現場ブログ

石岡市で洗浄を行い塗装前の下処理やタスペーサー取り付けを行いました。

屋根洗浄

石岡市で塗装工事を行いました。

塗装工事前に、必ず洗浄から始めます!なぜ洗浄を行うかと言いますと、長い年月で溜まってしまった埃やゴミを洗い流しその際に、コケなども一緒に綺麗に落としていきます。

埃やゴミやコケがある状態で塗装いたしますと、塗料が異常が起き剥がれや膨れ等の原因になる為、洗浄をしっかり行いました。

タスペーサー取り付け

屋根の下処理から始めます。始めに屋根にタスペーサー取り付けを行いました。

タスペーサーは、屋根材のコロニアルに適切な隙間を作ってくれる物になります。塗装の際、適切な膜厚を作るのでコロニアルの隙間をどうしても埋めてしまいます。隙間を埋めてしまいますと雨水の逃げ道がなくなったり、毛細管現象により内部に雨水が侵入し雨漏りの原因に繋がったりします。

前は、カッター等で隙間を切り対処していましたが、カッターでは十分に隙間を作れず最悪の場合切り口が細い為にペンキ同士が熱でくっついてしまいます。ので、それを防止するためにタスペーサーを入れて隙間を作ります。

屋根シーリング

屋根の下処理になります。

棟板金のコーキングになります。経年劣化や熱で繋ぎ目が広がってしまう事があります。広がってしまいますと雨水が侵入して内部の木画腐ってしまう危険がある為コーキングで埋める対策を行いました。

釘頭シーリング

屋根の板金部の釘頭も補修になります。

こちらも、経年劣化で抜けてきてしまいます。抜けてしまいますと強い風などで、板金がふき飛ばされてしまう危険がある為コーキングで補修を行いました。

人気のブログ一覧

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る