施工事例

鴻巣で瓦屋根の補修工事を行いました.棟瓦の落下に伴う交換工事です。

鴻巣市で強風が吹いた後、瓦屋根の棟瓦が落下した為、補修をしてほしいとご依頼がありました。

ビフォーアフター

before
補修前瓦

arow
arow
after
交換後新規瓦

工事基本情報

施工内容
その他 

使用材料
三州瓦


早速お伺いし屋根に上がり点検してみると棟瓦を止めているビスが経年劣化の為か下地木材との間にゆるみが生じていました。そのせいで台風の強風によって瓦が剥がれ落ちたようです。

大至急補修工事を行わないと、瓦の落下による事故や雨漏れによる不具合が発生したら大変です。

しかし、瓦の調達等で、すぐは、補修不可能なため、まず、応急処置を行いました。

 

補修前の状態です

棟瓦の不具合、剥がれ

瓦の剥がれ

棟瓦が外れています。瓦を止めているビスが下地木材の腐食によってゆるんだ為台風時に外れてしまい落下。この外れている瓦も落下しそうです。

 

応急処置です

応急補修、雨漏れ防止

養生シートで応急処置しました

応急処置、落下防止

棟瓦の重なり部分にコーキング処置をすることで落下を防ぎます。

棟瓦が無い状態ではすぐに雨漏れが起きるため、急ぎ対策をとります。応急処置としてよく見るのは、ブルーシートですが、ここではブルーシートよりも養生シートを使いました。養生シートは大雨や強風でも大丈夫です。

 

棟瓦の撤去・補修状況です

棟瓦撤去

棟瓦の撤去後です。

棟瓦取り付け工事

新規の棟瓦を取り付けるための下地処置です。雨による腐食を防ぐ為漆喰で固めます。

棟瓦の補修です。既存の瓦と同じものがあれば、その2枚だけ足せばよかったのですが、古い瓦は生産中止品(セキスイU)で同じ物は調達不可能でしたので、仕様に合った瓦を用意し棟瓦のみ、全体を交換する事にいたしました。

そのため、作業は、傷んだ下地材を撤去し、大棟のほかの瓦もすべて撤去しました。

 

 

棟瓦交換工事完了です

棟瓦補修後、完成

棟瓦補修後、完成

新規棟瓦の完成です。三州瓦を使っており以前のビス止めだけから、下地材を漆喰材で保護し設置したことにより地震、台風でも全く問題ない屋根が完成いたしました。

 

応急処置後に、雨がだいぶ降り心配でしたが、しっかりシートを屋根に取り付けていた為、本工事まで問題なく安心いたしました。

こちらのお宅の今回の事例は、屋根瓦の点検不足が原因で棟瓦が落下するまで傷みが分からなかったと思われます。

大きな不具合、事故になる前に、是非、定期的又は、少しでも気になったら早めに点検を行ってください!

普段、見えない屋根の上のことで、なかなかご自分で点検は難しいことだと思います。

是非、当社の無料点検をご利用ください!!

 

ここまでやります!街の外壁塗装やさんのお住まい無料点検

 

 

 

人気のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

2019年8月7日  柏市豊町で折半屋根を遮熱塗料のサーモアイSi・ベネチアブルーで塗装しました

    柏市豊町で施工している折半屋根の塗装を見ていただきたいと思います。鮮やかで美しいブルーに塗装をされた屋根をごらん頂きたいと思います。 折半屋根の塗装はサーモアイSiのクールベネチアブルーで ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る