを塗って補修しておくのも効果が有りますのぜひお勧めします。

フェンスケレン

フェンスサンダーケレン

今回のケレンはディスクサンダーとワイヤーブラシの併用で作業しています。

2種ケレンと3種ケレンの混合で行っています。前回塗装して10年位経過しているようです。

部分的に劣化が激しい所や腐蝕部分もあるので時間が掛かりそうです。

明日は溶接の手配をしているのでケレンは今日中に作業を終わらせる予定です。

人気のブログ一覧

2018年1月23日  屋根の色が12色!塗装事例集めてみました!「サーモアイ編」

    昨日の記録的な大雪は大変でしたね。皆様は無事帰宅できたでしょうか。備えって大事だなと痛感した一日でした。さて本日は屋根塗装の色で悩まれているお客様用に屋根塗装の事例を集めてみました。今回は「サーモアイ」になります。屋根色を選ぶ際のご参考にしていただけたらと思います。 サーモアイで屋根塗装 どの屋根色 ...続きを読む

屋根の色が12色!塗装事例集めてみました!「サーモアイ編」

2018年1月22日  雪の日の外壁塗装ってどうなるの?

    関東地方は4年前に記録的な大雪が降りました。覚えていらっしゃるでしょうか。その時と同じような気象条件になるだろうと言われている今日と明日は、十分な警戒が必要です。4年前は弊社もたくさんのお問い合わせのお電話を頂戴いたしました。雪の重みは馬鹿に出来ません。雨樋などは、たわみ、折れてしまいます。雪止めが付いていない屋根から滑落する雪の勢いも相当なものです。これから深夜にかけて本降りになるようですので、帰宅時や朝 ...続きを読む

雪の日の外壁塗装ってどうなるの?

2018年1月19日  大切な下処理の工程、シーリング(コーキング)処理

    今日は オート化学工業さんのオートンイクシードのご紹介です。大切な下処理の工程でもあるシーリング(コーキング)処理ですが、何のためにするのか、皆様おわかりでしょうか?外壁材と外壁材の間にある隙間を「目地」と言いますが、その目地に充填していく「防水材」のことになります。お家の気密性を保持する重要な「役割」を担っております。他にも、サッシ回りやクラックを埋める際にも使用いたします。 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る