現場ブログ

犬山市で、オートンイクシードで目地の打ち替えを行いました。

犬山市で、たて目地の打ち替えを行いました。目地は経年劣化により劣化・損傷してしまいます。目地のシーリング材を長持ちさせるには、強い耐候性のあるシーリング材が必要になってきます。当社では、超寿命シーリング材・オートンイクシードで施工します。

使用する塗料缶の一部です

屋根・外壁塗装工事の今回使用する塗料缶です。

外壁の下塗り材、アステックペイントのエポパワシーラー、ホワイトフィラーAでしっかりと下塗り塗装を行います。

中塗り・上塗り材は、アステックペイントの超低汚染リファインSi-IR塗料で丁寧に仕上げていきます。

既存のシーリングを撤去します

古くなった既存のシーリング材を剥がしていきます。

カッターなどを使ってきれいに剥がしていきます。

既存のシーリング材をすべて撤去する事がポイントです。

目地に古くなったシーリング材が一切無い様に丁寧に剥がしていきます。

専用プライマー塗布します

超寿命シーリング材、オートンイクシードの専用のプライマーを塗布していきます。

外壁が汚れないように、目地の小口ギリギリに養生テープを両サイドに貼っていきます。

養生テープは真っすぐに貼ることがポイントです。

オートンイクシードを充填します

目地に超寿命シーリング材、オートンイクシードを充填していきます。

しっかりと充填した後、ヘラでならしていきます。

丁寧に行うことで、目地のシーリング材の美しさが違ってきます。

両サイドの養生テープを剥がして、たて目地の打ち替えが完了です。

お家の建物のすべての目地の打ち替えは時間のかかる細かい所までしっかりと作業していきます。

人気のブログ一覧

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る