現場ブログ

屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております 屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております

 大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

吹田市にて、台風被害による屋根と経年劣化による外壁、屋上の現場調査に伺いました。

最近はなぜか暑い日が続いていますね。屋根に上がっていたりしますといまだに日焼けをしてしまいます。

これから急に寒くなると風邪をひきやすくなりますので注意が必要ですね。

 

そんな中、本日吹田市にて台風被害があったビルの現場調査に伺いました。なんでも屋根に台風の被害があったそうで、これを機に外壁、屋上の見積もりを出してほしいとのご依頼を頂きました。

じわじわとにじみ出ている正体は、、、。

ビルの周りをぐるりと見させていただきました。

 

すると、クラック(ひび割れ、亀裂)周辺に錆のような茶色い模様がにじみ出ていました。これはおそらく建物内部の鉄筋の錆になります。

クラックから雨水が内部に侵入してしまい、鉄筋が錆びてしまって、その錆が外に出てきたと考えられます。

 

そうとう内部に雨水が入ってしまっているという事になります。このまま放っておいてしまうと建物自体が弱くなり、壁が落ちてきてしまう恐れもありますので、早めに雨水の侵入を防ぐための外壁防水塗装工事をお勧めします。

コンクリートに起こりやすい「白華」とは。

クラックから何やら白いものが出てきて固まっていました。

これは白華現象(エフロレッセンス)という現象です。

 

白華現象(エフロレッセンス)とは、コンクリートに起こりやすい現象で、コンクリート内部の水に溶けだした物質が、水とともに表面に移動し、大気中の二酸化炭素と結合して表面に白い粉として現れる現象をいいます。残念ながら、現在この現象を完全に防止する方法は無いと言われているそうです。薄い白華の場合は、ナイロンブラシで軽くこすって落とします。比較的濃い白華の場合は、ナイロンブラシで軽くこすって落とした後散水し、水を十分に吸収させます。そして白華除去剤を規定の量に希釈し、酸洗いを行い、充分に水で洗い流します。

左官工事が必要。

階段横に側溝がありましたが、塗膜がめくれてしまい、おまけにコンクリートも脆くなってしまっていました。

側溝は雨水を逃がすための道なのに、この状態だと内部に雨水が侵入してしまいます。

 

この場合、左官補修としまして勾配をつけながら滑らかに補修した後に、防水塗装を行います。

こちらも早めの工事をお勧めします。

屋上も見させていただきました。

屋上にも上がらせていただきました。

こちらの形状を陸屋根(りくやね、ろくやね)といいます。

 

陸屋根は、このスペースを有効に活用することができるメリットがありますが、定期的に掃除をしないとすぐにゴミが溜まってしまうデメリットがあります。

 

こちらでもドレン周りに泥やごみがたまり、苔が生えてしまっていました。

このまま放置してしまうとうまく雨水が流れずに詰まってしまうので、面倒ではありますがこまめな掃除が必要ですね。

屋根はかなりの被害を受けていました。

屋根材がかなりめくれてしまっていました。おそらく経年劣化と台風の被害が重なってしまったのではないかと思います。

 

ちなみにこちらの屋根材は「アスファルトシングル」といいます。

アスファルトシングルとはアメリカで100年以上も前に考案された屋根材で、アメリカで最も多く使われているものになります。

アスファルトシングルはガラス基材にアスファルトを浸透させ、表面に石粒を吹き付け接着しています。

シート状で扱いやすく、複雑な形状の屋根にも施工することができます。

石粒の色によってさまざまなカラーバリエーションがあり、洋風のみならず和風の家にも使用されます。

こちらのアスファルトシングルはかなり劣化していました。また、台風の強風によってか、何枚か破けている所も見受けられました。

 

アスファルトシングルのメリットとしましては、、、

 

・柔らかくシート状なので、割れたり錆びたりしない。

・石粒で覆っているので傷つきにくく、防水性や耐候性、耐久性に優れている。

・軽量で耐震性も高いので、地震対策にも適している。

 

などがあげられます。

対してデメリットは、、、

 

・6mm程度でシート状なので、強風に弱く破けてしまう。

・表面の小石が落ちてきてしまう。

・5年から10年の定期的なメンテナンスが必要。

 

などがあります。

 

アスファルトシングルはスレートと見た目が似ているため、一緒のものだと思われがちですが、全く違うものになります。

 

ちなみにスレートは、セメント・珪砂を原料として、繊維で補強したものを言います。

昔は、繊維に石綿(アスベスト)が使用されていました。現在は石綿に代わる補強用の超微粉末材により、強い粘りと耐久性が認められています。

人気のブログ一覧

2018年10月9日  君津市にて外壁の目地補修、シーリング材は柔らかさの持続するオートンイクシードで

    本日は君津市にて外壁塗装を行うお客様宅の目地補修の様子をお伝えしてまいります。まず「目地」とは?サイディングボードやALCパネルなど外壁材と外壁材の間にある溝のことを「目地(めじ)」といいます。「シーリング」とは?目地や隙間などを合成樹脂や合成ゴム製のペーストで埋めていくこと。コーキングとも言います。 確かに「シーリング」「コーキング」という文字はよく目にしますね。 わかりやすく写真で説明しますと下記のひび ...続きを読む

君津市にて外壁の目地補修、シーリング材は柔らかさの持続するオートンイクシードで

2018年10月8日  横浜市港北区にて屋根外壁塗装前のカラーシミュレーション、外壁のピンクはKM44151-1で決定!横壁はどのブラウンに?

    名古屋市在住のお客様より、横浜市港北区にある戸建て住宅の屋根外壁塗装のご依頼をいただきました。数あるサイトの中からお問い合わせくださいまして誠に有難うございます。お客様は遠方にお住いという事で、なかなか現地に足を運ぶのは厳しいと思います。そんな時は、電話やメール、LINEなどを駆使し、お客様と連絡を取り合うことが可能です。書類関係もきっちり対応させていただきますので、ご安心いただけたらと思います。そしてこち ...続きを読む

横浜市港北区にて屋根外壁塗装前のカラーシミュレーション、外壁のピンクはKM44151-1で決定!横壁はどのブラウンに?

2018年10月5日  四街道市にてタイルの良さ引き立たせるファイングラシィSiでクリア塗装

    今回、四街道市のお客様宅の外壁と門壁タイル部分をクリア塗装いたしました。使用した塗料は日本ペイントさんのファイングラシィSiになります。タイルの特徴をそのまま活かしつつ綺麗に蘇らせることができます。 *撥水処理をした素焼きタイルやお風呂場タイルへの使用はできませんのでご注意を。 タイルの特徴をそのまま活かしつつ綺麗に蘇らせる! ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る