ホーム

街の外壁塗装やさんとは

施工の流れ

施工事例

料金プラン

対応エリア

お問い合わせ

お客様の声 お客様の声

施工事例 施工事例

現場ブログ 現場ブログ

知って得する
塗装工事の豆知識
知って得する塗装工事の豆知識

塗装工事の知識

なぜ塗装工事が必要なのか

塗装工事のポイント

お住まいが教えてくれる
塗り替えのサイン

外壁塗装の全工程

お住まいの各部位の名前

外壁塗装に最適な季節は
いつ?

塗装で暑さ対策・虫対策
夏を快適に過ごす

外壁塗装の寿命を示す
「チョーキング」サイン

外壁クラックの原因と
メンテナンス方法

塗装の仕上がりをより美しく
長持ちさせるケレン作業

外壁塗装でできること
できないこと

屋根塗装と外壁塗装は別物
屋根塗装トラブル事例

外壁塗装で気を付けたい
ポイント

破風板・鼻隠し・ケラバの
解説と補修方法

軒天の重要な役割と
塗装・補修の方法

天窓・屋根
メンテナンスのご紹介

外壁の腐食を防ぐ
笠木の役割とメンテナンス方法

外壁塗装時に検討したい
雨樋の塗装・交換・補修

屋根塗装時に設置したい
雪止めの役割と効果・種類

雨樋の破損を防ぐ
落ち葉除けネット

スレート屋根の塗り替え
正しい塗装で寿命を延ばす

屋根塗装が原因の雨漏り
タスペーサーで防げます

狭小地や住宅密集地の
外壁塗装もお任せください!

トタン外壁や屋根の
メンテナンス

瓦屋根のメンテナンスと
塗装時の注意点

セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法

鉄部への塗装で錆を抑え
お住まいを長く綺麗に

棟板金補修と屋根塗装で
雨漏りや飛散を防ぐ

ベランダ・バルコニー屋根
の種類やお役立ち情報

ベランダなどに最適!
FRP防水の特徴と施工方法

屋根裏換気に欠かせない
換気棟の役割と仕組み

塩害を受けやすい住宅と
錆防止の塗装メンテナンス

塗料は【半製品】
塗料の乾燥時間について

コーキングとシーリング
の違い

軽量で高断熱のALCへの
外壁塗装

外壁と屋根の面積の求め方

外壁断面図

外壁塗装で気を付けたい
外壁材と塗料の相性

インフォメーション

・会社概要

・スタッフ紹介

・プライバシーポリシー

・サイトマップ

施工事例

高槻市で5階建てビルの塔屋外壁パーフェクトトップ塗装工事を施工しました。

昨年に弊社で施工させていただいたお客様なので今回もご連絡いただき施工させていただくことが出来ました。築30年以上の5階建てビルの屋上の塔屋部分の外壁を塗装してほしいとのことで一度現場調査をさせていただくとクラックや塗膜の浮きがとにかく多く下地補修にかなり時間がかかるのが一目でもわかる状態でした。

ビフォーアフター

before
屋上 塔屋②

arow
arow
after
パーフェクトトップ塗装工事 完工

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え 部分塗装 

使用材料
日本ペイントパーフェクトトップ

築年数
30年


施工期間
1ヶ月

保証年数
7年

建坪
塗装㎡数 500㎡程度

施工前の現場調査

屋上 塔屋②

高槻市で昨年弊社で施工させていただいたお客様からご連絡いただき、5階建てビルの屋上塔屋の外壁を塗装してほしいとのことで現場調査に訪問させていただきました。築30年で前回の塗装工事は15年前ということもありかなり下地の状態が悪く雨漏りもしている状態でした。

レッカー車 配置

屋上 塔屋

まず塔屋の説明になりますが、塔屋とはビルやマンションなどの屋上に突き出ている部分の総称になります。エレベーターの機械室や倉庫など使用用途は様々ですが屋上にあるということもあり常に雨風に晒されていますのでその分劣化スピードも速くなります。さらにあまり確認するということもないでしょうからそのまま放置されてしまっているケースも多く気づいた時には雨漏りしているというケースも少なくありません。

塗膜剥離

現場調査 クラック写真

上記の写真の左部分は、塗膜が浮いてしまっていますね。原因としては、クラックの隙間から雨水が侵入してしまい塗膜と下地の密着性が弱まってしまい浮いてしまうという状況になってしまいます。

右側の写真もクラックの大きさがかなり大きいのでコーキング補修は難しいのでセメント系での下地補修になりますので金額も上がってしまいますね。

樋 現場調査 錆

樋 現場調査 錆②

樋の現状の状態になります。こちらの樋は鉄製の樋になり今ではあまり見ないタイプになりますね。しかし鉄製になりますので雨に晒されると写真のように錆びついてしまいます。更に雨が降った際にその錆汚れが雨とともに流れ落ちてしまい屋上部分をかなり汚していましたのでこの樋を塩ビタイプの樋に交換することになりました。

外壁 爆裂

外壁 開口部補修

こちらの写真もかなり状態が悪いのが一目でわかりますね。左の写真はモルタルが欠損している状態です。この部分の上はバルコニーになっていたのでどこかの隙間から雨水が侵入してしまい欠損したのかと思われます。

右の写真はなにかの配線などが切られている状態でそのまま穴が放置されていますね。なにかの器具が取り付けられていてその器具を撤去した際にできた穴かと思われますが補修していないので当然雨などが入る状態です。

工事着工

足場資材 レッカー運搬

状態があまりにも悪かったのですぐに工事着工ということになりました。まず外壁塗装工事に欠かせないのが足場工事になります。今回の現場は5階建てのビルということもあり足場の資材を運搬するのが困難な為レッカー車による運搬作業になりました。

屋上 足場資材置き場

足場資材置き場

屋上はかなり大きいので足場の資材置き場には困りません。資材を全て運んでから足場の仮設作業に入っていきます。すべての資材をレッカーで荷揚げするのに大体2時間ほどで完了しました。

足場工事完了

足場工事が完了しました。今回の足場の㎡数は600㎡程ということもあり仮設作業に2日ほどかかりました。あとはメッシュシートを取り付ければ完成になりますね。

塗膜剥離

クラック左官補修

足場が完成したので次の日から下地の補修工事を先行的に行っていきます。通常の工程であれば足場仮設の次の日は高圧洗浄になりますが、今回の現場の場合は下地があまりにも悪い状態なので先に下地補修を行っていきます。

まず浮いていた部分に関しては、古い塗膜を削り落としていき、そのあとに新しくモルタルで下地を形成していきます。モルタルとは砂と水とセメントを混ぜ合わせて作る材料になっており、今回の現場もモルタル外壁になりますので同じ材料で下地を補修していきます。

外壁 開口部補修

外壁欠損部補修

放置されていた穴もモルタルで埋めさせていただきました。あとは塗装で塗膜を形成すれば雨漏りの心配はなくなりますね。

高圧洗浄

下地の補修工事が完了したので次は高圧洗浄に入っていきます。今回は塔屋部分の屋上防水は施工しない予定ですがこういう機会でもないと屋上部分に上がることもありませんのでついでに高圧洗浄を行いました。常に雨などに晒されているのでかなり汚れていましたね。

土間養生

サッシ養生

高圧洗浄後は塗装工程に入っていきます。まずは塗装しない箇所や汚れてはいけない箇所を養生していきます。屋上の床やサッシなどとにかく汚れてはいけないところを全て養生します。養生作業を怠ってしまうと塗装作業後の掃除が多くなってしまい掃除作業が手間になってしまいますので手を抜けないですね。

外壁塗装 下塗り なみがた仕上げ

養生が完了すれば壁を塗装していきます。まずは下塗りです。今回はなみがた模様仕上げという塗装仕上げになっていますので厚みのあるローラーで塗装していきます。このなみがた模様仕上げは下手な職人さんがこの工法で塗装してしまうとかえって影が出来てしまったりなどで仕上がりにかなりムラが出てきてしまいます。なので職人さんの腕の見せ所になりますね。

付帯ペンキ工事

ダクト 施工前

屋上手摺

外壁塗装工事の内訳としては、壁以外の部分は『付帯工事』という部類に分類されます。今回の現場でいうと、屋上の手すりや排気ダクトなどは付帯工事に分類され、場所によって塗り方、工法などを変えていきます。今回は鉄部が多いので鉄部の工程を紹介していきます。

 

施工前の写真はダクトや手すりなどが錆びてしまっているのが一目瞭然ですね。

手動工具ケレン作業

まずは『ケレン』という作業から行っていきます。錆びている部分をカワスキやペーパーなどで錆を除去していきます。この作業を中途半端にしてしまうと後に塗装するペンキの密着性が悪くなり数年で剥がれてしまうということもありますので丁寧に作業する必要があります。

鉄部 錆止め塗布

ケレン作業である程度錆を落としてから塗装作業に入っていきます。まず下塗りとして錆止めを塗布します。錆止めを塗布することにより上塗りのペンキの密着性を上げ、鉄部が錆るのを抑制する働きがあります。塗装工程においてはどのような箇所も下塗りが大事になってきますのでしっかりと塗布していきましょう。

鉄部 上塗り 完成

ダクト 塗装後

錆止めを塗布後は、鉄部用の溶剤のペンキで上塗りを行えば完成になります。施工前ではあんなにも錆汚れが目立っていた鉄部箇所も塗装してしまえば綺麗な状態になりとても気持ちが良いですね。

足場シート取り外し

塗装工程が終わりましたのであとは塗り残しがないかどうかの点検作業を行っていきます。足場のシートを全て取り外してからもう一度塗装の仕上がりを確認していきます。ここまでくれば完成はもう間近です。

完工

外壁パーフェクトトップ塗装 完了

足場も解体作業が完了したのでこれで工事は完工になります。

外壁の下地がとにかく悪かったのですがそれを感じさせないくらい綺麗に仕上がっていますね。

樋交換

鉄製の錆びついていた樋も交換させていただきました。重かった鉄製から軽量タイプの塩ビ製の樋に交換させていただいたので錆汚れなどの心配も解消されました。

塗装工事完工

今回の工事の内容を整理させていただきます。

①外壁塗装

日本ペイントパーフェクトトップ塗装

色:ND-110

②足場工事

レッカー車使用

③付帯ペンキ工事

④樋撤去、交換

 という風な工程になっています。

この工事に関して気になる点、ご質問等ございましたら弊社までご連絡いただければお答えさせていただきますのでお気軽にご連絡ください。

人気のブログ一覧

2020年10月11日  鎌ケ谷市東鎌ケ谷|パーフェクトトップで塗り分けシミュレーション

     鎌ケ谷市東鎌ケ谷のお客様より、カラーシミュレーションのご依頼をいただきましたのでご紹介します。今回使用する塗料はパーフェクトトップとのことで、パーフェクトトップの色番号でシミュレーションを行わせていただきました。元々はツートンカラーだったお宅ですが、今回塗り分けの仕方は出窓部分の外壁で色を分けることをご希望でした。 屋根:クールローマオレンジ外壁:ND-503出窓部外壁:07-30L ...続きを読む

鎌ケ谷市東鎌ケ谷|パーフェクトトップで塗り分けシミュレーション

2020年10月8日  鎌ケ谷市東鎌ケ谷|サーモアイの色で屋根のカラーシミュレーション

     鎌ケ谷市東鎌ケ谷のお客様より、屋根と外壁塗装の工事をご検討中とのお問い合わせをいただきました。後日、カラーシミュレーションのご依頼もいただき、いくつかのパターンを作成させていただきましたので、ご紹介してまいります。 サーモアイのオレンジ系 屋根:クールローマオレンジ外壁:ND-503付帯部:N-90 ...続きを読む

鎌ケ谷市東鎌ケ谷|サーモアイの色で屋根のカラーシミュレーション

2020年10月5日  西東京市泉町|コロニアルグラッサの色で屋根のカラーシミュレーション

     昨年の台風の影響でスレートの一部が破損してしまったいうお問い合わせをいただき、現地調査に伺いました。実際に屋根の状態を拝見したところ、苔などが発生しており劣化していました。今回、KMEWのコロニアルグラッサの色番号でカラーシミュレーションを行わせていただきました。 アイスシルバー ...続きを読む

人気の施工事例一覧

ページの先頭に
戻る

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
後悔しない!
塗装・カラーリングの
選び方
後悔しない!塗装・カラーリングの選び方
お住まい以外もお任せください!
外壁塗装はどこに依頼したらいい?
塗装工事をお考えの方が
知っておきたいこと
塗装工事をお考えの方が知っておきたいこと

3階建ての外壁塗装は高い?
知るべき3つの真実

外壁の塗り替えと張り替え、
カバー工法どれがお得?

外壁材の種類の確実な見分け方

2回目以降の外壁塗装の注意点

塗装箇所で違う?
塗料の特徴と耐用年数

塗装のキーポイント
下塗りの役割と種類

金属塗装の下塗り塗料
プライマーをご紹介

外壁塗装を長持ちさせたい!
耐用年数20年超の無機塗料

外壁塗装や屋根塗装に
メーカーの施工保証がない理由

不動産オーナー様必見!
塗装工事で節税できます

外壁塗装で仮設した足場
さまざまな工事に有効活用

外壁塗装業者の
こんな営業トークには要注意!

危険?住まいの外壁を悪くする
間違いだらけのDIY

塗装が難しい外壁や屋根が
あるってご存じですか?

窯業系サイディングの
ひび、割れの予防と補修

塗料は艶有り・艶なし
どちらを選ぶのが正解?

メンテナンスフリー?
外壁タイルお手入れ方法

和風住宅外壁塗装のポイント

ジョリパットを
外壁塗装で綺麗に保つコツ

ローラー・吹き付け
塗装はどれが正解?

外壁塗装の規定塗布量と
1缶で塗れる面積

事前の台風対策で
破損や雨漏りを防ぐ

雨養生による応急処置で
被害を最小限に



街の外壁塗装やさん全国版

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-349

FAX:0438-38-3310

Copy right c 2012-2020 街の外壁塗装やさん All Rights Reserved.