現場ブログ

倉敷市劣化部位 外壁及びモルタル剥離 軒天・小庇劣化 補修方法


外壁・基礎モルタル剥離

外壁剥離

基礎剥離

倉敷市内にて、築45年の現調をさせて頂きました。過去に一度屋根外壁の塗り替えをしているとの事ですが、外壁と基礎のモルタルが剥離していました。このまでは多少のケレンでは塗装しても、すぐに剥離してしまいます。コストはかかりますが、下地を調整して再塗装する必要があります。

 

ではなぜモルタルがこのような状態になってしまったのでしょうか?考えられる要因としては水分による剥離、もしくはモルタルを練る時に使用した砂が海砂であった事?

 

水分の可能性は、モルタルが劣化し中性化してしまうと同時に、土壌の水分を吸い上げやすくなり、モルタルの劣化に拍車をかけたと予測できます。海砂使用の場合は、アルカリ分を多く含みモルタルを劣化させたんだと思います。

どちらにしても、この状態を放置していると、モルタルの傷み具合はますます進行していきますので、早期メンテナンスが必要です。

改修方法としては、現状のモルタルを斫り、取れる部分は全て除去する必要があります。その作業が終わり、新たにモルタルを塗り、塗装しなければなりません。かなりのコストがかかると予想出来ます。

軒天及び小庇もひどい劣化

小庇剥離

軒剥離

軒天の化粧板の剥離も酷い状態となっています。また同じく小庇の軒部分も塗装が剥離しています。この現象もたまに見かけますが塗装では手の施しようがありません。お客様はケレンさえすれば簡単に塗装出来ると思っておられる方が多く、説明も一苦労します。小庇の天井はケイカル板もしくは化粧板を貼る事は可能ですが、軒天は貼る事が不可能に近い状態となります。

では軒天改修の場合は、どのようにしたら良いのでしょうか?軒天の化粧材は屋根を伏せる前に施工しているので、張替えする場合は屋根を捲る事が必要になります。他の方法はどうでしょうか?屋根を捲らない場合は、垂木に直接ケイカル板を貼ります。その場合、鼻隠しの処理が必要となります。現状ある樋を全て取り外し、鼻隠しを付けなければなりません。

そうした場合、樋は全て交換となります。

 

どちらを選択しても、膨大なコストがかかってしまいます。今回の現調で感じた事は、早期メンテナンスがいかに必要であるかを改めて実感しました。

人気のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

2019年8月7日  柏市豊町で折半屋根を遮熱塗料のサーモアイSi・ベネチアブルーで塗装しました

    柏市豊町で施工している折半屋根の塗装を見ていただきたいと思います。鮮やかで美しいブルーに塗装をされた屋根をごらん頂きたいと思います。 折半屋根の塗装はサーモアイSiのクールベネチアブルーで ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る