外壁塗装コラム

窯業系サイディングにひび割れが発生する理由と原因

現在、お家に使われている外壁材で主流を占める窯業系サイディング。各ボードとボードの間には目地が存在し、そこにシーリング材が充填されています。このシーリング材、寒暖による収縮と膨張の緩衝材としての役割があります。よって、窯業系サイディングはひび割れにくいはずなのですが、お客様のお家に点検に行くとひび割れていることもあります。その原因と理由は何なのでしょうか。
窯業系サイディングのひび

サイディングボードの端の部分がひび割れていることが多い

窯業系サイディングボードのひび割れ、点検をしているとある傾向があることが分かります。サイディングボードの端の部分、特に釘やビスなどで固定されているところが絡んでるケースが多いのです。釘やビスなどで固定されている部分は外壁に負荷がかかった時に最も動きにくい部分ですから、ここを起点にしてひび割れができてしまうのでしょう。寒暖による収縮と膨張の他、地震などでもサイディングボードは動きます。季節毎、地震後は点検してあげる必要があるのです。
シーリングのひび割れ

シーリング材の劣化も原因のひとつ

釘やビスが打たれている部分はサイディングボードの端です。その数センチ横にはシーリング材が充填されています。サイディングボードの端がひび割れている場合、その横のシーリング材も劣化し、外壁との隙間ができていたり、避けていることがほとんどです。シーリング材は収縮と膨張の緩衝材としての役割の他、お家の内部やサイディングボード自体に雨水を染み込ませないという役目も担っています。シーリング材が劣化した結果、雨水がサイディングボードに染み込みますと、その部分の強度が落ち、脆くなります。結果、余計にひび割れやすくなるのです。 シーリング材の劣化は外壁材の傷みを早め、ひび割れを促進することにもなります。シーリング材の性能にもよりますが、外壁塗装よりも傷みやすい部分なので、こちらも定期的な点検が必要です。

人気のブログ一覧

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る