現場ブログ

滝沢市にて外壁・屋根塗装工事の現地調査にお伺いしました。


外壁材・屋根材の状態を確認しています。

滝沢市外壁屋根塗装工事

滝沢市屋根外壁塗装工事

滝沢市にて外壁・屋根塗装工事の現地調査にお伺いさせていただきました。外壁材は窯業系サイディングを使用しています、築20年経過しているとの事で外壁材表面の劣化とコーキングの割れが見受けられます。屋根材についても塗装面の劣化が出てきていますので新築時の塗装の艶は無くなってきています。屋根の塗装については、ガルバリウム材の塗装は15年位経過した時点で行う事が多く、塗装の時期に来ている様子です外壁材については窯業系のサイディングの場合、気候条件や方位によって劣化する部分の度合いの違いはございますが、おおむね築15年から20年位を目途に表面の塗装をされた方長く維持する上では重要になります。窯業系サイディングは材料の性質上、表面の塗膜が薄くなってしまうと雨水がしみ込んでしまう事が有ります。外壁材の接合点のコーキング材と窓廻りのコーキングについても今回再度新しく施工することをお勧めいたします。

外壁・雨樋・窓廻りの確認します

滝沢市外壁・屋根塗装工事

滝沢市外壁・屋根塗装工事

外壁材表面の確認とコーキング部分の確認をします。特に窓廻りのコーキングの切れなどは内部に雨水の侵入が心配される部分なので、入念に確認します。外壁材の性質上、伸びたり収縮が発生するのでコーキングが重要になってきます。外壁材のジョイント部分と角のコーナー部の状態が重要になってきます。コーキング材は紫外線の影響もありまして、経年変化で硬化していくのが一般的です。雨水の侵入が無い状態を確実にするのが、塗装も含めて重要になってきます。

人気のブログ一覧

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る