施工事例

吹田にある集合住宅の瓦屋根をカラーベストに葺き替え耐震性UP

2018年関西北部を襲った、地震と台風の影響を受け

瓦屋根が崩れるなどの被害に見舞われた2階建ての集合住宅です。

 

比較的被害も軽く、瓦屋根の復旧工事でもさほど問題はなさそうでしたが

また地震や台風が来た時のことを考えてカラーベストへの葺き替えをご決断されました。

 

完全な葺き替えとなると費用や工期はかかってしまいますが、

瓦からカラーベストに葺き替える事で

屋根の重さは約3分の1程度まで軽量化できるので耐震性・耐風性は向上します。

ビフォーアフター

before

arow
arow
after

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 その他 


今回ご紹介するのは吹田市にある2階建ての集合住宅で行った

瓦屋根からカラーベストへ葺き替える屋根工事の施工事例です。

 

昨年の地震や台風後から瓦屋根からカラーベストへ葺き替える方は増えており

瓦やさんも足場屋さんもなかなか手が足りない状態が続いていますね・・・

 

今回の現場も人手が足りず通常よりも少し工期が長くなってしまいました。

足場架設後さっそく作業に入ります

集合住宅 足場架設

足場を架設後早速作業を行います!

 

昨年の地震や台風後から足場屋さんの数が足りずに、

なかなか工事が着工出来ないという現場も多いですが、

それは弊社に限ったことではないでしょう。

 

その為、屋根工事で足場を架設せずに工事を行っている現場も見かけます。

ただ弊社では職人達の安全を考え必ず足場を架設してからの工事を行っています。

作業用のスライダーを固定します

屋根工事 スライダー固定

屋根工事 スライダー固定

瓦を撤去する前にまずは屋根で作業するためのスライダーを設置します。

しっかりと固定したことを確認します。安全第一ですね。

瓦の撤去と下地の様子

瓦撤去

既存の瓦を撤去していきます。

こちらも人手が足らず通常2~3人で作業したい所1人で作業中です・・・

 

瓦の1枚の重さは大体2~3キロ程度です。あまり重くないように感じますが

それを持ち上げておろしてを繰り返しているとかなりの重労働です。

 

その日にコンパネを貼り防水シートが貼れる範囲まで撤去します。

そうすることにより、もし工事中に雨が降ってきたりしても

下地に雨水が侵入したり染み込んだりしてしまうことを防げるからです。

瓦をめくった箇所を掃除して下地の状態を見てみます。

 

築年数の割にはきれいな状態でしっかりしている様です。

他の部分はまだ分かりませんが今のところ雨漏りなどは確認できません。

コンパネとルーフィング貼り

瓦を撤去した部分から既存の下地の上にコンパネを貼っていきます。

電動工具を使用して釘で固定していきます。

コンパネを貼ったら次に防水シート「ルーフィング」を貼ります。

今回使用したのは「改質アスファルトルーフィング」というもので

一番多く使用されているアスファルトルーフィングの改良版で

通常のアスファルトルーフィングよりも耐久性が高く高性能です。

 

ルーフィングはコンパネにタッカーと呼ばれる建築用ホチキスの様な

道具を使用してバチンバチンとコンパネに貼って固定していきます。


ルーフィングの種類やそれぞれの特徴については下記ブログもご覧ください!

ルーフィングの種類とそれぞれの特徴

カラーベスト貼り

ルーフィングを貼り終えたらいよいよカラーベストを貼っていきます。

まずは事前にカラーベストを全体に配置しておきます。

こうすることで作業効率があがりスムーズに作業を進めることが出来ます。

基本的には下から順に貼っていきます。

カラーベスト1枚に対して4本釘を打ち込み固定していきます。

この釘が少ないと浮きや捲れの原因となりますので必ず4本で固定が基本です。

(一部差し替えなどの補修時は釘が打ちない箇所もある為固定方法が異なる場合もあります)

板金にはガルバリウム鋼板を使用

屋根の樋が付かない部分の端部をケラバと呼び板金を取り付けます。

ケラバ板金にはガルバリウム鋼板を使用しました。

ガルバリウム鋼板は屋根材に使用されることも珍しくないですが、

軽量で鉄とアルミが含まれているため錆に強く耐久性も高いのが魅力です

棟板金は多めの釘で固定

棟板金は台風などの強風時に飛ばされる被害が多かったため

今回は少し多めの釘を打ち固定させていただきました。

 

ですが屋根の板金を固定している釘は経年劣化とともに

浮いて飛び出してくることが良くあり、その場合釘穴から雨水が侵入し

内部を錆させたり腐食させたりしてしまうこともある為、

釘を多く打てば打つほど良いという訳ではありませんので注意が必要です。

 

定期的にメンテナンスを行い、釘が浮いていないかなども点検しましょう!

屋根の一部は塗装で仕上げました。

屋根の一部は瓦屋根ではなく瓦棒屋根になっていました。

瓦という文字は付いていますが、トタン屋根ですね。

トタン屋根の部分は塗装でキレイに仕上げさせていただきました。

~ 完 成 ~

こうして無事に葺き替え工事が終了しました。

 

見た目もかなりスッキリし雨漏りの心配もなくなりました。

瓦からカラーベストに葺き替えたことで屋根の重さは以前の

3分の1程度にまで軽量化されていますので、建物への負担も軽減されます。

 

人員不足で2週間ほど工期がかかってしまいましたが無事に終了して一安心です。

今回の工事担当者は・・・

今回の工事は原元が責任を持ち担当させていただきました。

 

 

どんな些細なこともお気軽にご相談ください♪

弊社では【点検、調査無料・お見積り無料】

契約しなくても現場調査費等は一切いただいておりません!

どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。♪

◆ フリーダイヤル ◆

0120-920-841 

~メールでのお問い合わせはコチラ~

人気のブログ一覧

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る