ホーム

街の外壁塗装やさんとは

施工の流れ

施工事例

料金プラン

対応エリア

お問い合わせ

お客様の声 お客様の声

施工事例 施工事例

現場ブログ 現場ブログ

知って得する
塗装工事の豆知識
知って得する塗装工事の豆知識

塗装工事の知識

なぜ塗装工事が必要なのか

塗装工事のポイント

お住まいが教えてくれる
塗り替えのサイン

外壁塗装の全工程

お住まいの各部位の名前

外壁塗装に最適な季節は
いつ?

塗装で暑さ対策・虫対策
夏を快適に過ごす

外壁塗装の寿命を示す
「チョーキング」サイン

外壁クラックの原因と
メンテナンス方法

塗装の仕上がりをより美しく
長持ちさせるケレン作業

外壁塗装でできること
できないこと

屋根塗装と外壁塗装は別物
屋根塗装トラブル事例

外壁塗装で気を付けたい
ポイント

破風板・鼻隠し・ケラバの
解説と補修方法

軒天の重要な役割と
塗装・補修の方法

天窓・屋根
メンテナンスのご紹介

外壁の腐食を防ぐ
笠木の役割とメンテナンス方法

外壁塗装時に検討したい
雨樋の塗装・交換・補修

屋根塗装時に設置したい
雪止めの役割と効果・種類

雨樋の破損を防ぐ
落ち葉除けネット

スレート屋根の塗り替え
正しい塗装で寿命を延ばす

屋根塗装が原因の雨漏り
タスペーサーで防げます

狭小地や住宅密集地の
外壁塗装もお任せください!

トタン外壁や屋根の
メンテナンス

瓦屋根のメンテナンスと
塗装時の注意点

セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法

鉄部への塗装で錆を抑え
お住まいを長く綺麗に

棟板金補修と屋根塗装で
雨漏りや飛散を防ぐ

ベランダ・バルコニー屋根
の種類やお役立ち情報

ベランダなどに最適!
FRP防水の特徴と施工方法

屋根裏換気に欠かせない
換気棟の役割と仕組み

塩害を受けやすい住宅と
錆防止の塗装メンテナンス

塗料は【半製品】
塗料の乾燥時間について

コーキングとシーリング
の違い

軽量で高断熱のALCへの
外壁塗装

外壁と屋根の面積の求め方

外壁断面図

外壁塗装で気を付けたい
外壁材と塗料の相性

インフォメーション

・会社概要

・スタッフ紹介

・プライバシーポリシー

・サイトマップ

門扉や塀、擁壁の塗り替えで外回りも美しく

外壁と同時に門扉や塀も塗り替えて好印象のお家へ
お住まいの印象を決めるのは建物だけではありません。門や塀、擁壁といった部分も印象を左右する大事な部分なのです

 通りから眺めた場合、一番最初に目に入ってくる部分はどこでしょうか。眺めの良さや角度によりますが、塀しか見えない、塀が大部分で外壁が一部ということも多いと思います。
  お洒落なお住まい、格好良いお住まい、渋さと風格の中に佇むお住まい、全ては敷地全体だけではなく、道路から眺めた塀や門などの境界から決まってきます。

 外壁塗装をしたばかりでお住まいがピカピカであっても、塀に苔や藻が生えていたり、門扉が錆びついていたりしたら、アンバランスですよね。

古くなった門扉と鍵、新しい門扉の比較画像
汚れた塀の写真と綺麗に塗り替えた門扉の写真

 街の外壁塗装やさんではこういったことを防ぐために塀やカーポート、アプローチなど塗らない部分も綺麗にするため、高圧洗浄をサービスで行っています(ご近所に迷惑がかからない、塀が高圧洗浄しても問題ないことが前提になります)。

 塗り替えでお住まいの外壁が綺麗になったら、門や塀、擁壁といった部分も綺麗にしたくなりますよね。高圧洗浄だけでは物足りないという方は門や塀、擁壁も塗り替えることができるのです。

塀や擁壁への塗装でエフロレッセンスや劣化が防げます

 屋根や外壁と同じように塀や門、擁壁も一年中、風雨や紫外線に曝されています。モルタルやコンクリートには水酸化カルシウムが含まれており、雨に塗れ、雨水が染み込むとそれが溶け出してきます。
 それが表面に付着してしまうのがエフロレッセンス(白華現象)で、白いパウダー状の汚れがこびりついたようになり、見た目は悪くなります。

 強度的には何も問題はないのですがかなり気になりますよね。塀や擁壁への塗装を施せば、雨水が染み込むことがなくなりますので、エフロレッセンスを防げます。

エフロレッセンスのメカニズム
水がコンクリート内部に浸透したところを表した図

 水がコンクリート内部に浸透し、水酸化カルシウムを溶解します。

水が蒸発し、表面に炭酸カリウムが折出したところを表した図

 水酸化カルシウムを含んだ水が蒸発。空気中の炭酸ガスと反応し、表面に炭酸カリウムが折出します。

炭酸カリウムが固着し白くなったところを表した図

 炭酸カリウムが固着し白くなります。これをエフロレッセンスと言います。

エフロレッセンスによって汚れたレンガの塀

 塀や擁壁、門扉なども水に濡れたままだと汚れが付着しやすくなりますから、苔やカビ、藻も生えやすくなります。
 お地蔵さんなどに苔が生えたまま、長期間放置されてしまい、表面のセメントとともにかさぶたのように剥がれてしまっている光景を見たことはないでしょうか。塀や擁壁にも同じようなことが起こりえます。

 また、モルタルやコンクリートにはどうしても水が染みこむので、凍害を受けやすくもなります。水は凍る時に膨張しますから、それによってひび割れてくるのです。
 放置してしまうと美観だけでなく、倒壊の危険もでてきます。塀や擁壁、門などへの塗装はこういった劣化を防ぐ意味もあるのです。

塀や擁壁、門などの建材に合わせて
適切な塗料を使用する業者を選んでください

 貴方のお住まいの塀や門などはどのような建材が使われているでしょうか。コンクリートブロックのみというものもあれば、適度に塀の向こうが見渡せるようコンクリートブロックの上に金属の柵という組み合わせもあるでしょう。

 この金属製の柵がアルミやステンレスの場合、塗装する必要はないのですが、鉄などの合金では必要になってきます。総面積で見てみると、コンクリートの部分より金属の部分の方が圧倒的に少ないですよね。

 安さを売りにする業者の中にはコンクリートも、金属の部分も、同じ塗料で塗ってしまうこともあります。もちろん、塗る場所を選ばない万能塗料もあるのですが、下塗りに使うシーラーなどは建材に合わせたものが必要です。

 材料費や手間を省くために、どこもかしこも同じ塗料で塗ってしまう業者には注意が必要です。耐用年数は圧倒的に短くなります。

建材によって適切な塗料を選ばなければ、耐用年数が短くなってしまいます

塀や擁壁の塗装には透湿性のある塗料を使わなくてはなりません
通気性の悪い塗料を使うと、水蒸気により膨れや剥がれが起こります

 塀に使われることの多いブロックや擁壁のコンクリートは水が染み込みやすい建材です。水は水蒸気になると体積が1650倍に膨張します。
 通常の塗料では水分や水蒸気で、膨れや剥がれが起こってしまうのです。

 前述のようにブロックやコンクリートの塗装にはそれに合わせた塗料を使わなければなりません。通気性に優れた塗料を使うことが絶対条件です。

塀なども塗り替えリフォームで大きく見た目を変えることができます

ジョリパッドで素材感を活かした素敵な塀へ

 無骨なあらかべ、ザラザラ感を残したサンド、細かい骨材を使ってザラザラ感を抑えたスムース、いずれも素材を感じられる素敵な壁です。

 塀にわざとコテ跡を残して模様にすることもできます。櫛などで横に直線を引く掻き落とし、扇形のコテ跡を連続させるウェーブ、扇形のコテ跡を無作為に残すランダム、四角のコテ跡を残すスクエアなど個性的でおしゃれな塀にすることも可能です。
 同じ形のコテ跡を残しても、大きさや位置が微妙に違いますから世界に一つだけの塀を作ることも可能です。

ジョリパッドやモルタルを使ってコテ跡を残した素敵な塀へ

コンクリート打ち放しを甦らせるコンクリート描画工法

 無機質なコンクリートのデザインに憧れて、塀をコンクリート打ち放しにした方も多いと思います。打ち放しというと、コンクリートを打設したままで「後は何もしていない」と勘違いなさっている方も多いのですが、多くの場合、シラン系撥水剤が塗布されています。 シラン系撥水剤による撥水作用は数年でなくなってしまいます。

 もともとコンクリートは水が染み込みやすい建材ですから、表面が雨で劣化していき、砂・土による汚れ、藻などが繁殖してしまうのです。

 こうなると、高圧洗浄しても元には戻りません。何となく古ぼけたような表情になってしまうのです。それを甦らせるのがコンクリート描画工法です。「描画」というように文字通り、コンクリートの模様や柄を塀に描いていくのです。

 描き終わったら、その上からコーティング材を塗りますから、長い間、コンクリート独特の質感が続きます。塀がコンクリート打ち放しという方にお勧めです。RC外壁(コンクリートの外壁)はもちろんのこと、ブロック塀にも施工できますので、ご相談ください。

コンクリート描画工法で劣化したコンクリート打ちっ放しの外壁を蘇らせる
塗装・サイディング張り替え・防水のことならなんでもお任せ下さい!
ブロック塀塗装の施工の流れ
1 高圧洗浄 塀にこびりついてしまった汚れを落とします
高圧洗浄機でコンクリートの塀の汚れを洗浄している写真

 コンクリートでできている塀は表面が凸凹しており、ザラザラしています。なので、外壁よりも汚れが溜まりやすく、汚れは相当なものになりますし、苔や藻が繁殖していることもあります。

高圧洗浄機の水圧を落としてコンクリートの塀の汚れを洗浄2

 高圧洗浄機は150Mpaという圧力で水を吐出できるのですが、その勢いで洗浄するとコンクリートが削れてしまうこともあるため、水圧を落として洗浄していきます。

2 養生 塗装が飛散して周囲を汚さないようにビニールシートなどで被います
敷地内に駐車してある車を養生している写真

 敷地にお車などを駐車されている場合、ビニールシートで覆い、養生します。
 これで、お客様の大事な車を汚してしまうことはありません。

住居をメッシュシートで覆っている写真

 お住まいには屋根塗装と外壁塗装を行いますので、メッシュシートで覆います。
 お庭が広いので近隣の方々に迷惑がかかることはないのですが、お庭を汚すわけにはいきませんのでしっかりと養生します。

3 下塗り 仕上げ用の塗料を密着させるためには、この工程が欠かせません
ブロック塀に下塗り用の塗料を塗布している写真

 シーラーやフィラー、プライマーと呼ばれる下塗り用の塗料をブロック塀に塗布していきます。
 ブロックとブロックの間の目地の部分も塗り残しがないように丹念に塗っていきます。

透明な下塗り塗料をブロック塀に塗布している写真

 シーラーやフィラー、プライマーといった下塗り塗料は白か透明のものがほとんどです。これはこの後、行う仕上げ塗りの発色を邪魔しないように透明か白色をしているのです。

4 中塗り お客様からご指定いただいた色で仕上げ塗りの1回目を行います
青色の塗料で中塗りを行う写真

 下塗りが乾きましたら、中塗り(仕上げ塗りの1回目)を行います。
 お客様は鮮やかな青をお選びになられました。無機質だったブロック塀がカラフルになって、大幅なイメージチェンジです。

目地の部分を塗り残さないように中塗りをする写真

 透湿性の高い塗料を塗ることによって施工後の膨れや剥がれを予防します。
 目地の部分を塗り残さないように気をつけて作業を進めていきます。

5 上塗り ブロック塀の塗装の最後の工程です
ブロック塀に上塗りを重ねてる写真

 中塗りが乾燥した後、上塗りを重ねていきます。中塗りと上塗りを行うことによって、塗膜を強固なものにします。完成が近付いてきました。

仕上げの塗りを2回行っている写真

 仕上げの塗りを2回行わないと、ローラーの塗り跡が残ったりすることがあり、見た目も悪くなります。もちろん、耐久性にも影響が出ますので、しっかり作業します。

6 ブロック塀の塗装、竣工 スタッフによる点検、その後にお客様と一緒に確認を行ってお引渡しとなります
塀の写真

 塀を単体で見るとこんな感じです。白い柵にブルーの塀のコントラストが引き立ちます。さて、お住まい全体で見た場合はどうなのでしょうか。

美しく塗り替えが完了した家の外観

 引きで見てみるとこんな感じです。ブルーの塀と外壁がベースカラー、グレーの屋根がアソートカラー、ホワイトのサッシや雨戸、門扉がアクセントカラー、全体がまとまった仕上がりなりました。

お得なWEB限定料金プランはこちら
ページの先頭に
戻る

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
後悔しない!
塗装・カラーリングの
選び方
後悔しない!塗装・カラーリングの選び方
お住まい以外もお任せください!
外壁塗装はどこに依頼したらいい?
塗装工事をお考えの方が
知っておきたいこと
塗装工事をお考えの方が知っておきたいこと

3階建ての外壁塗装は高い?
知るべき3つの真実

外壁の塗り替えと張り替え、
カバー工法どれがお得?

外壁材の種類の確実な見分け方

2回目以降の外壁塗装の注意点

塗装箇所で違う?
塗料の特徴と耐用年数

塗装のキーポイント
下塗りの役割と種類

金属塗装の下塗り塗料
プライマーをご紹介

外壁塗装を長持ちさせたい!
耐用年数20年超の無機塗料

外壁塗装や屋根塗装に
メーカーの施工保証がない理由

不動産オーナー様必見!
塗装工事で節税できます

外壁塗装で仮設した足場
さまざまな工事に有効活用

外壁塗装業者の
こんな営業トークには要注意!

危険?住まいの外壁を悪くする
間違いだらけのDIY

塗装が難しい外壁や屋根が
あるってご存じですか?

窯業系サイディングの
ひび、割れの予防と補修

塗料は艶有り・艶なし
どちらを選ぶのが正解?

メンテナンスフリー?
外壁タイルお手入れ方法

和風住宅外壁塗装のポイント

ジョリパットを
外壁塗装で綺麗に保つコツ

ローラー・吹き付け
塗装はどれが正解?

外壁塗装の規定塗布量と
1缶で塗れる面積

事前の台風対策で
破損や雨漏りを防ぐ

雨養生による応急処置で
被害を最小限に

門扉や塀、擁壁の塗り替えで外回りも美しく

外壁と同時に門扉や塀も塗り替えて好印象のお家へ
お住まいの印象を決めるのは建物だけではありません。門や塀、擁壁といった部分も印象を左右する大事な部分なのです

 通りから眺めた場合、一番最初に目に入ってくる部分はどこでしょうか。眺めの良さや角度によりますが、塀しか見えない、塀が大部分で外壁が一部ということも多いと思います。
  お洒落なお住まい、格好良いお住まい、渋さと風格の中に佇むお住まい、全ては敷地全体だけではなく、道路から眺めた塀や門などの境界から決まってきます。

 外壁塗装をしたばかりでお住まいがピカピカであっても、塀に苔や藻が生えていたり、門扉が錆びついていたりしたら、アンバランスですよね。

古くなった門扉と鍵、新しい門扉の比較画像
汚れた塀の写真と綺麗に塗り替えた門扉の写真

 街の外壁塗装やさんではこういったことを防ぐために塀やカーポート、アプローチなど塗らない部分も綺麗にするため、高圧洗浄をサービスで行っています(ご近所に迷惑がかからない、塀が高圧洗浄しても問題ないことが前提になります)。

 塗り替えでお住まいの外壁が綺麗になったら、門や塀、擁壁といった部分も綺麗にしたくなりますよね。高圧洗浄だけでは物足りないという方は門や塀、擁壁も塗り替えることができるのです。

塀や擁壁への塗装でエフロレッセンスや劣化が防げます

 屋根や外壁と同じように塀や門、擁壁も一年中、風雨や紫外線に曝されています。モルタルやコンクリートには水酸化カルシウムが含まれており、雨に塗れ、雨水が染み込むとそれが溶け出してきます。
 それが表面に付着してしまうのがエフロレッセンス(白華現象)で、白いパウダー状の汚れがこびりついたようになり、見た目は悪くなります。

 強度的には何も問題はないのですがかなり気になりますよね。塀や擁壁への塗装を施せば、雨水が染み込むことがなくなりますので、エフロレッセンスを防げます。

エフロレッセンスのメカニズム
水がコンクリート内部に浸透したところを表した図

 水がコンクリート内部に浸透し、水酸化カルシウムを溶解します。

水が蒸発し、表面に炭酸カリウムが折出したところを表した図

 水酸化カルシウムを含んだ水が蒸発。空気中の炭酸ガスと反応し、表面に炭酸カリウムが折出します。

炭酸カリウムが固着し白くなったところを表した図

 炭酸カリウムが固着し白くなります。これをエフロレッセンスと言います。

エフロレッセンスによって汚れたレンガの塀

 塀や擁壁、門扉なども水に濡れたままだと汚れが付着しやすくなりますから、苔やカビ、藻も生えやすくなります。
 お地蔵さんなどに苔が生えたまま、長期間放置されてしまい、表面のセメントとともにかさぶたのように剥がれてしまっている光景を見たことはないでしょうか。塀や擁壁にも同じようなことが起こりえます。

 また、モルタルやコンクリートにはどうしても水が染みこむので、凍害を受けやすくもなります。水は凍る時に膨張しますから、それによってひび割れてくるのです。
 放置してしまうと美観だけでなく、倒壊の危険もでてきます。塀や擁壁、門などへの塗装はこういった劣化を防ぐ意味もあるのです。

塀や擁壁、門などの建材に合わせて
適切な塗料を使用する業者を選んでください

 貴方のお住まいの塀や門などはどのような建材が使われているでしょうか。コンクリートブロックのみというものもあれば、適度に塀の向こうが見渡せるようコンクリートブロックの上に金属の柵という組み合わせもあるでしょう。

 この金属製の柵がアルミやステンレスの場合、塗装する必要はないのですが、鉄などの合金では必要になってきます。総面積で見てみると、コンクリートの部分より金属の部分の方が圧倒的に少ないですよね。

 安さを売りにする業者の中にはコンクリートも、金属の部分も、同じ塗料で塗ってしまうこともあります。もちろん、塗る場所を選ばない万能塗料もあるのですが、下塗りに使うシーラーなどは建材に合わせたものが必要です。

 材料費や手間を省くために、どこもかしこも同じ塗料で塗ってしまう業者には注意が必要です。耐用年数は圧倒的に短くなります。

建材によって適切な塗料を選ばなければ、耐用年数が短くなってしまいます

塀や擁壁の塗装には透湿性のある塗料を使わなくてはなりません
通気性の悪い塗料を使うと、水蒸気により膨れや剥がれが起こります

 塀に使われることの多いブロックや擁壁のコンクリートは水が染み込みやすい建材です。水は水蒸気になると体積が1650倍に膨張します。
 通常の塗料では水分や水蒸気で、膨れや剥がれが起こってしまうのです。

 前述のようにブロックやコンクリートの塗装にはそれに合わせた塗料を使わなければなりません。通気性に優れた塗料を使うことが絶対条件です。

塀なども塗り替えリフォームで大きく見た目を変えることができます

ジョリパッドで素材感を活かした素敵な塀へ

 無骨なあらかべ、ザラザラ感を残したサンド、細かい骨材を使ってザラザラ感を抑えたスムース、いずれも素材を感じられる素敵な壁です。

 塀にわざとコテ跡を残して模様にすることもできます。櫛などで横に直線を引く掻き落とし、扇形のコテ跡を連続させるウェーブ、扇形のコテ跡を無作為に残すランダム、四角のコテ跡を残すスクエアなど個性的でおしゃれな塀にすることも可能です。
 同じ形のコテ跡を残しても、大きさや位置が微妙に違いますから世界に一つだけの塀を作ることも可能です。

ジョリパッドやモルタルを使ってコテ跡を残した素敵な塀へ

コンクリート打ち放しを甦らせるコンクリート描画工法

 無機質なコンクリートのデザインに憧れて、塀をコンクリート打ち放しにした方も多いと思います。打ち放しというと、コンクリートを打設したままで「後は何もしていない」と勘違いなさっている方も多いのですが、多くの場合、シラン系撥水剤が塗布されています。 シラン系撥水剤による撥水作用は数年でなくなってしまいます。

 もともとコンクリートは水が染み込みやすい建材ですから、表面が雨で劣化していき、砂・土による汚れ、藻などが繁殖してしまうのです。

 こうなると、高圧洗浄しても元には戻りません。何となく古ぼけたような表情になってしまうのです。それを甦らせるのがコンクリート描画工法です。「描画」というように文字通り、コンクリートの模様や柄を塀に描いていくのです。

 描き終わったら、その上からコーティング材を塗りますから、長い間、コンクリート独特の質感が続きます。塀がコンクリート打ち放しという方にお勧めです。RC外壁(コンクリートの外壁)はもちろんのこと、ブロック塀にも施工できますので、ご相談ください。

コンクリート描画工法で劣化したコンクリート打ちっ放しの外壁を蘇らせる
塗装・サイディング張り替え・防水のことならなんでもお任せ下さい!
ブロック塀塗装の施工の流れ
1 高圧洗浄 塀にこびりついてしまった汚れを落とします
高圧洗浄機でコンクリートの塀の汚れを洗浄している写真

 コンクリートでできている塀は表面が凸凹しており、ザラザラしています。なので、外壁よりも汚れが溜まりやすく、汚れは相当なものになりますし、苔や藻が繁殖していることもあります。

高圧洗浄機の水圧を落としてコンクリートの塀の汚れを洗浄2

 高圧洗浄機は150Mpaという圧力で水を吐出できるのですが、その勢いで洗浄するとコンクリートが削れてしまうこともあるため、水圧を落として洗浄していきます。

2 養生 塗装が飛散して周囲を汚さないようにビニールシートなどで被います
敷地内に駐車してある車を養生している写真

 敷地にお車などを駐車されている場合、ビニールシートで覆い、養生します。
 これで、お客様の大事な車を汚してしまうことはありません。

住居をメッシュシートで覆っている写真

 お住まいには屋根塗装と外壁塗装を行いますので、メッシュシートで覆います。
 お庭が広いので近隣の方々に迷惑がかかることはないのですが、お庭を汚すわけにはいきませんのでしっかりと養生します。

3 下塗り 仕上げ用の塗料を密着させるためには、この工程が欠かせません
ブロック塀に下塗り用の塗料を塗布している写真

 シーラーやフィラー、プライマーと呼ばれる下塗り用の塗料をブロック塀に塗布していきます。
 ブロックとブロックの間の目地の部分も塗り残しがないように丹念に塗っていきます。

透明な下塗り塗料をブロック塀に塗布している写真

 シーラーやフィラー、プライマーといった下塗り塗料は白か透明のものがほとんどです。これはこの後、行う仕上げ塗りの発色を邪魔しないように透明か白色をしているのです。

4 中塗り お客様からご指定いただいた色で仕上げ塗りの1回目を行います
青色の塗料で中塗りを行う写真

 下塗りが乾きましたら、中塗り(仕上げ塗りの1回目)を行います。
 お客様は鮮やかな青をお選びになられました。無機質だったブロック塀がカラフルになって、大幅なイメージチェンジです。

目地の部分を塗り残さないように中塗りをする写真

 透湿性の高い塗料を塗ることによって施工後の膨れや剥がれを予防します。
 目地の部分を塗り残さないように気をつけて作業を進めていきます。

5 上塗り ブロック塀の塗装の最後の工程です
ブロック塀に上塗りを重ねてる写真

 中塗りが乾燥した後、上塗りを重ねていきます。中塗りと上塗りを行うことによって、塗膜を強固なものにします。完成が近付いてきました。

仕上げの塗りを2回行っている写真

 仕上げの塗りを2回行わないと、ローラーの塗り跡が残ったりすることがあり、見た目も悪くなります。もちろん、耐久性にも影響が出ますので、しっかり作業します。

6 ブロック塀の塗装、竣工 スタッフによる点検、その後にお客様と一緒に確認を行ってお引渡しとなります
塀の写真

 塀を単体で見るとこんな感じです。白い柵にブルーの塀のコントラストが引き立ちます。さて、お住まい全体で見た場合はどうなのでしょうか。

美しく塗り替えが完了した家の外観

 引きで見てみるとこんな感じです。ブルーの塀と外壁がベースカラー、グレーの屋根がアソートカラー、ホワイトのサッシや雨戸、門扉がアクセントカラー、全体がまとまった仕上がりなりました。

お得なWEB限定料金プランはこちら

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ページの先頭へ戻る


街の外壁塗装やさん全国版

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-349

FAX:0438-38-3310

Copy right c 2012-2020 街の外壁塗装やさん All Rights Reserved.