外壁塗装コラム

強風の時でも外壁塗装は可能!?

雨の日、もしくは雨が降りそうな時、ご存知の通り、外壁塗装はできません。塗料が乾燥しないうちに雨に打たれると流れ出しますし、それによって他のところを汚してしまう可能性もあるからです。では、強風の時はどうなのでしょうか。実は強風の時も外壁塗装や屋根塗装にとって好ましい天気ではありません。

メッシュシートに覆われた足場と建物

強風で足場が倒壊してしまう可能性もある

強風時の事故として稀に足場の倒壊などが報道されているのを見たことがある方もおられるのではないでしょうか。足場というのは状況によっては強風に脆くなるのです。その状況というのは足場に塗料やゴミなどの飛散防止のためにメッシュシートが張られた状態です。メッシュシートがない骨組みだけの足場とある足場では受ける風の強さが全く違います。ある程度の風の強さになったら、メッシュシートを畳まないと倒壊してしまう可能性があるのです。台風接近前や強風が予想される時は必ずメッシュシートを畳みます。

強風に備えてメッシュシートを片付けている途中
車を養生

風で飛んでくる塵や埃が塗りたての外壁についてしまう可能性もある

風の強い時、目にゴミが入って痛い思いをしたのは誰にでも経験があるのではないでしょうか。強風の時は砂やゴミが飛んできて、塗りたての外壁の付着してしまう可能性もあるのです。外部から飛んでくる砂やゴミはメッシュシートなどである程度は防げますが、メッシュシートを張ったままにしておくと今度は倒壊の可能性が出てきます。また、塗料が飛散した場合、ご迷惑をかけないように車や植栽などにカバーをかけるのですが、これも強風になると飛散してしまう可能性があるのです。ある現場では「風が強くなるという予報が出てるから、そろそろ作業を中止するか」と考えていたら、すぐに強風が出てきて植栽にかけていたカバーが外れそうになったこともありました。

 

雨だけでなく、強風の時も工事が延期となり、お客様にはご迷惑をかけてしまうこともありますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

人気のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

2019年8月7日  柏市豊町で折半屋根を遮熱塗料のサーモアイSi・ベネチアブルーで塗装しました

    柏市豊町で施工している折半屋根の塗装を見ていただきたいと思います。鮮やかで美しいブルーに塗装をされた屋根をごらん頂きたいと思います。 折半屋根の塗装はサーモアイSiのクールベネチアブルーで ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る