外壁塗装コラム

変色・褪色30年保証の窯業系サイディング第二弾が登場

30年間、外壁塗装しなくていい、しかもシーリングの打ち替えも不要という外壁材がニチハのプレミアムシリーズです。本当に凄い時代になったものです。こういった耐用年数が長い建材を見ると、本当に持つのかどうか不安になりますが、促進耐候試験で30年分の紫外線や雨などを浴びているわけですから、それなりに信頼できる条件は揃っているのです。無機ハイブリッド塗料のスーパーセランシリーズなどはどの製品も25年以上の耐用年数があると言われていますから、今後、そのような製品が出てきてもおかしくはありません。
新築

他のメーカーからも30年保証の外壁材登場

ニチハの30年保証に追随するように他のメーカーからも30年保証の外壁材が登場しました。画像をお見せしたいのですが、まだ手元にカタログさえない状態です。今後、窯業系サイディングは30年保証がスタンダードになるのかもしれません。外壁材表面の塗装にはやはり耐用年数の長い無機ハイブリッド塗料が使われています。
ダイヤスーパーセラン
工場

30年持つ秘密とは

無機塗料においても耐用年数は25~30年と言われています。ニチハのプラチナコート30を使用している製品は30年を経過してから外壁塗装や張り替えをするようなメンテナンススケジュールが提示されています。つまりは現行の無機塗料より強いということになるのですが、そうではありません。実は全てを最適化することによって無機塗料の強さを引き出しているのです。現場では塗装される時の温度や湿度は一定ではありません。無風でも目に見えないゴミなとが飛び交っており、塗布面を汚したりしているでしょう。これが工場内で塗装されるとなるとどうでしょうか。温度や湿度管理は完璧、加えてゴミもありません。塗料の性能を最も引き出せる温度で塗ることもできますし、乾燥させることもできます。電気を利用した電着や焼付け塗装も思いのままです。例えはちょっと違うかもしれませんが、これまで自生していた植物をハウス栽培してよりおいしくするようなものではないでしょうか。逆に言えば、現場はそれだけ過酷ということなので、腕の良い熟練者が求められるわけなのです。

人気のブログ一覧

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る